リン・チーリン りんちーりん

「リン・チーリン」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「リン・チーリン」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「リン・チーリン」に関連するモデルプレス記事

リン・チーリンのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

リン・チーリンのプロフィール

林 志玲(リン・チーリン、1974年11月29日)は、台湾のモデル兼女優。日本ではエイベックス・マネジメントと所属契約。“台湾一有名なモデル”と言われ、その動向や言動は常に台湾メディアの注目の的とされてきた。

台湾において2003年頃から“第一美女”(ナンバーワン美女)として人気が急上昇し、以来、数多の広告媒体への露出や、各種司会、テレビコマーシャル、映画、さらには親善大使の活動などを継続し、いつしか“台湾第一名模”(台湾のナンバーワンモデル)の呼び名を持つに至る。

やがてアジア全域を舞台としての活動が活発化。途切れることなく舞い込む映画の仕事をはじめ、各種広告媒体やミュージカル、日本のテレビドラマへの露出などを通しての国際的な活動の展開を見せてきた。

台湾台北市に出生。カナダへ留学しトロント大学で西洋美術史と経済学の学士号を取得、さらに日本への短期留学経験も持った。モデル業の始動は1997年頃のことで、しばらく兼業で活動したのち、本格的な転身を行い2002年に専業デビュー。そしてエステサロンのテレビコマーシャル出演(2004年)を機に大ブレイクを迎えるに至る。以後台湾メディアを連日賑わす人気モデルとなった。

■日本関連
2005年の4月に日本の大手芸能プロダクション・オスカープロモーションと契約。先立つ2004年から2006年度まで3年連続で「ビジット・ジャパン・キャンペーン」の“台湾親善大使”の役を担っていた。

2009年に初の日本向け写真集『林志玲ビジュアル ファンブック』を学習研究社から発売、日本ではエイベックス・マネジメントと所属契約。さらに日本の住宅商品「casa cube(カーサ・キューブ)」のテレビコマーシャルに出演。同年11月からの放映となったもので、日本における初のテレビコマーシャル出演であった。

続けて2010年のテレビドラマ『月の恋人~Moon Lovers~』で木村拓哉の相手役を演じ、これを皮切りにテレビコマーシャルや雑誌など様々な媒体への露出を通して日本でも広く知られるようになった。

2010年にはエイチ・アイ・エスによる新発足の旅行ブランド「QUALITA(クオリタ)」のイメージキャラクターへ。翌2011年にはコーセーコスメポートのヘアケアブランド「サロンスタイル」からのミューズ起用があった。さらに女性向けファッション雑誌『Grazia』の専属モデル(表紙モデル)に起用されたほか、2012年から明治「アミノコラーゲン」や同「ホロホローネショコラ」のテレビコマーシャルに出演するなどしている。

■中国関連
2006年・中国・上海
ジョン・ウー監督作品『レッドクリフ』のヒロインにあたる小喬役を演じることが決定し、2007年3月から中国河北省で撮影開始。100億円近くの巨額を掛けて製作されたこの映画は、台湾や中国などで翌2008年7月からの公開となった。

2009年には中台合作映画『トレジャー・オブ・エンペラー 砂漠の秘宝』でジェイ・チョウと共演。以後、スン・ホンレイやリー・リーチュンらとの共演による『決戦刹馬鎮』(2010年)、チェン・クンとの共演による『ラブ・オン・クレジット』(2011年)、アンディ・ラウとの共演による『ゴールデン・スパイ』(2012年)、と、各種中国映画や香港映画への出演を重ねていった。

日本のテレビドラマ『101回目のプロポーズ』(1991年)が『101回目のプロポーズ ~SAY YES~』として中国で映画化されるに至った2012年には、これへの主演が決定、かつての原作版にて浅野温子の演じたヒロイン役を担うこととなった。さらに40歳を目前にしての中国の下着メーカー「都市麗人」からのイメージキャラクター起用もあり、30代最後の下着イメージキャラクター活動として話題とされるなどしている。

2013年には主演映画にあたる日中合作映画『スイートハート・チョコレート』が中国で公開。俳優の池内博之との同時主演であったこの映画が大韓民国の「光州国際映画祭」最高賞にあたる審査員大賞を獲得するなどしている。

■人気
“台湾第一名模”(台湾のナンバーワンモデル)としてのその人気はかねてより絶大なもので、2000年代を通して台湾芸能界を瞬く間に上り詰めていったその様は、当地の学者らをして“林志玲現象”と言わしめたほどのものであった。カナダと日本への留学経験や、モデル転身前の芸術学校(華岡芸術学校)における講師の経歴などから台湾モデル界きっての才媛と言われ、その知的で優雅なイメージが人気の原動力となってもきた。各種台湾メディアの調査企画で、サラリーマンの選ぶ「バレンタインを一緒に過ごしたい芸能人」ランキング女性部門1位(2006年)、「セクシー女優ベスト50」ランキングアジア部門1位(2006年)、「一緒に住みたい芸能人」ランキング1位(2009年)、「台湾トップ美女」ランキング1位(2009年)、「10大美乳女王」ランキング1位(2009年)、「美容整形でなりたい顔」ランキング1位(2010年)、同性愛者の選ぶ「欲しい卵子」ランキング1位(2010年)、「セクシー美女100選」ランキング4年連続1位(2007年・2008年・2009年・2010年)[43][44]、「美胸(美しい胸)」ランキング1位(2011年)、美容整形外科医の選ぶ「バランスのとれた美しい顔」ランキング1位(2011年)。中華人民共和国でも“台湾トップ美女”として絶大な人気を獲得。米経済誌『フォーブス』中国版が年収やメディア露出回数などから総合評価した「中国著名人ランキング」(2013年)にてファン・ビンビン(1位)、ジェイ・チョウ(2位)、アンディ・ラウ(3位)、ジャッキー・チェン(4位)、チャン・ツィイー(5位)、イーソン・チャン(6位)、ヤン・ミー(7位)、ホァン・シャオミン(8位)、ジョリン・ツァイ(9位)に次ぐ10位[48]。日本でも映画『レッドクリフ』(2008年・2009年)への出演と『月の恋人~Moon Lovers~』(2010年)への出演を経て知名度が急上昇。女性週刊誌『an・an』の企画“東洋美人”人気投票(2012年)で1位に入選するなどしている。

■私生活
報道の伝えるところによれば、台湾の男性アイドルグループ・F4のジェリー・イェンはかつての恋人にあたる。このことが公に明らかとなったのは、ともに写ったバスローブ姿の写真が流出した2005年のことであったが後に破局。2017年11月10日にはジェリー・イェンとデートしたと報道され、イェンはそれを認めたが、リン・チーリンはそれを肯定も悲鳴もしていない。

2000年に日本へ短期留学(3ヶ月間)し東京渋谷の語学学校で日本語を学習。台湾語、標準中国語、英語、広東語、および日本語を解する。NHK「英語でしゃべらナイト」出演時にNHKアナウンサーとのインタビューにて流暢な英語と簡単な日本語を披露したほか、2010年にはテレビドラマ『月の恋人~Moon Lovers~』や民放番組のインタビューでほぼ日本語での応対を披露している。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
リン・チーリンを「ウィキペディア」で参照する