キズナアイ きずなあい

「キズナアイ」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「キズナアイ」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「キズナアイ」に関連するモデルプレス記事

キズナアイのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

キズナアイのプロフィール

キズナアイ(Kizuna AI)

Activ8株式会社が制作した日本のバーチャルYouTuber、音楽アーティスト。人工知能(AI)を自称している。

■概要
3DCGによるキャラクターアニメーションをYouTubeに投稿する「バーチャルYouTuber」の草分け的存在として知られている。キズナアイ自身は「世界初のバーチャルYouTuber」と称している。2017年2月頃から韓国など日本国外で先にブームとなった後、日本国内にも人気が広まった。

YouTubeチャンネル「A.I.Channel」と「A.I.Games」を運用しており、両チャンネル合わせた登録者数は2019年1月現在のべ360万人を超え、総視聴回数は2億6000万回を超えている。最も注目されている(most-watched)バーチャルYouTuberと評されることもある。輝夜月、ミライアカリ、電脳少女シロ、バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんらと並んで「バーチャルYoutuber四天王」とされる。自分のことを表現する際に「バーチャルYouTuber」という言葉を用いており、自分からはその短縮形と目される「VTuber」とは名乗らないようにしている。

製作委員会が「Project A.I.」であることや、キャラクターデザイナー・CGモデル制作者は公開されているが、CG映像製作に関する具体的な技術や声優に関する情報は公開されていない。

投稿内容はゲーム実況など一般的なYouTuberと同様のものだけではなく、バーチャルであることを活かしたものまで多岐にわたる。音楽のアーティスト活動を行っており、DE DE MOUSE、☆Taku Takahashi、TeddyLoid、Yunomi、中田ヤスタカ、W&Wなどから曲の提供を受け、いくつかは自身が作詞している。2018年には9週連続で楽曲をリリースし、その全てでiTunes Storeのエレクトロニック・チャートで1位を獲得した。2018年12月29日、30日には東京と大阪で初の単独ライブ「Kizuna AI 1st Live “hello, world”」を開催した。

■来歴
2016年11月29日に最初の動画がYouTubeに投稿された。翌年1月にチャンネルが停止されたが、同月25日にチャンネルが復活した。2016年12月20日に初めてインサイド(英語版)のゲーム実況を行い、2017年]3月13日にゲーム実況をメインに配信する「A.I.Games」を開設。

同年12月終わりに、自身のウィキペディア掲載を呼びかける動画を投稿、動画に呼応した利用者により「キズナアイ」の項目が作成されたが、間も無く削除されている。

2018年3月に日本政府観光局の訪日促進アンバサダー(大使)に就任した。

2018年4月からBS日テレで、初の冠番組である『キズナアイのBEATスクランブル』の放送が開始されている。同年7月からタイトルを『キズナアイのばん組』へ変更、60分番組となり、10月からはタイトルをさらに『のばん組』へ変更。12月1日には5時間の特別番組『のとく番〜アイは世界を繋ぐ〜』を放送。

また、2018年4月放送開始のテレビアニメ『魔法少女サイト』で声優に初挑戦した。

2018年12月12日、「YouTube FanFest」に参加。

■日本国外での人気
「バーチャルYoutuber名鑑 2018」では、各国の視聴者が自主的に自国語の字幕を動画に追加していったことで、世界中にも存在が認知されやすくなったのではないかと分析されている。また、Twitter上でのファンとの交流や、日本国外の話題を動画でも取り入れたことなどが成功の背景にあったとされる。

2019年2月15日にアメリカ合衆国の映画『アリータ: バトル・エンジェル』のクリエイターズセッションでアカデミー助演男優賞を受賞したクリストフ・ヴァルツ、ローサ・サラザール、ロバート・ロドリゲス、ジョン・ランドーなどと共演した際は意気投合し、クリストフ・ヴァルツとモニター越しに握手した。

■受賞
第17回日本イノベーター大賞 - 日経クロストレンド賞

■出演
・テレビアニメ
魔法少女サイト(2018年、サイト管理人 捌)
INGRESS THE ANIMATION(2018年、ニュースキャスター)

・テレビ番組
サンデージャポン(2018年7月15日、TBS系列)
キズナアイのBEATスクランブル→キズナアイのばん組→のばん組(2018年4月 - 、BS日テレ)
NHKバーチャルのど自慢(2019年1月2日、NHK総合)
news zero(2019年1月11日、NNN)。

・ゲーム
ミトラスフィア -MITRASPHERE-(2017年、キズナアイ〈本人役〉)
八月のシンデレラナイン(2017年・2018年、キズナアイ〈本人役〉)
ネットクレーンゲーム とるモ(2018年)
アズールレーン(2018年)
白猫テニス(2018年、キズナアイ〈本人役〉)
逆転オセロニア(2018年、キズナアイ〈本人役〉)
ドールズオーダー(2018年、キズナアイ〈本人役〉)
クラッシュフィーバー(2018年、キズナアイ〈本人役〉)
ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル

・イベント
AI Party! ~Birthday with U~(2018年6月30日)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キズナアイを「ウィキペディア」で参照する