ドマーニ

Domani

Domani

Domani(ドマーニ) 2021年 02 月号 [雑誌]

発売中

発行日:毎月1日
出版社: 小学館

「Domani」に関連するトピック

  1. 佐々木希、新境地「Domani」リニューアル号モデル抜擢

    モデルプレス

  2. 働くママの“心をざわつかせる”イケメンを選抜 賀来賢人が「新時代のイケメン像をつくりだした」

    モデルプレス

  3. 和牛・水田信二「Domani」モデルに反響「芸人離れした抜群のセンス」

    モデルプレス

  4. 【モデルプレス2018年ヒット予測/モデル部門】久間田琳加、田鍋梨々花、山下美月(乃木坂46)、藤井サチ、小泉里子…年代別に一挙紹介

    モデルプレス

  5. ファッション誌業界“異例”の電撃移籍 撮影直前にヘアカットした小泉里子「Domani」表紙モデルに抜擢<編集長コメント>

    モデルプレス

  6. 蛯原友里「Domani」卒業を報告

    モデルプレス

  7. 蛯原友里“20センチ髪カット”の決意明かす 夫・ILMARIの反応は?

    モデルプレス

  8. 蛯原友里、7年ぶりに20センチばっさりカット

    モデルプレス

  9. 蛯原友里&高垣麗子、そっくりコーデで「双子みたい」の声 「AneCan」卒業後の関係も明かす

    モデルプレス

  10. Hey! Say! JUMP中島裕翔“愛され力”の秘訣を明かす

    モデルプレス

  11. ディーン・フジオカ「アイラブユーみたいな感じで」愛妻家ぶりを明かす

    モデルプレス

  12. 長谷川潤、ハワイでの子育てを明かす「ずっと決めてました」

    モデルプレス

  13. 蛯原友里「今は息子が一番」母心のぞかせる 意外な学生時代も告白

    モデルプレス

  14. 蛯原友里、セミヌードでマタニティショット公開 「神々しい美しさ」「どんな時でも綺麗」の声続々

    モデルプレス

  15. 蛯原友里、産後とは思えぬ美くびれに「ママでその身体はスゴすぎ」と絶賛 トレーニング法も公開

    モデルプレス

  16. 蛯原友里&高垣麗子「AneCan」コンビの久々2ショットにファン歓喜「ナチュラルで素敵」

    モデルプレス

  17. 蛯原友里、愛息子と初2ショットで母の顔「尊敬される母親に」

    モデルプレス

  18. 蛯原友里、大人プリントドレスは“揺れ”パール&ビビッドピンクでアクセント<ファッションチェック>

    モデルプレス

  19. 蛯原友里、出産後初の公の場 義母への感謝を語る

    モデルプレス

  20. 蛯原友里、産後2ヶ月半で仕事復帰

    モデルプレス

「Domani」に関連するモデル

「Domani」について

1997年創刊。毎月1日発売。
タイトルはイタリア語で「明日」を表し、姉妹誌は同じくイタリア語で「今日」を表す『Oggi』と対応している。

■特色
35歳前後の女性を主なターゲットとし、小学館の女性ファッション誌の中では、姉妹誌にあたる『Oggi』、『Precious』とともに「コンサバ系」の一角をなす。対象年齢が近く、ジャンルの異なるものとして、美容誌『美的』も発売されている。
表紙モデルは知花くらら。他にも小泉里子、SHIHOなど、日本を代表する一流モデルが多数顔をそろえる。
ファストブランドからラグジュアリーブランドまで掲載商品の価格帯は幅広く、シーズンを問わず、モノトーン、無地、ベーシックテイストのアイテムが中心で、サングラス、スカーフの掲載頻度が高いのが特徴。
タイトルはイタリア語で「明日」を表し、同じくイタリア語で「今日」を表す『Oggi』と対応している。
誌面はカルチャー、インタビューなどを含めて、ほぼすべてカラー印刷である。
編集長は吉川純(2013年5月号以降)。

■バックサイズ版
井亀真紀が編集長であった2012年3月以降、内容は同一でサイズが小型化された「バッグサイズ版」が数か月に1回程度発売されている。この「バッグサイズ版」は2012年の雑誌大賞を受賞し、同年11~12月には同社が発売する『美的』『AneCan』『Oggi』にもラインナップが拡大された。
2013年5月号での編集長交代後も、継続展開されている。

■モデル
専属でなくなったモデルが連載記事などで単発的に再登場する場合も多い。

表紙モデル
過去
・知花くらら(2008年1月号 - 2015年6月号)
現在
・ 蛯原友里(2015年7月~)

その他
・SHIHO
・小泉里子
・RINA
・渡辺佳子
・松島花
・悠美
・里海
・陽月華
・内田ナナ
・長谷川理恵

※出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.