HISASHI ひさし

「HISASHI」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「HISASHI」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「HISASHI」に関連するモデルプレス記事

HISASHIのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

HISASHIのプロフィール

HISASHI(ヒサシ)

生年月日:1972年2月2日
血液型:O型
身長:168cm

ミュージシャン。ロックバンド・GLAYのギタリスト。本名、外村 尚(とのむら ひさし)。愛称は、トノ。既婚。

青森県弘前市生まれ、北海道函館市で育つ。函館市立日吉が丘小学校、函館市立北中学校、北海道函館稜北高等学校卒業。Radio Carolineのウエノコウジ、THE MAD CAPSULE MARKETSのMOTOKATSU、TERUと組んだバンド「rally」のギターとリーダーも務める。

2012年、期間限定企画として、ボーカルにTAKAHIRO(EXILE)、ドラムに宮上元克、ベースにTOKIEを迎えたロックバンド「ACE OF SPADES」のギターとリーダーを担当。

■経歴
・出生~小学校時代 1972年2月2日~1984年3月
幼い頃からゲームやメカが好きで、ラジカセなどを分解していた。

自宅には、外科医であった父親のオーディオルームがあった。両親からは立ち入りを禁止されていたが、こっそり入っては満喫していた。特に、部屋の中の数多のオーディオ機器は彼の興味を益々そそった。この背景により、彼にとって音楽はとても身近なものになり、今の彼の基盤ともなっていると言える

生まれは青森県弘前市、その後2歳で七戸町、4歳でむつ市に移り住む。小学校4年生の頃、父親の仕事の関係で、むつ市から北海道函館市に引っ越す。

・中学時代 1984年4月~1987年3月
ラジオでエアチェックしたロックミュージックに魅了され、音楽に没頭し、中学2年生の頃には、通販でギターを購入(初心者セットのストラトキャスターモデルと言われている)。音楽雑誌を友人に借りては読み、函館の店に置いていなかったレコードは兄に頼んで札幌まで買いにいってもらっていたことも。そもそも、バンドに興味を持ったきっかけは、1つ年上の兄やその友達に影響されている面があるようだ。父親が病死したのも、この頃のことである。

・函館稜北高校時代 1987年4月~1990年3月
積極的にメンバーを集め、「蟻」というパンクバンドを組んだが1年で解散。 高校2年生の頃に、同じ高校に通っていたGLAYのリーダーであるTAKUROと出会い、ツインギターの相棒を探している事を知る。そのツインギターに興味を持ち、GLAYに加入。卒業後は、家族と共に上京した。

実は、当時の先生から「バンドは無理だ」と言われたらしいが、本人は受け入れず続けた。ちなみに、TAKURO曰く「高校3年間でノートを1冊しか使わなかった」という。

・上京~インディーズ時代 1990年4月~1994年5月24日
アルバイトを転々としながらGLAYの活動を続ける。

1991年には、ベーシストが不在になり、短期間ながらベースを担当していたこともある。よくライブで被っていた魔女帽がトレードマークであった。

・メジャーデビュー後 1994年5月25日~
1994年 5月25日「RAIN」でメジャーデビュー。

1998年 5月18日“pure soul”TOUR '98 北海道厚生年金会館での公演中に脚を骨折するという惨事が発生。それにより以後5会場が延期になるものの、骨折部分にボルトを入れ、5月30日の大阪厚生年金会館からツアーに復帰する。この事件を、ホテルメランコリー(別冊カドカワ内)というエッセイで語っているほか、「毒ロック」の歌詞でも軽くこの事件を匂わせている。ツアー終了後、入院。

1999年 同郷の一般人女性と結婚。 12月16日メンバープロデュース・ファンクラブ限定ライブの一環として、HISASHIプロデュース「RESONANCE Vol.1」を新宿CODEで行う。このライブで、VJ TEAM"e-メール"と初共演した。(その後、GLAY ARENA TOUR 2000「HEAVY GAUGE」、GLAY DOME TOUR 2001-2002「ONE LOVE」でも共演)なお、このライブには20歳以上限定という年齢制限があった。

2001年 HISASHIが愛用している「binary」とのコラボレーショングッズ、「HISASHI VS binary WネームTシャツ」をファンクラブ限定で発売。

2004年 長年の喫煙を止め、TERUと一緒に禁煙を開始。 だが、大人の嗜好品という理由で未だに禁煙は成功していない。

2005年 8月26日DJを務めるラジオ番組の放送100回を記念して、『FM-FUJI CYBER NET CITY FULL METAL MIX 100回記念スペシャル』を富士急ハイランド園内サテライト・スタジオLAGOONで行う。 11月20日 新木場STUDIOCOASTで行われたcandystripperの10周年記念イベントの音楽・DJを担当。自らギターを弾く場面も。 12月 rally名義でBUCK-TICK20周年記念のトリビュートアルバムに参加。

2009年 1月からMUSIC ON! TVにてレギュラープログラム『RX-72 〜HISASHI (GLAY) VS 茂木淳一〜』がスタート。多趣味で有名なHISASHIを中心に、“モノ”をテーマにしたプログラムとなっている。 4月17日 デビュー15周年を記念して行われるメンバープロデュースライブの中のひとつとして、HISASHIプロデュース『GLAY THE GREAT VACATION -extra- RESONANCE Vol.2』をディファ有明で行う。また、このライブはYahoo!動画にて生配信された。7月にデザイナーの片山勇のドキュメンタリー映画『イサム・カタヤマ=アルチザナル・ライフ』が公開。映画全編のサウンドトラックをTAKUROとタッグを組み「AUDIO 2 AUDIO」名義で担当した。(AUDIO 2 AUDIOの音源はCD化されていない)

2011年 映画『EXILE PRIDE』のサウンドトラックをAUDIO 2 AUDIOとして担当。5月には、飯野賢治、元FIELD OF VIEWの浅岡雄也らと直接スタジオに入らず、音楽ファイルのやりとりだけでレコーディングするバンド『NORWAY』を結成。ギターを務める。『グロリアス』、『GET WILD』、『君に、胸キュン。』等の名曲カバーがyoutubeにて公開されている。

2012年7月1日、「EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 〜TOWER OF WISH〜」最終公演・札幌ドームにて、期間限定企画として、ボーカルにTAKAHIRO、ドラムに宮上元克、ベースにTOKIEを加えたロックバンド「ACE OF SPADES」を結成。ギター兼リーダーを担当した。

2013年9月14日、千葉県袖ケ浦海浜公園で開催される氣志團主催の野外イベント「氣志團万博2013 〜房総爆音梁山泊〜」のhideのステージに参加。

■レギュラー番組
『HISASHI'S CYBER NET CITY FULL METAL MIX』(FM-FUJI 毎週土曜日22:00〜) 2008年3月終了
『RX-72 ~HISASHI (GLAY) VS 茂木淳一~』(MUSIC ON! TV 毎週金曜日 24:30~25:00 土曜日 22:30~23:00)

■書籍
ありがとう(1997年6月、シンコーミュージック ISBN 978-4-4016-1581-0)
音楽雑誌「GiGS」で連載されていたコラムの書籍化。 書籍化にあたり、ギター・機材のコレクションやインタビュー、撮りおろし写真が加えられた。 独特のHISASHI節が満載の1冊となっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

HISASHIを「ウィキペディア」で参照する