「I-LAND」練習生1人が退所「歩くこともままならない状態」

BTSが所属するBig Hit Entertainmentと『PRODUCE』シリーズを企画したCJ ENMによる、新たなサバイバルオーディション番組『I-LAND』(毎週金曜よる11時~)の第6話が、31日にABEMAにて放送。練習生・ユンウォン(YOONWON)の退所が明かされた。
YOONWON(C) CJ ENM Corporation, all rights reserved.
YOONWON(C) CJ ENM Corporation, all rights reserved.

ユンウォン、健康上の理由で退所

パート1の最終回となったこの日の放送。12人のI-LAND練習生(アイランダー)の中から、6人の降格者が決定。これにより、次のステップとなるパート2に進める6人(ヒスン、ジェイ、ジョンウォン、ケイ、ソンフン、ジェイク)が確定した。

I-LANDからの降格者となったGROUNDの練習生(グラウンダー)計16人は、最後のテストに挑戦。8月2日まで行われるグローバル視聴者の投票により、パート2に進める残りの6人が決定する。

「I-LAND」“パート2”への生存者6人確定 脱落者決定へ


ユンウォン(C) AbemaTV, Inc.
ユンウォン(C) AbemaTV, Inc.
そして番組終盤、グラウンダーだったユンウォンが1人で登場。「入所前から足と腕が少し調子が悪く、我慢して頑張ろうと努力しましたが、今はもう歩くこともままならない状態です。今回の機会は次にまた残して、退所をする決心をしました」を打ち明けた。

ユンウォンは「人生が終わるわけではないので、コンディションもしっかりして、足も治して、これからも、ずっと僕の夢であるアイドルに向けずっと努力し続けていきます」と語った。

I-LANDの公式サイトでも、ユンウォンについて「健康上の理由で退所致しました」と説明している。

I-LANDとは

 「I-LAND」23人の練習生(C) CJ ENM Corporation, all rights reserved.
「I-LAND」23人の練習生(C) CJ ENM Corporation, all rights reserved.
Big Hit Entertainmentと、JO1 、IZ*ONEら数多くの人気グループを輩出した『PRODUCE』シリーズを企画するCJ ENMの強力な2社がタッグを組み、類を見ない壮大なスケールで行われる『I-LAND』。世界中から集まった“志願者”と呼ばれる練習生23人が、デビューをかけた熾烈なバトルを繰り広げている。総括プロデューサーを務めるのは、“BTSの生みの親”パン・シヒョク氏。さらにスター歌手Rain(ピ)や、ラッパー兼プロデューサーのZICOといった、人気実力ともにトップクラスのメンバーがプロデューサーとして参加し、ディレクターもBTSの楽曲を手掛けてきた豪華制作陣が務める。(modelpress編集部)

これまでのあらすじ・反響を振り返る


日本人も参加「志願者」23人プロフィールまとめはこちら



情報:ABEMA
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 「I-LAND」練習生1人が退所「歩くこともままならない状態」
今読んだ記事

「I-LAND」練習生1人が退所「歩くこともままならない状態」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「韓国エンタメ」カテゴリーの最新記事