アイドリング!!!、ラストライブは感動&笑いの嵐<ライブレポ&セットリスト>

【モデルプレス】10月31日にメンバー全員の卒業することが決定しているアイドリング!!!が5日、日本武道館にて、ワンマンライブ「アイドリング!!! 15th LIVE ング!!!ング!!!祭りだ!!! ~良きところで武道館グ!!!」を開催した。
笑いと涙に包まれたラストライブを開催したアイドリング!!!【モデルプレス】
笑いと涙に包まれたラストライブを開催したアイドリング!!!【モデルプレス】
初の日本武道館でのワンマンライブとなったこの日、平日にも関わらず約6500人のファンが集結した。ライブのテーマが「お祭り」ということで、冒頭では浴衣衣装の1期生、6号・外岡えりかと9号・横山ルリカが太鼓パフォーマンスを披露した後、 同じく浴衣衣装のメンバー全員が登場。12thライブ以来となるバックバンドによる生演奏による「百花繚乱アイドリング!!!」で単独ラストライブの幕を開けた。

アイドリング!!!
アイドリング!!!
アイドリング!!!
アイドリング!!!

ユニット曲満載のライブに

続けて「キミがスキ」「恋ゴコロ」「ガンバレ乙女(笑)」と初期の楽曲を歌唱。MCとメンバー全員の自己紹介を挟んだ次のブロックでは、今のアイドリング!!!にふさわしい歌詞の 「Shine On」のほか、「シャウト!!!」「S.O.W. センスオブワンダー」「無条件☆幸福」「女神のパルス」を投下し、会場はヒートアップ。「SHA KA LA KA PARTY」では会場にいる全員がタオルを振り回し、さらにトロッコでメンバーがアリーナを周遊。ますますファンを煽っていく。

またMCでは、彼女たちの番組でMCを務めたバカリズムが剣道着姿でステージに登場し、持ち歌「AVを観た本数は経験人数に入れてもいい」を披露。アイドリング!!!メンバーから番組さながらのガヤやツッコミを受けながら、升野は退場した。

19歳以下のメンバーによる「ミルキーガール」、20歳以上のメンバーによる「Wing」。そして番組内で解散コンサートを行った3期生ユニット「HIP◆(◆はハートマーク)ATTACK」が一夜限りの再結成。「黄金蟲~太陽のサマサマデイズ」を披露した後、20号・大川藍が「これにて、HIP◆ATTACKは解散!」と改めて解散宣言を行った。さらに、12号・河村唯と14号・酒井瞳の“梅酒”による「あこがれアドレイション」、NEO fromアイドリング!!!による「Sakura ホライズン」、1期生の外岡と横山による「Over Drive」、「Stay with me」とユニットブロック後半を駆け抜けていく。次にラストアルバム「SINGLE COLLECTIONグ!!!」の衣装に着替えたメンバーが再びステージに集結。ライブでの定番曲「GO EAST!!! GO WEST!!!」を、会場中を縦横無尽に駆けながらパフォーマンスした。

アイドリング!!!
アイドリング!!!
アイドリング!!!
アイドリング!!!

バカリズム登場

再びバカリズムと、フジテレビ・森本さやかアナウンサーが姿を現し、7期生の36号・朝日るな(15号・朝日奈央の実妹)、37号・橋本夏希(33号・橋本瑠果の実姉)、38号・酒井芳子(14号・酒井瞳の実母)を呼びこむ。38号・酒井はバカリズムから前日美容院に行ったことを、娘である14号・酒井瞳からはエステにも行っていたことをバラされた。

さらに、森本アナから「アイドリング!!! 卒業アルバム 2006-2015」が10月30日に発売されることが発表。客席のファンも入れて卒業アルバム用の記念写真を撮影し、7期生、バカリズム、森本アナ含めた24人で「Iのスタンダード」を歌唱。7期生、升野、森本アナは退場し、再び19人で「One up!!!」「baby blue」を歌い。「baby blue」では会場中のファンも巻き込んでの大合唱となった。

アイドリング!!!
アイドリング!!!
アイドリング!!!
アイドリング!!!

ファンへ感謝の想い

34号・佐藤麗奈が「なんと、次が最後のブロックになってしまいます!」と告げた最終ブロックも「MAMORE!!!」「サマーライオン」「やらかいはぁと」と代表曲で疾走。外岡の「みなさんは、何を想像して今このステージにいるメンバーに重ねますか?」という振りから、ラストアルバム「SINGLE COLLECTIONグ!!!」に収録された「~などあって~よきところで」を最後の曲として披露。会場を埋めたファンに対し、全員で何度も「ありがとうございました!」と感謝の言葉を述べ、ラストライブ本編は幕を閉じた。

メンバー全員が退場した後、鳴り止まないアンコール。Tシャツの上にピンク色のハッピを羽織ったメンバーが戻り、トロッコへ。「Cheering You!!!」「職業:アイドル。」を続けて歌い上げた。実はアイドリング!!!が武道館に立つのは2度目。最初に立ったのは指原莉乃プロデュース「第一回ゆび祭り~アイドル臨時総会~」であったことに触れ、「今回は応援してくださる 皆さんの力で、私たちの足だけで武道館に立てています。感謝の気持ちをたくさん込めて、歌いたいと思います」と語り、「さよなら・またね・だいすき」を披露した。

アイドリング!!!
アイドリング!!!
アイドリング!!!
アイドリング!!!

最後まで笑いに包まれたライブに

「今こうやってここで私たちを見つめてくださっているみなさんのおかげで、ここまで走ってこれて、このステージに立てました。卒業してこれから一人ずつになっても、みんなそれぞれ応援してください。本日は本当にありがとうございました!」とファンに謝辞を述べ、大団円を迎えるかと思いきや、「待ちなさい!!こんなんじゃ終わらせない」と再びバカリズムが登場。「このままいい感じで終わりたい」とのメンバーの抗議も虚しく、「フツーのアイドルだったらこれでいいかもしれません。バカリズムの目の黒いうちは笑いで終わらせる!どうですか お客さん!?」とのバカリズムの煽りに会場中のファンからはさらなる大歓声が。「ミュージックスタート」の合図とともに始まったのは、 「モテ期の歌~season2~」。それぞれが思い思いに盛り上がり歌う中、バカリズムが次々とメンバーを捕まえ、鼻を指で押さえて豚鼻にした姿をカメラに向けるという、自由すぎるパフォーマンスで笑顔に包まれた。

エンディングには升野が35号・佐藤ミケーラ倭子から順にメンバーの名前を読み上げ、1人ずつ返事とお礼の言葉を述べて整列。最後 バカリズムが「以上アイドリング!!!でした!そしてバカリズムでした!」と叫ぶと、アイドリング!!!メンバー全員で「ありがとうございました!」とお礼を伝え、幕を下ろした。(modelpress編集部)

アイドリング!!!
アイドリング!!!

セットリスト

M1.百花繚乱アイドリング!!!
M2.キミがスキ
M3.恋ゴコロ
M4.ガンバレ乙女(笑)
M5.Shine On
M6.シャウト!!!
M7.S.O.W.センスオブワンダー
M8.無条件☆幸福
M9.女神のパルス
M10.SHA KA LA KA PARTY
M11.ミルキーガール
M12.Wing
M13. 黄金虫~太陽のサマサマデイズ
M14.あこがれアドレイション
M15.Sakuraホライズン
M16.Over Drive
M17.Stay with me
M18.GO EAST!!! GO WEST!!!
M19.Iのスタンダード24人ver
M20.One Up!!!
M21.baby blue
M22.MAMORE!!!
M23.サマーライオン
M24.やらかいはぁと
M25.~などあって~良きところで

EN1.Cheering You!!!
EN2.「職業:アイドル。」
EN3.さよなら・またね・だいすき
EN4.モテ期のうた~season2~



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - アイドリング!!!、ラストライブは感動&笑いの嵐<ライブレポ&セットリスト>
今読んだ記事

アイドリング!!!、ラストライブは感動&笑いの嵐<ライブレポ&…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事