BIGBANG(びっぐばん)

画像 記事 プロフィール

BIGBANGの関連リンク

BIGBANGに関する画像

BIGBANGに関する記事

  1. 若槻千夏、BIGBANGの握手と引き換えに財布盗まれるも「後悔してません」

    COCONUTS

  2. BTS・J-HOPE開催パーティーに“異次元級”豪華ゲスト集結 BIGBANG・SOL、パク・ソジュン、チャ・ウヌ、ZICOら出席したメンバーは?

    モデルプレス

  3. BIGBANG・T.O.P、前澤友作氏との2ショット写真公開

    モデルプレス

  4. 【2022年5月】読者が「最もハマっているK-POP」ランキングを発表<1~10位>

    モデルプレス

  5. BIGBANG・Wanna One・2NE1・GOT7…K-POP人気グループの“復活”相次ぐ 少女時代15周年に期待の声も

    モデルプレス

  6. G-DRAGON、人間シャネルらしい別次元のコーディネートで空港に登場

    もっと!コリア

  7. BIGBANG・G-DRAGON、トレエン斎藤司のカバー動画に反応?コメントに注目集まる

    モデルプレス

  8. 【2022年春】読者が「最もハマっているK-POP曲」ランキングを発表<1~10位>

    モデルプレス

  9. BIGBANG・T.O.P、YGに別れ「16年間に感謝」新たな姿での再会誓う

    モデルプレス

  10. BIGBANG、4年ぶり初4人体制の新曲解禁 “MVの意味”やリリース日に注目集まる<春夏秋冬(Still Life)>

    モデルプレス

  11. BIGBANG、4年ぶり新曲タイトルは「春夏秋冬(Still Life)」メンバー達の過去を表現

    モデルプレス

  12. BIGBANG・G-DRAGON、カムバックを予告 意味深なインスタ投稿に反響続々

    モデルプレス

  13. BIGBANG・BLACKPINKらに続く“原石”日本からも発掘 YG、2年ぶりグローバルオーディション開催

    モデルプレス

  14. BIGBANG・T.O.P、沈黙破り5年ぶり再始動「困難を乗り越えたことと将来の計画を語る」

    モデルプレス

  15. BIGBANG、4年ぶりカムバックへ T.O.PはYGとの専属契約終了

    モデルプレス

  16. IVEウォニョンからG-DRAGONまで…韓国で大ブーム“バラクラバ”って?斬新オシャレな着こなしに注目

    モデルプレス

  17. BIGBANG・SOL&G-DRAGON、“再会フォト”話題「涙出る」「再始動待ってる」

    モデルプレス

  18. BIGBANG・SOL、第一子誕生 グループ初の父親に

    モデルプレス

  19. 元BIGBANG・V.I、懲役3年の実刑判決

    モデルプレス

  20. BIGBANG・BLACKPINKら所属「YG ENTERTAINMENT」オーディション第2弾を開催

    モデルプレス

BIGBANGのプロフィール

BIGBANGとは、韓国の男性アイドルグループ。

出身国:韓国
活動期間:2006年10月1日~
レーベル:YGEX
事務所:YGエンターテイメント

メンバー:
G-DRAGON
SOL (韓・TAEYANG)
T.O.P
D-LITE (韓・DAESUNG)
V.I (韓・SEUNGRI)

2006年結成。デビュー前は6人で練習していたがオーディションを通じて5人が選ばれ“BIGBANG“となった。
2007年シングル曲「LIE」が7週連続、韓国チャートで1位を獲得。同年に2枚目のEP「HOT ISSUE」を発表、同EP中の「Last Farewell」はシングルカットされ大ヒットし、より大きな成功をおさめた。
2008年3枚目のEP「Stand Up」を発表、同EP中の「Haru Haru」は、シングルカットされ大ヒットを飛ばす。同年、日本語のアルバム「Number 1」を発表、日本でも正式にデビュー。
2011年アメリカ合衆国や欧米諸国での人気も上昇しはじめる。
2011年発表のミニアルバム「Mini 4」が、アメリカビルボード誌の主催する全米Top Heatseekers(これまでに一度も大きなヒットを飛ばした事のないアーティストを中心に集計される音楽チャート)にて、初登場7位を記録した。
2011年11月6日、ヨーロッパで開かれた「2011 MTV EMA(EUROPE MUSIC AWARDS)」で World Wide Act部門を受賞。
2012年2月29日、5thミニアルバム「Alive」をリリース。収録曲はイントロも含め、韓国チャートで1位から7位を占めた。
2012年6月3日、スペシャルエディション「Still Alive」のタイトル曲“MONSTER“のMVを公開。公開から12時間で再生回数が100万回以上を記録しており、これは最速の記録である。
2012年11月30日、香港にてMnetが主催する韓国最高の音楽授賞式 Mnet Asian Music Awards 2012にて、「今年の歌手賞」「ワールドワイドパフォーマー賞」「ベストグループ賞」など3部門で受賞した。
G-DRAGONはソロアーティスト賞も受賞。“Monster in me”というテーマで、G-DRAGONのソロアルバムのタイトル曲「CRAYON」とBIGBANGの「FANTASTIC BABY」を披露した。
2014年3月27日、ミュージックビデオ「FANTASTIC BABY」の再生回数が一億回に到達。マイルストーンに到達した最初の男性のグループとなった。
2014年10月4日、第17回仁川アジア競技大会閉会式に出演。V.Iは高熱のため参加できなかった。
残りの4名で、「HANDS UP」「BAD BOY」「FANTASTIC BABY」を披露。 アジア大会の全選手と6万人以上の観客を魅了した。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.