手島優 てじまゆう

「手島優」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「手島優」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「手島優」に関連するモデルプレス記事

手島優のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

手島優のプロフィール

手島優(てじま・ゆう)
別名:手嶋ゆう(旧芸名)
愛称:てじー、てじま
生年月日:1982年8月27日
出身地:栃木県足利市
血液型:A型
身長:165cm
ジャンル:グラビア、タレント
他の活動:女優
その他の記録

手島 優(てじまゆう、本名非公表、1982年8月27日 - )は、日本のグラビアアイドル、タレント、女優。栃木県足利市出身。プラチナムプロダクション所属(以前は、ツーウィン)。旧芸名:手嶋ゆう。かつては1984年生まれとしていたが、2012年に年齢詐称していたことを明かした(詳細は、後述参照)。

■来歴

栃木県足利市で2兄の末娘として生まれる。実家は「手焼せんべい八幡屋」という煎餅屋。足利市立山辺中学校卒業、群馬県の私立高校卒業。
幼い頃から芸能界に憧れて、10歳の時に劇団に入って活動する。一方で、様々なオーディションを受けていた。中学生の頃はお笑い芸人を目指して、同級生の女子とコンビを組んでいたことがあったが、相方に彼氏が出来たという理由でコンビは解散したという。高校時代には、自薦でプロダクションに入り、約3年間エキストラとして活動していた。この当時、テレビドラマ『名探偵保健室のオバさん』に体育館で立っているシーンへ出演していたことを明かしている。
その後、グラビア活動を開始(開始した時期・年齢について、その都度食い違う場合がある。『週刊アサヒ芸能』2006年9月28日号に掲載されたプロフィールでは「2004年、短大を卒業後に極上ボディを引っさげグラビアデビュー」としているが、『週刊アサヒ芸能』2011年10月20日号に掲載されたテリー伊藤との対談ではテリーからグラビア活動開始時期を問われ「19歳の頃に東京の短大へ進み、グラビア活動を開始した」という旨の発言をしている。2012年の実年齢公表時、21歳でデビューしたことを明かしている)。

2004年、ヤングジャンプ「ぷるるん選手権」読者投票1位を得て、初代グランプリを受賞。

2006年7月、台湾の台北市で行われた国際的イベントに出演した際「最も美しい理想的なバスト賞」を受賞し、現地メディアに多数取材をされ、台湾などでテレビ放映もされた。

2007年2月、「手嶋ゆう」から「手島優」に改名。沖縄県出身の知人に姓名判断をしてもらい、開運名を検討したことに基づく。

2008年3月、所属事務所をプラチナムプロダクションへ移籍することを公式ブログで発表した。6月、日テレジェニック2008に選ばれ、8月の北京オリンピックのサポーターガールを務める。12月、『ZAKZAK』(夕刊フジ、産業経済新聞社)のアイドル企画「ZAK THE QUEEN 2008」 でグランプリを受賞。

2009年、R-1ぐらんぷり予選出場(1回戦突破)。

2010年6月、北條まみとMAOとユニット「爆乳ヤンキー」を結成。10月11日には、地元足利市で行われた「第30回記念足利市民スポーツフェスティバル」で一日市長を務めた。

2011年4月1日に足利市の観光大使に任命された。

2012年7月29日、同日放送のテレビ番組『サンデージャポン』にて、プロフィール上の年齢を実際より2歳下にしていたことを告白。年齢詐称であることを明かした。これについて、前所属事務所時代の21歳(デビュー時)に、(事務所スタッフから)「グラビアは10代じゃないと」と言われた事に対し「2歳ぐらいサバ読ませてください」と言った事、グラビアの仕事で自ら申し出たという事が報じられている。番組では、事務所の先輩である岩佐真悠子に以前から相談した事を明かし、「30の節目だし、言おうと思った」と語った。その後、公式プロフィールの生年は訂正された。

これにより、日テレジェニックに選ばれた年のミスマガジンのフットサル賞に受賞した野口綾子と北京オリンピック民放キャンペーンのフジテレビ代表の平井理央アナウンサー(当時)とは同学年となる。

■人物

キャッチコピーは「愛がいっぱい I カップ。」チャームポイントは唇。左胸と右あごに、特徴的なホクロがある。自称「ド変態のドエロ」。
趣味特技は、料理(栄養士免許取得)と水泳(12年)、書道(五段)、マーチングバンド(金管楽器スーザフォン)。特に水泳は、3歳からスイミングスクールで習っており、ジュニアオリンピック候補生だった。得意な種目は自由形。
テレビ東京のバラエティ番組『ゴッドタン』の企画「アイドルにおっぱいを見せてもらおう」(2008年10月22日放送回)にて執拗に胸を見せろと迫るMCらから逃れるため部屋から脱出しようと走り出したが全身鏡に映る景色を通路と見間違え、鏡に正面衝突する瞬間をカメラに撮られている。
自分が所属しているユニット『爆乳ヤンキー』の話が来た時、正直言って嫌だった、と語った。
2010年4月6日放送の『ロンドンハーツ 女芸人が選んだ この男の彼女になりたいGP』では、R-1グランプリへの出場経験があることからお笑い芸人として投票に参加。千原ジュニアに投票し、「私の中で理想的な男」とコメントした。

■出演

◆テレビ番組

・情報・バラエティ

Odds On TV! ダートチャンネル馬の子TIM (グリーンチャンネル・(1)2006年7月 - 9月)
Odds On TV! ダートチャンネル馬の子TIM (グリーンチャンネル・(2)2007年4月 - 6月)
パチンコ・パチスロ大冒険ジャンバリ〜黄金ホールに眠る秘宝〜(サンテレビ他)
音笑!MMM(2008年10月 - 2009年3月、読売テレビ) - MMMガールの一人としてレギュラー出演。
女神サーチ(2009年4月16日 - 2010年3月25日、TBS) - レギュラー
ゴールドハウス(2009年、フジテレビ)
彦摩呂のB級グルメ天国 (2009年6月 - 2012年3月、食と旅のフーディーズTV)
あいまいナ!(2010年4月 - 、TBS)- セミレギュラー
サンデージャポン(2010年4月 - TBS)- 準レギュラー
P-1ゴールドラッシュ(2011年7月6日 - 、テレビ大阪)
資格☆はばたく(2011年8月、NHK教育)- 北澤豪と共に8月マンスリーゲスト
みうらじゅんの信越ゆるキャラ運動会(2011年11月7日 - 12月5日、長野放送・NST) - 審査員
とちぎ発!旅好き!(2012年4月 - とちぎテレビ他) - レギュラー

・テレビドラマ

2ndハウス(テレビ東京ドラマ24) - 美幸 役
7万人探偵ニトベ 第2話 (2009年12月18日、テレビ朝日) - キャバ嬢蘭=麻衣子 役
うぬぼれ刑事 第5話 (2010年8月6日、TBS) - 桜井遥 役
FACE MAKER 第6話(2010年11月11日、読売テレビ) - 佳織 役
美咲ナンバーワン!!(2011年1月-3月、日本テレビ) - レイカ 役
もっと熱いぞ!猫ヶ谷!!(2011年10月-12月、名古屋テレビ放送) - 井出ゆう 役
専業主婦探偵〜私はシャドウ 第7話 (2011年12月2日、TBS) - 渡辺美咲 役
撮らないで下さい!!グラビアアイドル裏物語(テレビ東京ドラマ24) - テジマユウ役
走馬灯株式会社 第2話 (2012年7月23日、TBS) - 中田サヤカ 役
終電バイバイ 第6話 (2013年2月18日、TBS) - 大塚 役
SMOKING GUN~決定的証拠~ 第9話(2014年6月4日、フジテレビ) - 上村花梨 役

・CM

JRA 京都競馬場
ユニクロ 秋冬コレクション
NTT フレッツ光ファイバー
三菱地所 エコクリーン
アニメ グラップラー刃牙 (テレビ東京)
SONY プレイステーション SINPLE Girls
デルーサ・ザ・マックス イメージガール

・映画

アコークロー (2007年6月) 亜子 役
ダーク・ラブ ~Rape~ (2008年3月) 主演:内田楓 役
お姉チャンバラ THE MOVIE vorteX(2009年) 主演:彩 役

・ラジオ番組

ゴチャ・まぜっ!日曜日(また×3ゴチャ・まぜっ!)(MBSラジオ、2010年11月14日 - )
まだまだゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜 (MBSラジオ、2009年4月11日 - 2010年4月3日)
ALL外為ナビ! (ラジオNIKKEI、2011年6月6日 - 2011年8月1日)

・インターネット番組

コイカツ 恋愛ノウハウトークライブvol.2(マシェリバラエティ マシェバラ 2011年4月8日)

・携帯サイト

アイドルがイッパイ (アイパイ)

・ゲーム

クロヒョウ 龍が如く新章(2010年9月22日発売)手島優 役 ― CG出演 共/星あや、中村アン
オリジナルビデオ
スーパーマスクヒロイン ミネルバ YUUKI BITOH(2008年1月25日、ZENピクチャーズ) - 夏守美早妃 役
スーパーマスクヒロイン ミネルバ MISAKI NATSUMORI(2008年2月8日、ZENピクチャーズ) - 夏守美早妃 役
爆乳戦隊パイレンジャー(2008年12月19日、エースデュース) - 紅葉 役
小悪魔蝶々(バタフライ)〜嬢王への道〜(2009年3月25日、GPミュージアムソフト)主演(恭子/ヒカル 役)
レディースVSワルメン(2010年11月5日-クロックワークス)
むこうぶち9 高レート裏麻雀列伝 麻将(2012年、オールインエンタテインメント)
むこうぶち10 高レート裏麻雀列伝 裏ドラ(2012年、オールインエンタテインメント)

・舞台

山田ジャパン番外公演 東京ミーコ#1「いい嘘、悪い嘘」(2012年8月29日-9月2日、ウッディーシアター)

◆リリース作品

・写真集

Angel Fruits (2004年11月、彩文館出版、撮影:野川イサム)ISBN 978-4775600542
Wild Venus (2009年1月、リイド社、撮影:土井一秀)ISBN 9784845835560
Thank Yuu!(2010年8月27日、ワニブックス、撮影:藤本和典)ISBN 978-4847043000
tejima(2012年11月26日、講談社、撮影:井ノ元浩二)ISBN 978-4063649031
イメージDVD
IMPULSE(2004年7月23日、イーネットフロンティア)
YOU& I(2004年12月17日、竹書房)
pure peach(2005年4月10日、イーネットフロンティア)
EIGHT(2005年7月22日、レイフル)
Deep Kiss 乙女…(2006年6月23日、ぶんか社)
With you(2007年6月30日、ペイ・パー・ビュー・ジャパン)
I がいっぱい(2007年3月23日、フォーサイド・ドット・コム)
癒しの女神(2007年9月28日、フォーサイド・ドット・コム)
日テレジェニック2008 手島優 Hot Lips(2008年9月26日、VAP)
BIG LOVE (2009年8月28日、スパイスビジュアル)
優手島の〇〇な女 (2010年1月28日、アドバンスエージェンシー)
ユウ×ワク(2010年7月20日、ラインコミュニケーションズ)
ナ・イ・ショ(2010年10月22日、イーネット フロンティア)
てじーなう(2011年2月20日、ワニブックス)
いけない?日常(2011年12月15日、ラインコミュニケーションズ)
あなた好み(2011年12月15日、ラインコミュニケーションズ)

・雑誌

講談社 週刊ヤングマガジン
集英社 ヤングジャンプ、プレイボーイ
小学館 ヤングサンデー
アスキー 週刊アスキー
徳間書店アサヒ芸能

・連載

リレーコラム 姫ゴコロ(『週刊実話』。3人の女性タレントがローテーションで担当。2010年12月2日号より)
栃木県足利市フリーマガジン『COMPANY?』

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
手島優を「ウィキペディア」で参照する