SUPER BEAVER すーぱーびいばー

「SUPER BEAVER」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「SUPER BEAVER」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「SUPER BEAVER」に関連するモデルプレス記事

SUPER BEAVERのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

SUPER BEAVERのプロフィール

SUPER BEAVER(スーパービーバー)

2005年結成の日本の4人組ロックバンド。略称は「ビーバー」。

■メンバー
渋谷 龍太 (しぶや りゅうた)(1987年5月27日 - )ボーカル
血液型O型。新宿出身。「『渋谷』という名前なのに新宿育ち」という冗談をよく自己紹介に挟む。数曲の作詞も担当する。実家は中華料理屋である。都立目黒高校から服部栄養専門学校へ進学している。その影響もありデビュー当時は丸刈りのヘアースタイルであった。丸刈りの他の理由は「本当にイカしていると思ってた」とのことである。

腹部に大きな花柄のタトゥーを彫っている。カメラマン青木カズローより譲り受けた指輪をはめている。デビュー当時は「渋谷リュタ」と名乗っていた。2017年4月7日(4月6日深夜)から2018年3月30日(29日深夜)に渡ってニッポン放送内で、「渋谷龍太のオールナイトニッポン0」のパーソナリティを務めていた。ゲストにBLUE ENCOUNT、田邊駿一やONE OK ROCK、Takaなど、以前から交友のあったバンドマンなどを迎えている。「澁谷逆太郎」(こちらは「澁」の字を使っている)というアーティスト名でソロ活動もしている。バンドMANGA SHOCKでは元ベースを務めていた。

柳沢 亮太 (やなぎさわ りょうた)(1989年2月21日 - )ギター/コーラス
ほぼ全ての楽曲の作詞作曲を手がける。SCANDAL「会わないつもりの、元気でね」、「声」を作詞・作曲Shout it Outのメジャーデビューシングル「青春のすべて」の全曲をプロデュース。井上苑子「線香花火」、「青とオレンジ」、「なみだ」、「赤いマフラー」、「右足」、「ふたり」を作詞・作曲

上杉 研太 (うえすぎ けんた)(1988年1月26日 - )ベース/コーラス
リーダーを務める。vo.渋谷とは同級生。ラーメン好きで、「上杉ラーメン部」というバンド仲間などとラーメン店を巡るTwitterアカウントを設立している。猫が好きで、ベースストラップにも猫柄の物を使用する事がある。ライブ前に、正座をして精神統一をする事がある。

藤原 広明 (ふじわら ひろあき)(1988年6月1日 - )ドラムス/コーラス
gu.柳沢とは幼なじみ。愛称は「ひろぽん」。自身のSNSアカウント名に「藤原“◯才”広明」と年齢を入れている。

■概要
バンド名の由来は、Gt.柳沢が動物の名前をつけたいということで『ビーバー』が決まり、それに語呂が良い『スーパー』がつき、『スーパービーバー』となった。特に深い意味はない。なお、Vo.渋谷の友人の意見が通っていれば『画鋲』というバンド名になっていた。

渋谷、上杉の先輩、柳沢、藤原の後輩から成る関係性である。上杉、渋谷、柳沢は同じ高校、藤原は柳沢の幼なじみであり、その経緯からの加入である。Shibuya eggmanスタッフYUMAにより創立されたプライベートレーベル[NOiD]の第一弾バンドである。[NOiD]は発足初期はイベントであったが、時を経てレーベル化に至りそのままレーベル名になった。その際にSUPER BEVER参加と相成った。また、同じ[NOiD]レーベル内sumika黒田隼之介(gu.)は2014年の柳沢の活動休止間のサポートギターを務めた。

■略歴
2005年 結成 - 2010年 sonyからメジャーデビュー。そして解雇へ。
2005年4月、高校の先輩後輩で結成し、下北沢・渋谷を中心にライブ活動を開始。
TEENS' MUSIC FESTIVAL 2005 全国大会にてオーディエンス大賞を受賞。また、翌年の2006年大会ではグランプリ、オーディエンス賞を受賞する。

2007年
下北沢CLUB251で初のワンマンライブを行いソールドアウト。その後ライブの活動場所を関東近郊に広げる。
12月5日、インディーズレーベルより1stミニアルバム『日常』を発売。

2008年
11月5日、インディーズから2ndミニアルバム『心景』をリリース。「心景」の発売後に行った初の全国ツアーでは、ファイナル公演の渋谷O-WESTワンマンライブはチケットが完売。

2009年
6月3日、シングル「深呼吸」でメジャーデビュー。
8月26日、2ndシングル「二つの旅路」を発売。
11月4日、3rdシングル「シアワセ」を発売。魔法のiらんどとM-ON!の連動企画「ボクとキミ.com」を展開し、試聴回数が100万回を超える。
11月25日、1stフルアルバム『幸福軌道』を発売。

2010年
3月、待望の全国ツアー「幸福軌道ツアー2010」を全国7カ所にて開催。ファイナルの代官山 UNITは大盛況の中、終了した。
10月6日、3rdミニアルバム『SUPER BEAVER』をリリースする。映画「ソラニン」のプロデューサーの耳に止まり、劇中に登場するバンド「ロッチ」に未発表曲「ささやかな」を提供した。
9月~12月「SUPER BEAVER まわる、まわるツアー2010」を開催。

2011年 自主レーベル設立、そして[NOiD]加入へ。 - 現在

2011年
秋に所属していたレーベル・事務所を離れる。年間100本を越えるライブ活動を展開。
11月~12月、BLUE ENCOUNT、ircleとスプリットツアーを回る。

2012年
4月、自主レーベル『I×L×P× RECORDS』を立ち上げる。
4月6日、4thシングル「歓びの明日に」をLIVE会場限定リリース。リリースツアー初日ワンマンライブ@Shibuya O-Crestは完売。
7月11日、2ndフルアルバム『未来の始めかた』をリリース。
9月~11月「SUPER BEAVER『未来の始めかた』Release Tour 2012 ~ビーバーと、ラクダ~」を開催。
ゲストにOverTheDogs / ecosystem / MOLE HILL / RABBIT JHONSON / Re:my / MOG20 / Front Neck Lock / Aibis / ラジオボタン / Jake stone garage / The coridras / Droog / ソライアオ / カラエ / another sunnyday / 片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティー / UNCOVER SPACE / Half-Lifeら

2013年
4月3日、4thミニアルバム『世界が目を覚ますのなら』をリリース。
4月~7月「SUPER BEAVER『世界が目を覚ますのなら』Release Tour 2013~目覚める、ラクダ~」を開催。
ゲストに撃鉄 / folca / カルマセーキ / Droog
10月6日、「都会のラクダ SUPER BEAVER VS SUPER BEAVER」を開催。
12月14日、5thシングル「あなた (Another Ver.)」をLIVE会場限定リリース。

2014年
2月12日、3rdフルアルバム『361°』をリリース。
3月~5月「SUPER BEAVER『361°』Release Tour 2014~周回する、ラクダ~」を開催。
ゲストに撃鉄 / Dirty Old Men / Mop of Head / HaKU / Large House Satisfaction / QOOLAND / iTuca / PRIMAL CURVE / Vianka / カフカ / ソライアオ / ユビキタス / ラジオボタン
9月24日、6thシングル「らしさ/わたくしごと」をリリース。
11月~12月「SUPER BEAVER『らしさ / わたくしごと』Release Tour 2014~ラクダらしさ~」を開催。

2015年
4月1日、4thフルアルバム『愛する』をリリース。
4月~11月「SUPER BEAVER『愛する』Release Tour 2015 ~愛とラクダ、10周年ふりかけ~」を開催。
ゲストにLOST IN TIME / Rhythmic Toy World / THE ORAL CIGARETTES / 忘れらんねえよ / 空想委員会 / Amelie / Czecho No Republic / D.W.ニコルズ / ircle / MEANING / My Hair is Bad / Nothing's Carved In Stone / sumika / Vianka / プププランド / 撃鉄
10月~11月「都会のラクダ」 Tour 2015 ~秋味、サシ飲み~」を開催。
ゲストにSAKANAMON / POLYSICS / The BONEZ / ドラマチックアラスカ

2016年
1月27日、7thシングル「ことば」をリリース。
2月24日、8thシングル「うるさい」をリリース。
3月23日、9thシングル「青い春」をリリース。
4月10日、10周年記念〆「都会のラクダSP ~スーパーフィーバー~」を開催。初のZepp DiverCityワンマン公演を敢行。ソールドアウトさせる。
6月1日、5thフルアルバム『27』をリリース。
6月8日、アルバム「27」で初のオリコン週間TOP10入りを果たす。
6月~11月「SUPER BEAVER 『 27 』Release Tour 2016 ~27こぶ、ラクダ~」を開催。全27公演を全てソールドアウトさせる。
ゲストにGOOD ON THE REEL / My Hair is Bad / 忘れらんねえよ / 東京カランコロン / a flood of circle / Age Factory / ircle / SAKANAMON / Shout it Out / sumika / The BONEZ / TOTALFAT / ねごと
10月12日、初のライブDVD『10th Anniversary Special Set「未来の続けかた」』をリリース。

2017年
1月25日、10thシングル「美しい日/全部」をリリース。
4月5日、初の配信限定シングル「ひなた」をリリース。
4月7日、Vo.渋谷龍太がニッポン放送オールナイトニッポン0(ZERO)パーソナリティに抜擢され「渋谷龍太のオールナイトニッポン0」がスタート。
4月~5月、「シングル発売記念“岡東阪”ラクダSP」を開催。岡山CRAZYMAMA KINGDOM(4月8日)、日比谷野外大音楽堂(4月30日)、大阪城野外音楽堂(5月13日)でそれぞれワンマンライブを行った。
9月6日、5thミニアルバム『真ん中のこと』をリリース。
9月~12月「SUPER BEAVER 『真ん中のこと』Release Tour 2017 ~ラクダの、中心~」を開催。全27公演を全てソールドアウトさせる。
ゲストにSCANDAL / 10-FEET / SiM / 夜の本気ダンス / HEY-SMITH / THE BACK HORN / coldrain / BLUE ENCOUNT / ROTTENGRAFFTY / 爆弾ジョニー
10月14日、2nd配信限定シングル「虹」をリリース。
12月6日、ライブDVD『LIVE DVD 2 Tokai No Rakuda Special at 大阪城音楽堂』をリリース。

2018年
2月~3月「都会のラクダ Tour 2018 ~前人未到のラクダチェリーパイ!~」を開催。全公演即完売させる。
ゲストにMOROHA / BRADIO / dustbox
3月21日、エレファントカシマシのトリビュートアルバム『エレファントカシマシ カヴァーアルバム3 ~A Tribute to The Elephant Kashimashi~』に「四月の風」で参加。
4月30日、「SUPER BEAVER 都会のラクダSP at 日本武道館」を開催。初の日本武道館ワンマン公演となる。チケットは一般発売日に即日ソールドアウト。
6月27日、6thフルアルバム『歓声前夜』をリリース。
7月~10月「SUPER BEAVER 『歓声前夜』Release Tour 2018 ~初めての、ラクダ運転~」を開催。初の全国ワンマンツアーとなる。全14公演ソールドアウトさせる。
7月25日、ライブDVD&Blu-ray『LIVE VIDEO 3 Tokai No Rakuda Special at 日本武道館』をリリース。
10月~12月「SUPER BEAVER ″友の会″ FCツアー2018 ~ラクダ親睦会スペシャルライブ~」を開催。
11月21日、11thシングル「予感」をリリース予定。
SUPER BEAVERを「ウィキペディア」で参照する