白田久子 しらたひさこ

「白田久子」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「白田久子」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「白田久子」に関連するモデルプレス記事


白田久子のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

白田久子のプロフィール

白田久子(しらたひさこ)
愛称 しらたまちゃん
生年月日 1982年8月17日
出身地 日本・高知県高知市
血液型 A型RH+
公称サイズ(2006年時点)
身長/体重 170 cm/49 kg
BMI/17(低体重)
スリーサイズ 82 - 57 - 86 cm
ブラのサイズ A
靴のサイズ 24.5 cm

白田 久子(しらた ひさこ、1982年8月17日 - )は、日本の女優、モデル、タレントである。2007年度ミス・インターナショナル日本代表。所属事務所は当初フロス、途中ブレンデンを経て2006年現在アデッソ。高知県高知市出身、私立堀越高等学校卒業。

■人物
・趣味は、手紙を書く事とスポーツ観戦。特技は、料理と絵を描く事。好きな色は、桃色。
・好きな食べ物は、タピオカココナッツともんじゃ焼き。嫌いな食べ物は、豆腐と茄子。
・家族構成は、父・母・兄で実家に同居。本人は、東京都23区内に一人で、暮らしている。
・性格は、明朗快活であり、社交的な女性である。
・犬好きでも知られ、過去にアメリカン・コッカー・スパニエルを飼っていた。
・現在の芸名は、本名と同一。旧芸名は、かな表記の「しらたひさこ」。

■経歴

1998年、スカウトが切っ掛けでテレビドラマ『美少女H』(フジテレビ)にてデビュー。清純派アイドル路線で活動し、同じ事務所の広末涼子に見立てて「ポスト広末」の筆頭格と呼ばれたが、2003年に映画女優路線へ転向し、芸名は平仮名の「しらたひさこ」に変更。同年公開の初主演映画『完全なる飼育 秘密の地下室』では初めてヌードに挑戦した。

その後は香港映画などで順調にキャリアを重ね、2006年10月15日には翌年のミス・インターナショナル日本代表に3,423人の中から選出、インターネット投票によるミス・Webジェニック[1]も同時受賞となった。受賞直後に一部マスコミから『完全なる飼育』のヌード出演歴を報じられ、コンテスト主催者がヌードの件を知らないまま選出したことも明らかになった[2]。当時は受賞剥奪なども心配されたが、ヌードといえども正当な映画のノンフィクション作品の為、無事に活動を再開。2006年11月24日には桂由美ブライダルショーに出演してモデルデビューを果たし、翌年の2007年度ミス・インターナショナル世界大会ではTOP15入り入賞とフォトジェニック受賞もしている。

その後も活躍の場を広げ現在に至る。2009年5月オックスフォードにて1ヶ月の語学留学[3][4]。

■受賞

・2007年度 ミス・インターナショナル 日本グランプリ
・2007年度 ミス・インターナショナル日本 ミス・Webジェニック ※ダブル受賞 
・2007年度 ミス・インターナショナル世界大会 TOP15入り ミス・フォトジェニック受賞

■出演
テレビドラマ

・美少女H(1998年、フジテレビ)
・美少女H2(1999年、フジテレビ)
・ザ・ドクター(1999年、TBS)
・悪いオンナ「シャッフル」(2000年、TBS)
・空のかけら(2000年、日本テレビ)
・一絃の琴(2000年、NHK)
・ツーハンマン(2002年、テレビ朝日)
・ビギナー(2003年、フジテレビ)
・恋する日曜日第3シリーズ #6「失恋の傷の癒し方」(2007年、BS-i)

■テレビドラマ以外

・産隆大學應援團(2005年、フジテレビ)
・捻れた絆
・2007年度NHKテレビ中国語会話(2007年、NHK教育)
・クイズ!紳助くん(2008年3月17日、2009年4月13日、朝日放送)

■映画

・完全なる飼育 秘密の地下室(2003年)
・楳図かずおの恐怖劇場 蟲たちの家(2005年)
・富江 REVENGE(2005年)
・双子(2005年、香港映画)
・終極忍者(2005年、香港映画)
・爆裂都市(2005年、香港映画)

■CM

・わかもと製薬 アバンビーズ
・東洋水産 マルちゃんカップ麺
・朝日新聞
・マクドナルド
・東京ディズニーランド
・カルピス 桃とカルピス
・三越百貨店 京都呉服
・SONY プレイステーション
・中部電力
・三貴 カメリアダイアモンド ジュエリー マキ(2007年)
・積水ハウス(高知県限定)
・ニッカウヰスキー スーパーニッカ
・やる気スイッチの スクールIE 女性初!総理大臣誕生!(2011年)

■スチール

・富士写真フイルム

■雑誌

・Oggi
・CLASSY.
・MORE
・AneCan
・VERY

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
白田久子を「ウィキペディア」で参照する