11年目にして初のドーム公演「AAA Special Live 2016 in Dome -FANTASTIC OVER-」を開催したAAA(画像提供:avex)

AAA「11年かけてやっと立つことができた」念願の初ドーム公演<ライブレポ/セットリスト>

2016.11.16 22:00

男女7人組パフォーマンスグループ・AAA(トリプルエー)が16日、東京ドームにてデビュー11年目にして初のドーム公演「AAA Special Live 2016 in Dome -FANTASTIC OVER-」のファイナルを行った。

VTR後、約5万によるカラフルなペンライトで埋め尽くされた中、白い衣装をまとったAAAがメインステージから登場すると、観客は大歓声。その勢いのまま、1曲目「LEAP of Faith -Dome ver-」で華やかに盛り上げ、2曲目「愛してるのに、愛せない」では一変、会場をしっとりさせた。その後はアップテンポナンバーを続け、「LOVER」ではカラフルなバルーンが浮かぶ中、トロッコで一周した。

「Miss you」ではアカペラも披露

AAA/左から:與真司郎、伊藤千晃、宇野実彩子、末吉秀太、西島隆弘、浦田直也、日高光啓(画像提供:avex)
AAA/左から:與真司郎、伊藤千晃、宇野実彩子、末吉秀太、西島隆弘、浦田直也、日高光啓(画像提供:avex)
黒と赤のクラシックな衣装にチェンジしたAAAは「ぼくの憂鬱と不機嫌な彼女」でバラードナンバーへ突入。「Miss you」ではセンターステージで、花吹雪が舞う幻想的な雰囲気の中パフォーマンス。さらに浦田直也と西島隆弘がアカペラを披露すると、会場は温かな拍手に包まれた。その雰囲気のまま「恋音と雨空」「さよならの前に」で会場をしっとりさせ、大人なAAAで魅了した。

西島隆弘(画像提供:avex)
西島隆弘(画像提供:avex)
浦田直也(画像提供:avex)
浦田直也(画像提供:avex)
MCでは浦田が「すごい歓声ですね。ドームの歓声やばい!初体験」と興奮気味に挨拶すると、他のメンバーも「嬉しい」と笑顔に。「平日なのに、こんなにたくさんの方が来てくださったのは、みなさんのおかげです。長い期間作ってきたライブも今日で最後です。声枯らして、疲れきって帰りましょう」と浦田が叫ぶと、伊藤千晃は「何回もこの歓声を聞いていたいね」としみじみしていた。

「NEW」では会場一体に

AAA/左から:日高光啓、宇野実彩子、浦田直也、西島隆弘、末吉秀太、伊藤千晃、與真司郎(画像提供:avex)
後半戦は宇野実彩子と伊藤のMisaChiaによる「Jewel」からスタート。キュートなダンスと歌声、衣装で会場を華やかに。続いて、個性を活かした派手カジュアル衣装で登場すると「Eighth Wonder」「GAME OVER?」とアップテンポナンバーを続々披露。7人が散らばり、会場中を駆け巡った。「NEW」では、振り付けをレクチャーし、サビでは観客の笑顔が弾けた。

MisaChia(画像提供:avex)
MisaChia(画像提供:avex)
與真司郎(画像提供:avex)
與真司郎(画像提供:avex)
本編ラストでは、「涙のない世界」で会場をしっとりさせたかと思えば、アップテンポナンバー「Next Stage」「PARTY IT UP」で会場を熱狂させた。浦田が「最後はこの曲を聞いてください」と叫び「Yell」を披露。笑顔と寂しさが残る中、「今日は本当に本当にありがとうございました」とお辞儀をして、本編は終了した。

アンコールでは…「11年かけてやっとこのステージに立つことができました」

AAA(画像提供:avex)
AAA(画像提供:avex)
アンコールではメドレー後のMCにて浦田が「こんな歓声始めて」と興奮冷めやらぬ様子で話始めると「4日目のファイナルが1番でかい声。終わりたくないね」と寂しい表情に。宇野も「家に帰ったら寂しくなるね」と話すと、メンバーは共感した。

末吉秀太(画像提供:avex)
末吉秀太(画像提供:avex)
日高光啓(画像提供:avex)
日高光啓(画像提供:avex)
さらに、今話題の“PPAP”の話になると、モノマネを始め、会場を爆笑させたメンバーたち。AAAとピコ太郎は同期だそうで末吉秀太が「僕たちは何年も前から知っていた。諦めないってすごいね」とやっとブレイクしたことを賞賛。日高光啓も「僕たちも12年間やり続けて来て、今が1番お客さんが入ってくれています」と、しみじみなると会場からは温かな拍手に包まれた。その後、来年の2月にニューシングルとオリジナルアルバムをリリースすることが決定したと発表した。

伊藤千晃(画像提供:avex)
伊藤千晃(画像提供:avex)
宇野実彩子(画像提供:avex)
宇野実彩子(画像提供:avex)
最後は「Love」「虹」でAAAらしく元気な歌声としっとりとした歌声、仲良しパフォーマンスで魅了。浦田が「11年かけてやっとこのステージに立つことができました。AAAとして立ちたいステージ、立つべきステージはまだまだあると思います」とさらなる飛躍を誓い、初のドーム公演はすべて終了。4日間で計約18万人を動員した。(modelpress編集部)

セットリスト

1.LEAP of Faith -Dome ver-
2.愛してるのに、愛せない
3.SHOUT & SHAKE
4.Charge & Go!
5.LOVER
6.ぼくの憂鬱と不機嫌な彼女
7.Miss you
8.恋音と雨空
9.さよならの前に
10.Jewel(MisaChia)
11.Eighth Wonder
12.GAME OVER?
13.NEW
14.涙のない世界
15.Next Stage
16.PARTY IT UP
17.Yell

<アンコール>
1.ハリケーン・リリ、ボストン・マリ ~ Get チュー! ~ MUSIC!!!
2.Love
3.虹
【Not Sponsored 記事】

関連記事

  1. AKB48、NMB48、AAA、有吉も…“ポッキーの日”が盛り上がる
    AKB48、NMB48、AAA、有吉も…“ポッキーの日”が盛り上がる
    モデルプレス
  2. AAA、6年ぶり「Mステ」出演 放送前からトレンド入りの反響「最高すぎて泣いた」
    AAA、6年ぶり「Mステ」出演 放送前からトレンド入りの反響「最高すぎて泣いた」
    モデルプレス
  3. AAA、ファンが伝えたい魅力とは?即興対応に感嘆の声「なんだよその才能は!」
    AAA、ファンが伝えたい魅力とは?即興対応に感嘆の声「なんだよその才能は!」
    モデルプレス
  4. AAA、白で彩る「涙のない世界」 幻想的美しさで魅了
    AAA、白で彩る「涙のない世界」 幻想的美しさで魅了
    モデルプレス
  5. AAA、デビュー11周年迎え感謝 メンバーが思い語る
    AAA、デビュー11周年迎え感謝 メンバーが思い語る
    モデルプレス
  6. AAA、東京ドーム追加公演決定 ライブロゴも解禁
    AAA、東京ドーム追加公演決定 ライブロゴも解禁
    モデルプレス

「音楽」カテゴリーの最新記事

  1. ME:I「&ME」村上璃杏がOPセンター「鳥肌立った」「アツすぎる」と感涙の声殺到
    ME:I「&ME」村上璃杏がOPセンター「鳥肌立った」「アツすぎる」と感涙の声殺到
    モデルプレス
  2. 小籔&くっきー!、ラランドサーヤ、マユリカ阪本&ロコディ堂前…芸人達の本気バンドがアツい
    小籔&くっきー!、ラランドサーヤ、マユリカ阪本&ロコディ堂前…芸人達の本気バンドがアツい
    ENTAME next
  3. Number_i、テレビ初登場&「GOAT」初披露 THE RAMPAGE山本彰吾も絶賛「スキルがエグすぎ」
    Number_i、テレビ初登場&「GOAT」初披露 THE RAMPAGE山本彰吾も絶賛「スキルがエグすぎ」
    モデルプレス
  4. RIIZEが3月8日(金)テレビ朝日系「ミュージックステーション」に初出演決定!「Love 119 (Japanese Ver.)」を生パフォーマンス!
    RIIZEが3月8日(金)テレビ朝日系「ミュージックステーション」に初出演決定!「Love 119 (Japanese Ver.)」を生パフォーマンス!
    WWS channel
  5. YOASOBI・LiSA・栗山千明ら豪華集結「アニメアワード 2024」開催
    YOASOBI・LiSA・栗山千明ら豪華集結「アニメアワード 2024」開催
    モデルプレス
  6. 鈴木愛奈が登場!ブルーの華やかドレス姿でライブで初めての楽曲を披露!!<オダイバ!!超次元音楽祭 フユフェス2024>
    鈴木愛奈が登場!ブルーの華やかドレス姿でライブで初めての楽曲を披露!!<オダイバ!!超次元音楽祭 フユフェス2024>
    WWS channel
  7. Liella!が登場!ペンライトともに会場をLiella! 色に染め上げる!<オダイバ!!超次元音楽祭 フユフェス2024>
    Liella!が登場!ペンライトともに会場をLiella! 色に染め上げる!<オダイバ!!超次元音楽祭 フユフェス2024>
    WWS channel
  8. Travis Japan、Sexy Zone「RUN」でオリジナルダンス! 宮近海斗は『超高速ヒップホップ』を考案 「音を出来るかぎり取ってみました」
    Travis Japan、Sexy Zone「RUN」でオリジナルダンス! 宮近海斗は『超高速ヒップホップ』を考案 「音を出来るかぎり取ってみました」
    WWS channel
  9. ME:I、デビュー前に「TGC」でお披露目ステージ オーディション楽曲も披露で盛り上げる【TGC 2024 S/S】
    ME:I、デビュー前に「TGC」でお披露目ステージ オーディション楽曲も披露で盛り上げる【TGC 2024 S/S】
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事