NMB48梅田彩佳、総選挙順位発表 唯一の“昭和生まれ”がランクイン<第7回AKB48選抜総選挙>

6日、福岡ヤフオク!ドームで「AKB48 41st シングル選抜総選挙 ~順位予想不可能、大荒れの一夜~」の開票イベントが行われ、NMB48梅田彩佳の順位が発表された。
第56位の梅田彩佳(C)AKS【モデルプレス】
第56位の梅田彩佳(C)AKS【モデルプレス】
第49~64位で「フューチャーガールズ」入りを果たしたメンバー/前列左端:梅田彩佳(C)AKS
第49~64位で「フューチャーガールズ」入りを果たしたメンバー/前列左端:梅田彩佳(C)AKS
第56位で得票数は17019票。今回の総選挙に立候補している中で、唯一の昭和生まれの梅田。「昭和生まれ一人ということで、本当にランクインしたかったので、本当に嬉しいです」と喜びを爆発。過去に選抜入りした実績を持つ梅田は「年々順位は落ちていますが、ファンの方からもらう愛は変わりません」と感謝した。

また「卒業はまだ決めていませんが、いつかは卒業するかと思います。卒業しても推したいと思ってもらえるくらいがんばりたいです」と宣言。福岡が地元の梅田は、司会の徳光和夫に「友達は来てる?」と聞かれると「友達少ないので来てない」と苦笑しながらも「たくさんの方に支えられて、ここまで来られました。まだまだがんばらせてください」とコメントした。

ライブの様子(C)AKS
ライブの様子(C)AKS
ライブの様子(C)AKS
ライブの様子(C)AKS

過去の選抜総選挙結果

第7回速報順位:圏外
第6回順位:35位/第5回順位:19位/第4回順位:16位/第3回順位:22位/第2回順位:32位/第1回順位:圏外

第7回AKB48選抜総選挙

AKB48の選抜総選挙は今年で7回目。第1回(2009年)と第3回(2011年)は前田敦子、第2回(2010年)と第4回(2012年)は大島優子、第5回は指原莉乃(2013年)、第6回(2014年)は渡辺麻友がそれぞれセンターを獲得。

被選挙権については昨年に続き今回も立候補制を導入し、2015年3月20日時点でAKB48・SKE48・NMB48・HKT48に在籍しているメンバー、海外に専任移籍している元AKB48メンバーのいずれかを満たしている者が対象。

今回、全グループ総勢272人が順位を競い合い、41stシングル選抜メンバー16名(1位~16位)のほか、アンダーガールズ16名(17位~32位)、ネクストガールズ16名(33位~48位)、フューチャーガールズ16名(49位~64位)、アップカミングガールズ16名(65位~80位)の計80人が選抜される。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - NMB48梅田彩佳、総選挙順位発表 唯一の“昭和生まれ”がランクイン<第7回AKB48選抜総選挙>
今読んだ記事

NMB48梅田彩佳、総選挙順位発表 唯一の“昭和生まれ”がランクイ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事