後藤真希、第2子の“壮絶出産体験”を告白

元モーニング娘。でタレントの後藤真希が24日に第2子となる男児を出産。27日に出産時の壮絶体験を自身のブログで報告している。
第2子出産を発表した後藤真希 (C)モデルプレス
第2子出産を発表した後藤真希 (C)モデルプレス

ゴマキ、第二子のお産振り返る

後藤は「本当に本当に予想外な展開だった」という書き出しから今回の出産を振り返った。

入院時には、子宮口が4センチ開き、産婦人科医からも「もすぐ産まれるねなんて言ってもらえて、年子で産むのって早いんだーなーんて思った所からスタート」と第二子は余裕の出産と思いきや、午後には子宮口が6~7センチ開いて破水し、陣痛の間隔も2分きっていたというが、何時間たってもそれ以上子宮口が開かなくなってしまったという。

後藤は「促進剤で痛みだけレベルアップしてあまりにも痛すぎて身体もヤバくなってきて、夕方頃に無痛を打つことに!!」と綴り、産婦人科医の提案で痛みに耐えつつ無痛注射を投薬したという。

いよいよ分娩室へ…

その後無痛注射の効果で一旦落ち着くも、痛みはひどくなり、1時間程度痛みに耐えた結果、内診により分娩室に移動することに。

後藤はその時の心境を「42.195キロ走っててゴールの旗がチラついた感じ」とコメントしている。

分娩室に入ると足に力が入らず、台にあがるためも人手が必要だったという後藤は、その後4~5回の陣痛のタイミングで赤ちゃんの頭が登場。「痛みのショックであんなに身体が震えた事無かった」と壮絶体験を語っている。

お産は母子ともに命がけ

無事第二子出産を終えた後藤は「とにかくお産って本当に命懸け。もちろんうまれてくる息子も命懸けで会いにきてくれた。こんな素敵な出会いってないよね」と改めて振り返り「お世話になった先生や看護師の方達に感謝。素敵な職業だなー」と謝意を示した。

後藤は2014年7月に3歳年下の一般男性と結婚し、2015年12月に第1子となる長女を出産。2016年10月に第2子妊娠を発表していた。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 後藤真希、第2子の“壮絶出産体験”を告白
今読んだ記事

後藤真希、第2子の“壮絶出産体験”を告白

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ママ」カテゴリーの最新記事