山崎ケイ(やまざきけい)

誕生日:
1982年6月13日
星座:
ふたご座
身長:
163cm
画像 記事 プロフィール

山崎ケイの関連リンク

山崎ケイに関する画像

山崎ケイに関する記事

  1. 結婚の相席スタート山崎ケイ、惚気全開 交際中バレなかった秘訣明かす<第33回 日本メガネベストドレッサー賞>

    モデルプレス

  2. 相席スタート山崎ケイ、落語家・立川談洲と結婚「何回断ったか」馴れ初め語る

    モデルプレス

  3. ゆきぽよ、初代バチェラー久保裕丈への思い告白「超える人を見つけられない」

    モデルプレス

  4. 新バチェラー友永真也、ゆきぽよ&藤井サチからのアプローチを断る 選んだのは?

    モデルプレス

  5. 夏菜「相当激しいです」ストレス解消法を激白 高橋メアリージュンとの共通点も<人生が楽しくなる幸せの法則>

    モデルプレス

  6. 相席スタート山崎ケイ、ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」タイトル改題にコメント

    モデルプレス

  7. 夏菜主演ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」タイトル変更を発表

    モデルプレス

  8. 和田琢磨が「スキがない男子」&佐野ひなこが「モテる女」に ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」出演者発表

    モデルプレス

  9. 夏菜・高橋メアリージュンらが“ブス”役 ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」出演者発表

    モデルプレス

  10. “ちょうどいいブス”が主人公 山崎ケイ(相席スタート)の著書をドラマ化

    モデルプレス

  11. 指原莉乃“運命の人”語る 今一番ホットな女性芸人・山崎ケイと対談実現

    モデルプレス

  12. 入澤優「ももクロ入れる」発言の意図 炎上騒動を振り返る

    モデルプレス

  13. 永尾まりや、ハワイで美ボディ披露 「異常事態」のハプニングも

    モデルプレス

  14. 尼神インター・誠子&間宮祥太朗、交流明らかに「完全にあたしにはまってる」

    モデルプレス

  15. 「SNSのアイコンから性格を見極める方法」に共感殺到 相席スタート・山崎ケイが分析「あるある過ぎる」

    モデルプレス

  16. おばたのお兄さん、交際中の山崎夕貴アナとのクリスマスの予定は?

    モデルプレス

  17. 恵比寿★マスカッツ夏目花実×相席スタート山崎ケイの掛け合いが“ギリギリ”すぎる…共演者羨むコンビネーション?

    モデルプレス

  18. 美尻&バスト全開!攻めのブラジリアン水着でSEXYランウェイ<深夜のトレンド水着ファッションショー>

    モデルプレス

山崎ケイのプロフィール

山﨑 ケイ(やまざき・けい)

生年月日:1982年6月13日
出身:千葉県
身長:163cm
血液型:B型

お笑いコンビ「相席スタート」のボケ担当、立ち居地は向かって左。東京NSC13期生出身。

キャッチフレーズ的なものは「美人ではないがブスでもない女」「ちょうどいい感じのブス」「イイ女の雰囲気出してる芸人」。

本名及び旧芸名は山﨑恵(読み同じ)。趣味・特技は、旅行、昼ドラ鑑賞、酒、食べ歩き、カードゲーム(人狼など)、空手、フットサル。恋愛相談。

早稲田大学第一文学部卒業。大学卒業後、NSCの入学料と授業料を貯めるために約1年間OLとして働く。

2014年の年始めに、酒に酔って転んで救急車で運ばれ、4針縫ったことがある。

「人の立場で物事を考えなさい」「自分がされて嬉しいことは人にしても嬉しいはず、人が嫌なことはするな」といったことを母親にしつこいほど言われ、これが自分の基本になっているということで、これを自ら「山﨑教」と言い、母親のことを「大教組」とも言っている。一方で中学生の頃に「自分の価値観を押し付けるな」とも言われ、初めて「人はみんな一緒じゃない」と気づき、「偽善者」とも言われて(ちょうどその時に太宰治の『人間失格』を読み、主人公と自分を重ね合わせたこともあり)自分の殻に閉じこもっていたこともあったが、押し付けだろうが偽善者だろうが自分がされて嬉しいことはやっていこうと改めて解釈したという。

周囲の評価として、トータルテンボス藤田憲右からは「自分で、いい感じのブスという絶妙なラインのことを言っている」、ピスタチオからは「顔は全然なのにいい女感を出しているし、いい女に見えてしまう」(伊地知)、「酒好きの近所のおばちゃん」(小沢)、元マネージャーからは「周りを傷つけることなく、魅了させている」というものがあり、相方・山添からも「相方と言うより“女性”で、もがけばもがくほどハマるような“沼”のような人」と言われている。

目標とするタレントは天海祐希。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.