空気階段 くうきかいだん

「空気階段」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「空気階段」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「空気階段」に関連するモデルプレス記事

空気階段のプロフィール

空気階段(くうきかいだん)は、吉本興業東京本社に所属する日本のお笑いコンビ。NSC東京校17期生。2012年結成。キングオブコント2019・2020年ファイナリスト。

◆メンバー
鈴木 もぐら
(すずき もぐら、1987年5月13日- )(33歳) ボケあるいはツッコミ担当、立ち位置は向かって左。

千葉県旭市出身。大阪芸術大学中退(学費が払えず除籍)
身長165cm、体重96kg、血液型A型。肥満体型と口ひげが特徴。
借金苦(2020年現在で700万円)でギャンブル中毒で遅刻魔、ヘビースモーカー。
趣味:将棋、卓球、漫画を読むこと、公園でのんびり過ごすこと、麻雀、音楽鑑賞、居酒屋巡り。
特技:将棋(アマチュア二段)、麻雀(アマチュア4段)、縄跳び、卓球。
大学時代のサークルは落語研究会に所属し、当時から芸人になりたかったという。落研の先輩にはミルクボーイ、ななまがりがいた。
父もバラエティ好きで、その影響で『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』『ダウンタウンのごっつええ感じ』(共にフジテレビ)をよく観ていてお笑い好きになるきっかけになった。
色々な人にお金を借りているため、借りた人の名前をメモしている。
携帯電話を契約できないため電話する際は公衆電話からする。
相方・水川とネタ合わせをする際に必ず遅刻する。電車に乗って行くにも終点駅まで行ってしまう。
父親が2人いる。

高校野球の神奈川県予選大会のスコアを報告する新聞社のバイト中、保土ヶ谷球場のバックネット裏の席に座っていてオレンジ色のポロシャツを着用していた姿が中継に映り、ネット掲示板で実況された。さらに試合中・仕事中にもかかわらずアイスクリームを食べたり居眠りしているところも中継で映されてしまい視聴者からクレームが寄せられた。
2017年9月8日放送の「空気階段の踊り場」で、放送時間にデート中の相手へ愛の告白をした。9月15日放送の同番組内で告白が成功したことを報告。同年11月より彼女と高円寺で同棲を始め、2018年6月には同年9月に結婚することを発表。同時に相手が妊娠7ヶ月であることも発表した。2020年12月に相手が第2児を妊娠したことを発表。

水川 かたまり
(みずかわ かたまり、1990年7月22日)(30歳) ツッコミあるいはボケ担当、立ち位置は向かって右。

岡山県岡山市出身。岡山県立岡山城東高等学校卒業、慶應義塾大学法学部政治学科中退。
身長173cm、体重51kg、血液型AB型。
2019年頃よりメガネを着用している。
趣味:読書、散歩、フットサル、絵本を読む、totoサッカーくじ。
特技:ヨーロッパサッカーの知識が豊富、人の血液型を当てる、テトリス。

芸名の「かたまり」は、母親に芸名を相談した際「あなたはよく固まっているから『かたまり』がいいんじゃない」と言われたことから由来する。
ヘビースモーカー。銘柄はピーススーパーライト。一方で、お酒には弱い。
好きな食べ物はえんがわ。また、好きな野菜はなす。苦手な食べ物は海老。
中学生の頃に好きだった女優は広末涼子。
お笑い好きになるきっかけの1つになったのは『ポンキッキーズ』(フジテレビ)の中のコーナー『爆チュー問題』。高校生の時、このことを同級生に話したところ爆笑問題のラジオ番組を勧められ、そこから色々な芸人のラジオ番組を聴くようになっていった。
大学に馴染めず2ヶ月で中退。以降1年半引きこもりをしていた。
実家では自分のことを「ワッシー」と呼んでいる。父も自分を「ワッシー」と呼んでいる。
大学生時代、家庭教師をしていた生徒の母親に恋をしていた。
2019年11月28日、東京草月ホールで開催された自身のラジオイベントである「空気階段の大踊り場」にて交際中だった彼女に向け手紙を読み、公開プロポーズをした。2020年1月14日入籍したことを公表する。しかし、2020年12月19日の『空気階段の踊り場』にて、わずか11か月で離婚した事を発表した。
2020年1月31日からハイアールジャパンセールスのTwitter、Instagram、特設サイトにて配信されたSNSドラマ「#目撃家電」に出演する。
2020年6月26日発売のQuick Japan Vol.150に、初の書き下ろしの「アサミ〜愛の夢〜」という官能小説が掲載された。
有吉の壁「ブレイク芸人選手権」から生まれた2.7次元アイドルKOUGU維新のメンバーである。キャラクター名は巻尺。

◆略歴
共にNSC東京校17期生(2011年入学)。コンビ結成以前、水川はデデ、鈴木はマージナルマンというコンビを組んでいた。

2012年、コンビ結成。鈴木は水川のことを「暗そうな奴」という印象を持ちながらも、コントが好きそうだったからということで誘う。水川は当初断ろうとしたが、鈴木が「借金だらけ、大阪芸術大学を半年で除籍」という状況が自分の父親と全く同じであったため気が合いそうだと思いとりあえずその誘いに乗る。

コンビ名は互いの好きな言葉を組み合わせたもの。水川が「空気」、鈴木が「階段」である[要出典]。デビュー当時、構成作家の山田ナビスコから、鈴木の髭を剃ることや漫才への転向を勧められたが、髭も剃らずコントも貫くことで、のちに認められる。3年目の2014年は、仕事が全くなく劇場出番が最低月に1回の2分程度で鈴木は一番辛い年だったという。

キングオブコント2015にて準決勝初進出。よしもと芸人の中では一番芸歴が浅い4年目にして準決勝進出を果たした。

2017年4月7日より初のレギュラー番組『空気階段の踊り場』(TBSラジオ)がスタート。2018年12月7日放送の『有吉のお饅頭が貰える演芸会』(テレビ朝日)出演あたりからテレビの出演機会が増加(本人たちの談)。

2019年3月にヨシモト∞ホールファーストクラスTOP5に入る。

同年7月20日放送の『ゴッドタン』(テレビ東京)の「この若手知ってんのか!?2019」の「とにかくヤバい芸人部門」で1位に選ばれ[8]、キングオブコント2019で決勝進出しブレイクの年となる。

2020年、キングオブコントに2年連続の決勝進出。最終決戦まで残り、3位となった。

◆芸風
主にコント。漫才だと照れてしまうからだという。

鈴木が実年齢より上の中年役を演じることが多い。ネタはどちらかが主導して作る場合もあるが、基本的にはふたりで話し合って作っている。自分たちでなくてもできるようなコントはやらず、ハッピーエンドを心がけ、バッドエンドや不潔なものは作らない。鈴木がボケで水川がツッコミと固定されている訳ではなく役割が逆な場合や双方がボケのネタもある。

◆賞レースにおける成績
キングオブコント
年度 結果 会場 日時
2012年 1回戦敗退 新宿シアターモリエール 2012/08/01
2013年 2回戦進出 新宿明治安田生命ホール 2013/08/18
2014年 2回戦進出 原宿クエストホール 2014/08/30
2015年 準決勝進出 赤坂BLITZ 2015/08/27
2016年 2回戦敗退 きゅりあん小ホール 2016/08/10
2017年 準々決勝進出 きゅりあん小ホール 2017/08/15
2018年 準決勝進出 赤坂BLITZ 2018/09/06・07
2019年 決勝進出(9位) TBSテレビ 2019/09/21
2020年 決勝進出(3位) TBSテレビ 2020/09/26
マイナビ Laughter Night 2016年度グランドチャンピオン
マイナビ Laughter Night 2017年度グランドチャンピオン(2連覇)

◆出演

テレビ
有吉のお饅頭が貰える演芸会(テレビ朝日、2018年12月7日)
ゴッドタン(テレビ東京、2019年7月20日、8月24日、31日、2020年5月23日、7月11日、18日、11月14日)

ラジオ
レギュラー番組
空気階段の踊り場(TBSラジオ) - 2017年4月7日-2020年3月27日 『マイナビ Laugher Night』の後半30分に放送。
2020年4月4日-『マイナビ Laugher Night』より独立し、毎週土曜日27:30-28:00に放送中。

出演した番組
マイナビ Laughter Night(TBSラジオ)- 2015年10月3日、2016年9月10日、10月15日、2017年2月4日、10月20日、2018年10月26日、2020年11月6日(2016年9月・2017年2月月間チャンピオン、第2回・第3回チャンピオンLIVE優勝)
空気階段のRADIO ESCALATOR(TBSラジオ) - 2016年12月11日 - 『マイナビ Laughter Night』優勝特典として放送された冠特別番組
空気階段の踊り場大回転(TBSラジオ) - 2017年12月11日 - 『マイナビ Laughter Night』優勝特典として放送された、二度目の冠特別番組。

映画
甘いお酒でうがい(2020年) - 鈴木もぐら のみ
ザ・エレクトリカルパレーズ - 鈴木もぐら のみ

CM
ソーシャルテック CHAP UP(2020年)

MV
DA PUMP 「Fantasista〜ファンタジスタ〜(おじキャワ芸人Ver.)」(2020年9月30日)

舞台
ニュートンズ「高円寺のあの人、また音信不通だってよ」(高円寺フェス2016公演)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
空気階段を「ウィキペディア」で参照する