アン・ハサウェイ(あんはさうぇい)

誕生日:1982年11月12日

「アン・ハサウェイ」に関連するモデルプレス記事

  1. アン・ハサウェイ、第2子妊娠を発表 ふっくらお腹を披露

    モデルプレス

  2. セクハラ反対運動「Time’s Up」今年は白黒リボンをアクセサリーに

    モデルプレス

  3. 『オーシャンズ8』アン・ハサウェイ、出産直後でスタイルに自信喪失中、リアーナの言葉で救われる

    海外ドラマNAVI

  4. 『オーシャンズ8』超豪華キャストがNYに君臨!サンドラ・ブロック、アン・ハサウェイの登場にファン大熱狂

    海外ドラマNAVI

  5. “ファッションと宗教の融合”に衝撃 全身GUCCIのキリストや“法王風”、天使も登場<MET GALA2018>

    モデルプレス

  6. <MET GALA2018>アリアナ・グランデ、キム・カーダシアンら華やかSEXYドレスで魅了 サプライズプロポーズも?

    モデルプレス

  7. 海外セレブの過去写真が可愛すぎて眼福 ナタリー・ポートマン、エマ・ワトソン、クロエ・グレース・モレッツらの幼少期に反響

    モデルプレス

  8. Barbie、実写映画化へ 主人公のバービー役は…?

    モデルプレス

  9. アン・ハサウェイ、体型の変化に悩む人々へのメッセージに反響「美しい女性からの偉大なアドバイス」

    モデルプレス

  10. 新米ママのアン・ハサウェイ、「8週間ほとんど寝ていない!」

    海外ドラマNAVI

  11. アン・ハサウェイ、第1子男児を出産

    モデルプレス

  12. ミランダ、テイラーもSEXYドレス セレーナ、ガガら豪華セレブ登場のアカデミー賞アフターパーティー

    モデルプレス

  13. ディズニー「アリス・イン・ワンダーランド」続編、映像初解禁

    モデルプレス

  14. コンサバってやっぱり可愛い♡アン・ハサウェイに学ぶレディコーデ

    モデルプレス

  15. ディズニー「アリス・イン・ワンダーランド」続編、新情報解禁

    モデルプレス

  16. 妊娠中のアン・ハサウェイ、下着を購入?

    モデルプレス

  17. イケメンが激白 一瞬で落ちる「本当にイイ女」の条件とは

    モデルプレス PR

  18. アン・ハサウェイ、ロバート・デ・ニーロと手つなぎフォトセッション

    モデルプレス

  19. ファッション業界のアカデミー賞「メット・ガラ」に人気セレブ登場

    モデルプレス

  20. ディズニー映画「アリス・イン・ワンダーランド」続編決定

    モデルプレス

関連する雑誌

アン・ハサウェイのプロフィール

アン・ハサウェイ
本名 Anne Jacqueline Hathaway
アン・ジャクリーン・ハサウェイ
別名 Anne Whitney Hathaway
生年月日 1982年11月12日(31歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区
身長 173 cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 1996年 -
配偶者 アダム・シュルマン

■人物
ニューヨーク市ブルックリン区出身。父親のジェラルド・ハサウェイは弁護士、母親のケイト・マッコーレーは舞台女優[2]。名前の由来は劇作家ウィリアム・シェイクスピアの妻からである。マイケルという兄とトーマスという弟がいる。先祖はアイルランド人とフランス人、さらにたどるとドイツ人とアメリカ・インディアンの血を引く[3]。
カトリック教で育ったため修道女になりたかったが[2][4]15歳の時に兄がゲイ[4]だということを知り、兄の性的指向を認めない宗教には属せないと感じその道を諦める[4]。それをきっかけに彼女を含めた家族全員がカトリック教会から離脱した。
ニュージャージー州の高校時代にはオールイースタン高校選抜合唱団の一員として、カーネギー・ホールの舞台に立ったこともある。高校卒業後、ニューヨークの俳優養成学校に入学し、『恋の手ほどき』などの舞台に出演。また、ヴァッサー大学で英文学を学んでいたが、2005年からはニューヨーク大学に編入[5]

■キャリア
1999年にテレビシリーズ『ゲット・リアル』の主人公に抜擢され、ティーン・チョイス・アワードやヤング・アーティスト・アワードの女優賞(ドラマ部門)にノミネートされる。
2001年公開の『プリティ・プリンセス』で映画デビュー。全米で1億ドルを超えるヒットとなり、ブレイクする。王女役の役作りのために、スウェーデンのヴィクトリア王女関連の本を読み漁ったという。2002年2月にミュージカル『Carnival!』でブロードウェイデビューを果たす。2004年には『プリティ・プリンセス』の続編が公開され、9500万ドルのヒットとなる。これにより人気女優となったが、プリンセスのイメージが定着し、理想の役が得られずに低迷する。
2005年公開の『ブロークバック・マウンテン』でアイドル女優的なイメージを払拭。2006年公開の『プラダを着た悪魔』ではメリル・ストリープ扮する鬼編集長のアシスタントを演じ、1億ドルを超えるヒットとなった。2007年公開の『ジェイン・オースティン 秘められた恋』ではイギリスの作家ジェーン・オースティンを演じた。
2008年公開の『レイチェルの結婚』で元薬物中毒者を演じ、放送映画批評家協会賞主演女優賞などを受賞し、アカデミー主演女優賞にノミネートされた。
2010年公開の『ラブ & ドラッグ』でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされた。第83回アカデミー賞の司会をジェームズ・フランコと共に務める。
2012年、『ダークナイト ライジング』にセクシーかつグラマーな女怪盗・セリーナ・カイル役で出演。ボディラインが一目で分かる体にピッタリ密着した衣装(ボディスーツ)を身にまといながらも華麗にアクションをこなす必要があるため、肉体改造を徹底的に行った。クリストファー・ノーラン監督から映画『インセプション』でジョゼフ・ゴードン=レヴィットが2ヵ月間トレーニングを積み、戦いのシーンなどをすべて自分で演じきったエピソードを告げられ、その足で「彼のオフィスを出た後、すぐにジムに向かいました」とコメントしている[6]。また、2012年12月公開の『レ・ミゼラブル』にてファンティーヌ(英語版)を演じ、吹き替えなしのミュージカルに挑戦し、第85回アカデミー賞助演女優賞を受賞した[7]。また、同作にてこれまで2度、ノミネートしていたゴールデングローブ賞助演女優賞を3度目にして受賞した。

■私生活
2004年からイタリア人実業家のラファエロ・フォリエリと4年間交際していたが、2008年6月18日に破局が発表された[8]。その後、ラファエロ・フォリエリは詐欺行為などで逮捕された[9]。
2011年11月に3年間交際していた俳優のアダム・シュルマンとの婚約を発表し[10]、2012年9月29日に挙式を行った[11]。
ヴェジタリアンである。複数のチャリティー団体を支援している。

■主な作品
主な作品
『プリティ・プリンセス』シリーズ
『ブロークバック・マウンテン』
『プラダを着た悪魔』
『レイチェルの結婚』
『アリス・イン・ワンダーランド』
『ダークナイト ライジング』
『レ・ミゼラブル』

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

アン・ハサウェイを「ウィキペディア」で参照する