片岡安祐美 かたおかあゆみ

「片岡安祐美」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「片岡安祐美」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「片岡安祐美」に関連するモデルプレス記事

片岡安祐美のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

片岡安祐美のプロフィール

片岡 安祐美(かたおか・あゆみ)

生年月日:1986年11月14日
出身:熊本県
血液型:B型

女性野球選手(内野手)、監督。現在、社会人野球クラブチームの茨城ゴールデンゴールズ(茨城GG)に所属する。また、タレントとしては、同球団の問い合わせ先が設けられている芸能事務所・佐藤企画にも所属している。

■来歴
レコード会社のエイベックスと個人スポンサー契約を結んでおり、練習試合では「エイベックス片岡」という登録名で出場することもある。背番号は「1」だが、「はじめて」と読む(ゴールデンゴールズ最初の選手の意)。ユニフォームのバックネームは「AYUMI」(「KATAOKA」のものもある)。

ゴールデンゴールズでは主に代打や守備固めで出場している。

2002年からは4年連続で女子野球日本代表に選出され、2003年には大会初本塁打(ランニング)を記録。
2005年もオーストラリア・ゴールドコーストで開催される女子野球世界大会の日本代表に選出された。2008年第3回ワールドカップ女子野球の日本代表に選出された。

2009年3月22日の第3回東京マラソンに出場し自身初のフルマラソンにチャレンジ。フジテレビの番組チャレンジランナーとして出場し、目標タイムの4時間30分を大幅に上回る4時間11分で完走(NET-TIME4時間8分)。雨と強風の中、終始安定したペースでガードランナーと最後まで力走した。

2010年12月12日を以って監督を勇退した萩本欽一監督の後任として、選手兼任監督に就任した。 なお、社会人チームとしては初の女性監督となる。引き受けた理由は「無理ですって言ったら、チームがなくなると思ったもん。チームなくなるって分かったら、そんなことはできないと思った」から。同日、萩本からバトンを渡された片岡は初采配を振ると「代打、私!」と、萩本も脱帽のパフォーマンスを見せた。

2012年3月、女子野球日本代表のトライアウトに参加。8月開幕の女子野球ワールドカップの日本代表候補に選出された。

2012年4月より関東の女子野球リーグであるヴィーナスリーグに加盟するクラブチーム「サムライ」に茨城ゴールデンゴールズと掛け持ちで参加している。

2014年、第39回全日本クラブ野球選手権で、茨城ゴールデンゴールズが松山フェニックス(愛媛)をタイブレークの末8-7で破り、6年ぶり3回目の優勝、自身としては初の優勝に導いた。大会史上初の女性の優勝監督となった。

2017年1月8日、自身の公式ブログで元・横浜DeNAベイスターズ投手の小林公太と交際していることを明かした。

同年8月27日、『24時間テレビ 40 告白〜勇気を出して伝えよう〜』(日本テレビ)の生放送番組内で、小林の公開プロポーズを受け、これに応じた。

■テレビ
ドラGO!(テレビ東京) - 同じ事務所の東貴博とペアで出演
めちゃ2イケてるッ! 春の3時間超SP!【赤恥トップアスリート抜き打ち学力テスト】(2015年4月4日、フジテレビ/このテストで片岡自身が優勝した)
女子アスリートがいく!鹿児島めぐり旅(2016年2月27日、BS日テレ) - 同じ熊本出身のアスリート・古閑美保と共演。
BOAT RACEライブ 〜勝利へのターン〜(BSフジ)2016年1月31日・5月8日・2017年1月15日

■ラジオ
春風亭昇太と乾貴美子のラジオビバリー昼ズ(2016年3月9日、ニッポン放送) - トークコーナー「これが流行最前線だ!昇太のなんでも番付」ゲスト

■CM
ポーラ化粧品「WHITISSIMO」(2007年)
CM初出演。

■ポスター
法人会(2006年 - )
消防団員募集ポスター(2007年)

■写真集
『TOUCH UP!』(小学館、2008年)ISBN 978-4093637190
漫画家・あだち充がプロデュース。写真のセレクトやイラストの描き下ろしなどを担当した。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
片岡安祐美を「ウィキペディア」で参照する