萬田久子 まんだひさこ

「萬田久子」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「萬田久子」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「萬田久子」に関連するモデルプレス記事

萬田久子のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

萬田久子のプロフィール

萬田 久子(まんだ ひさこ、1958年4月13日 - )は、日本の女優。
大阪府大阪市出身。オフィス萬田所属。デビュー当初は、万田 久子と表記されることが多かった。
身長167cm、体重47kg、B83、W59、H87(1981年)[1]。

【来歴】
大阪府立港高等学校、帝塚山短期大学卒業。
短大在学中の1978年(昭和53年)にミス・ユニバース日本代表に選出された。
同年7月、メキシコのアカプルコで行われたミス・ユニバース世界大会に出場したが、同大会では無冠であった。

翌年上京し、タレント活動を開始した。当初は本名ではなく「道頓堀 心子(心斎橋の"心")」という芸名を付けようと事務所の先輩に言われていたが、芸名が決まる前の1980年(昭和55年)、テレビドラマ 『なっちゃんの写真館』(NHK)への出演が決まり、本名のままで女優としてデビューした[2][3]。

1987年(昭和62年)に交際が発覚した当時妻子のあった佐々木力(後にリンク・セオリー・ジャパンの社長兼CEO、ファーストリテイリンググループ上席執行役員を歴任[4])との間に1児をもうけ、同年10月にニューヨークで男児を出産。
佐々木の離婚成立以後も事実婚を貫いたが、2011年8月9日、佐々木がスキルス性胃がんにより60歳で死去[5]。
葬儀の喪主を務める為、4月から金曜レギュラーを務める『笑っていいとも!』(8月12日放送分)を欠席。9月をもって番組を卒業した。
佐々木の生前、東京・自由が丘の住居を新居を立て替えしようとしていたが、地中熱システムを導入するための軟弱地盤に対するボーリング工事に伴う騒音問題などにより、住民側が区に直訴をしたために、工事中断に追い込まれた。
それでも建築を強行しようとした矢先に佐々木がなくなったため、更地のままのこされた。[6]
この土地は、遺産として佐々木の子供達に分割相続された。[7]

ドン小西は萬田のファッションセンスを「同世代女性のお手本」として高く評価している[8]。
投資家としての顔も持ち、有名新興企業の大株主に名を連ねることも多々ある。
愛犬の名前は『クリ』と『モモ』。
 
【出演作品】
■テレビドラマ
・NHK
なっちゃんの写真館(1980年) - 武部京子 役
徳川家康(1983年) - おみつ 役
翔ぶが如く(1990年) - お房 役
ぴあの(1994年) - 桜井美鈴 役
宝引の辰捕者帳(1995年) - お柳 役
すずらん(1999年) - 中村幸子 役
ハート heart/hurt(2001年) - 須藤美佐子役
義経(2005年) - あかね 役
天地人(2009年、NHK) - お万 役
浪花の華~緒方洪庵事件帳~(2009年1月 - 3月) - お定 役
さよなら、アルマ(2010年) - 立原登美子 役
薄桜記(2012年、NHK BSプレミアム) - 吉良富子 役
小暮写眞館(2013年、NHK BSプレミアム) - 石川(小暮)信子 役
大岡越前(2013年、NHK BSプレミアム) - おしん 役

・日本テレビ系
愛が憎しみに変わるとき(1980年)
刑事物語’85(1985年) - 石川澄子 役
明日はアタシの風が吹く(1989年)
火曜サスペンス劇場
 「ある少女の犯罪 私は女!!」(1985年8月13日)
 「歌姫マリアの危険なツアー」(1987年)
 「長い導火線」(1992年2月)
さむらい探偵事件簿(1996年 - 1997年) - 山風堂涼花 役
心療内科医・涼子(1997年、読売テレビ) - 坂下直子 役
P.A.(1998年) - 永沢さゆり 役
松本清張スペシャル・指(2006年) - 生方恒子 役
課長島耕作 (2008年6月) - 大町愛子 役

・TBS系
淋しいのはお前だけじゃない(1982年) - 小川妙子(芳澤みなと)役
夏に恋する女たち(1983年) - 加賀律子 役
金田一耕助の傑作推理(1986年、毎日放送) - 上野里枝 役
おかみ三代女の戦い(1995年) - 久松江里子 役
パパ・サヴァイバル(1995年) - 星野菜穂子 役
嫁はミツボシ。(2001年) - 武田小夜子 役
コスメの魔法(2004年 - 2005年) - 高樹礼子 役
赤い奇跡(2006年) - 関口百合子 役
松本清張生誕100年記念スペシャルドラマ 火と汐(2009年12月21日) - 熊代冬実 役
月曜ドラマスペシャル
 「タクシードライバー咲坂都」(1996年) - 咲坂都 役
 「痛快!バツイチ・トリオ 女だけの便利屋事件簿」(1998年 - 1999年) - 早川京子 役
 「山村美紗サスペンス検視官江夏冬子」シリーズ(1997年-) - 江夏冬子 役
月曜ゴールデン
 「湯けむりバスツアー 桜庭さやかの事件簿」(2009年4月) - 桜庭さやか 役
向田邦子生誕八十年記念スペシャル「母の贈物」(2009年9月)- 浅倉伸江 役
美男ですね(2011年)- 水沢麗子 役
ステップファザー・ステップ(2012年)- 矢城久子 役

・フジテレビ系
大奥(1984年、関西テレビ) - 筒巳 役
心はロンリー気持ちは「…」(1985年) - 薫 役
あそびにおいでョ!(1988年7月 - 9月)
鬼平犯科帳 第2話「本所・櫻屋敷」(1989年) - おひさ 役  
妻たちの劇場「昔みたい」(1991年、東映)
もう涙は見せない(1993年) - 喜多嶋佳代 役
白の条件(1994年、関西テレビ) - 三上涼子 役
総務課長戦場を行く! (1994年、フジテレビ)
隠密奉行朝比奈(1998年 - 1999年) - りん役
大奥~華の乱~(2005年) - 阿久里 役
危険なアネキ(2005年) - 広瀬容子 役
金曜エンタティメント
 「鍵師」(1993年)
 「ざけんなヨ!!7・主婦が綺麗で何故悪い!」- 大森夏子 役
 「OL三人旅シリーズ」- 浅川裕子(スチュワーデス) 役
 「松本清張スペシャル・霧の旗」(1997年)- 河野径子 役
 「十津川警部夫人の旅情殺人推理」(2003年 - 2005年) - 十津川直子 役
花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~卒業式&7と1/2話スペシャル(2008年) - 中津かの子 役
新・ミナミの帝王(2010年) - 伊賀さつき 役
リッチマン、プアウーマン(2012年) - 澤木千尋 役
最後から二番目の恋 2012秋(2012年) - 向坂緑子 役

・テレビ朝日系
西部警察 第15話「さらば愛しき女」(1980年) - ホステス 役
松本清張の黒革の手帖(1982年) - 山田波子 役
必殺仕事人V 第8話「加代、モグラ男夫婦にあてつけられる」(1985年、朝日放送) - お絹 役
必殺橋掛人(1985年、朝日放送) - おくら 役
将軍家光忍び旅(1990年 - 1993年) - お蔦 役
セールスレディは何を見た(1993年) - 今井玉美 役
風の刑事・東京発!(1995年10月 - 1996年3月) - 神高直子 役
八丁堀の七人(2001年 - 2006年) - 水原弥生 役
忠臣蔵(2004年)
遠山の金さん(2007年) - おまき 役
その男、副署長(2007年 - ) - 藤原あきら署長 役
女帝 薫子(2010年) - 真紀ママ 役
第10回文芸社ドラマスペシャル 「あの海を忘れない~若年性アルツハイマー病を支えて~」(2011年) - 境睦美 役
土曜ワイド劇場
 「京都殺人案内」(1983年 - 2010年、朝日放送) - 音川洋子 役
 「江戸川乱歩の美女シリーズ」(1984年) - 北見佳子 役
 「松本清張サスペンス・黒い空」(1990年)
 「スリ三姉妹シリーズ」(1998年 - 2000年、朝日放送) - 花吹雪星江 役
 「警視庁女性捜査班」(1999年 - 2003年) - 坂本絵里子 役
 「眼科医 小室瞳の推理カルテ」(2001年 - 2002年、朝日放送) - 小室瞳 役
 「×イチ女刑事 ONNA-DEKA 白い恐怖!」(2005年6月18日) - 浅岡みなみ 役
 「ミステリー作家・六波羅一輝の推理 白骨の語り部」(2010年、朝日放送)
 「天才刑事・野呂盆六」(2013年、朝日放送) - 朝生斗馬子 役

・テレビ東京系
隠密・奥の細道(1988年10月 - 1989年3月、G・カンパニー) - お蝶 役
青春の門(1991年) - 梓旗江 役
喧嘩屋右近(1992年 - 1993年、松竹) - お弦 役
徳川剣豪伝 それからの武蔵(1996年)
松本清張特別企画・わるいやつら(2001年) - 槇村隆子 役
女と愛とミステリー「主婦探偵・河原綾子のぞき見事件簿」(2001年12月19日) - 河原綾子 役
忠臣蔵 瑤泉院の陰謀(2007年) - 正親町町子 役
お江戸吉原事件帖(2007年) - 遣り手 役
忠臣蔵~その義その愛~(2012年) - りく 役

・WOWOW
罪と罰 A Falsified Romance(2012年) - 裁好美 役

■映画
帰ってきた若大将(1981年) - うらら(秘書) 役
夏の別れ(1981年)
Mishima: A Life In Four Chapters(1985年)
めぞん一刻(1986年)
悲しきヒットマン(1989年)
略奪愛 - 白石由美 役(1991年)
フィレンツェの風に抱かれて(1991年)
集団左遷(1994年) - 原俊子 役
サラリーマン専科 単身赴任(1996年)
八つ墓村(1996年) - 田治見春代 役
パラサイト・イヴ(1997年) - 小田切悦子 役
すずらん(2000年)
老親(2000年)
風のダドゥ(2006年) - 浅野亜紀子 役
犬神家の一族(2006年) - 犬神梅子 役
旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ(2009年) - 平賀鳩子(新市長) 役
心中天使(2011年) - アイの母親 役
夜明けの街で(2011年) - 浜崎妙子 役

■吹き替え
デスパレートな妻たち - スーザン・メイヤー 役

■バラエティ
ズバリ!天気予報!(1980年10月 - 12月、テレビ朝日) - ウェザー・ギャル
小川宏のなんでもカンでも!(フジテレビ) - 前期の時に出演。
ボキャブラ天国(フジテレビ) - ボキャブラマのコーナー
和風総本家(2008年4月 - 、テレビ大阪制作・テレビ東京系) - レギュラー解答者。単発時代から出演。
テレビでイタリア語(2010年3月29日 - 9月21日、2011年9月26日 - 、NHK教育) - ナビゲーター
森田一義アワー 笑っていいとも!(2011年4月 - 2011年9月、フジテレビ)金曜日レギュラー
火曜サプライズ(日本テレビ)「SURPRISE AND THE CITY」の コーナー

■CM
資生堂 夏の化粧品デー(1980年)
ハーバー研究所
GOLF5
カナフレックスコーポレーション
東建コーポレーション
KDDI 「auの庭で。まとめる篇」

■著書
萬田流(2003年4月、幻冬舎)ISBN 978-4344003224
萬田ルールズ(2011年6月17日、朝日新聞出版)ISBN 978-4022508416

【脚注】
[1]『週刊サンケイ』 サンケイ新聞出版局 1981年1月29日号 33頁(本人のインタビューを含む記事)。
[2]2008年10月2日放送回「きよしとこの夜」(NHK)にて本人談
[3]2011年「HERS」2011年7月号『萬50+2ダッ』(光文社)
[4]萬田久子の“夫” ファーストリテイリンググループの上席執行役員も(スポニチ、2011年8月10日)
[5]萬田久子ショック 事実婚パートナー死去(スポニチ、2011年8月10日)
[6]萬田久子 亡き夫との「終の住処」建築工事が無念の中止 女性セブン2011年11月3日号
[7]萬田久子の事実婚夫の遺産 愛人の娘に法定の2.4倍相続 女性セブン2012年7月12日号
[8]2009年10月5日放送回『しゃべくり007』出演時の「ドン小西が選ぶ オシャレ芸能人ベスト5」より

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

萬田久子を「ウィキペディア」で参照する