釈由美子、第1子妊娠を発表 排卵障害乗り越え「コウノトリさんが来てくださいました」

【釈由美子/モデルプレス=1月15日】女優の釈由美子(37)が15日、第1子を妊娠したことを発表した。同日付の自身のブログにて「この度、私のお腹の中に新しい命を授かることができました」と伝え、初夏の出産を予定していることを報告。多嚢胞性卵巣症候群という排卵障害の診断を受け、長期にわたる妊活を覚悟したいたというが、子どもを授かることができ「ずっとずっと、一番叶えたい夢でしたので産婦人科で妊娠が確定した瞬間は夫婦で飛び上がって喜びました!」と明かした。
妊娠を発表した釈由美子(C)モデルプレス
妊娠を発表した釈由美子(C)モデルプレス
釈由美子(C)モデルプレス
釈由美子(C)モデルプレス
釈は昨年10月に一般男性と結婚。念願叶っての妊娠だというものの「最初の感想は結婚して、まさかこんなにすぐに授かることができるなんて信じられなくてビックリした方が先でした」と率直な思いを告白した。

長期の妊活を覚悟もまさかの妊娠

高齢出産に加え、多嚢胞性卵巣症候群のため、長い目で妊活と向き合っていく構えだったというが、医師のアドバイスのもと「ひたすらリラックスして過ごしていましたらなんと、私のもとにもコウノトリさんが来てくださいました」と歓喜。「妊活を始めてこんなに早いタイミングで授かることができるなんて本当に本当に幸運なことで、感謝してもしきれません」と喜びを噛み締めた。

亡き父への思い

釈は昨年1月に父親を亡くしており、辛い胸の内を明かしていたが、今回の妊娠は「もしかしたら、天国の父が届けてくれたご縁なのかもって」と思いを記し、父が釈の結婚・出産を望んでいたことを紹介。父親の願いであった孫を抱くことは叶わなかったが「父の遺志を継いで授かった待望の赤ちゃん」だとし、「このお腹の中の小さな命の重みを噛み締めながら予定日の初夏までココロと身体を母親になるための準備に整えたいと思います」と決意した。

昨年10月に結婚した釈は、年末にハワイで撮影したというウエディングフォトを公開。しかし、挙式披露宴は執り行っておらず、当時「本番の結婚式は、来春に国内の式場でささやかに執り行う予定」としていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 釈由美子、第1子妊娠を発表 排卵障害乗り越え「コウノトリさんが来てくださいました」
今読んだ記事

釈由美子、第1子妊娠を発表 排卵障害乗り越え「コウノトリさん…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ママ」カテゴリーの最新記事