TWICE、ファンの夢に真剣アドバイス「涙出た」「背中押された」感動広がる

参照回数:173,402

【TWICE/モデルプレス=10月20日】韓国の人気ガールズグループ・TWICE(トゥワイス)が、19日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」(月~木・22:00~23:55/金・22:00~22:55)に生出演。リスナーの電話相談に答えるコーナーでは、夢を叶えるためのアドバイスに感動の声が広がった。
TWICE(左から)ツウィ・ジョンヨン・サナ・ジヒョ・ナヨン・チェヨン・ダヒョン・ミナ・モモ(画像提供:ワーナーミュージック・ジャパン)
TWICE(左から)ツウィ・ジョンヨン・サナ・ジヒョ・ナヨン・チェヨン・ダヒョン・ミナ・モモ(画像提供:ワーナーミュージック・ジャパン)

日本のラジオに初出演

TWICEは、この日初めて日本のラジオ番組に出演。最初は皆緊張気味だったメンバーも、MCのとーやま校長(お笑いコンビ・グランジの遠山大輔)、あしざわ教頭(お笑いトリオ・パップコーンの芦沢ムネト)とすぐに打ち解け、楽しいトークを繰り広げたり、生歌を披露したり、番組を盛り上げた。

“アーティストと看護師”2つの夢で悩む女子からの相談が

この日番組では、新曲「One More Time」にちなみ、“もう一度何かに向かって踏み出してみたい”という生徒(リスナー)の決意や悩みを、電話で聞く「“One More Time”逆電」がテーマに。 「アーティストか看護師か、2つの夢で迷っている」という高校3年生の女子生徒からの相談が寄せられた。

ジヒョが歌手になった理由とは

ジヒョ(画像提供:ワーナーミュージック・ジャパン)
ジヒョ(画像提供:ワーナーミュージック・ジャパン)
ジヒョは「凄く気持ちがわかります。看護師という職業は、なれば安定してる。未来が保証される職業だと思うけれど、一方歌手となると、1ヶ月先、2ヶ月先、1年先がどうなるかわからないという職業なので、本当に悩むだろうな、と思います」と悩みに共感。

そんな中、アーティストとして活躍するジヒョは、どのように不安に打ち勝って来たのかをとーやま校長に尋ねられると、「私の場合は、この仕事を目指していて、本当にステージに立つことが幸せで楽しいと思ったので、当然この職業になるべきだと、本当に一筋にこの仕事を目指してました」と語り、一途に歌手を目指していたことを明かした。

モモが韓国行きを決意した思いを告白

モモ(画像提供:ワーナーミュージック・ジャパン)
モモ(画像提供:ワーナーミュージック・ジャパン)
ジヒョの話を聞いてどんなことを思ったかを尋ねられ、「歌手になりたいという気持ちは、看護師になりたいという気持ちよりは強いけれど、自分に自信がなくてまだ悩んでいます」という女子生徒。

親はまだ悩んでいることを知らないそうで、「お母さんの意見を聞いてみるのも1つの案だと思います」とモモ。歌手になるために韓国に渡った日本人メンバーのモモは、「私は韓国の方に行くっていうことで、凄い悩んだんですけれど、でもやっぱり自分がやりたいことは1つしかなかったので、絶対に行くって(親に)言いました」と打ち明けた。

「精一杯走って欲しい」サナが力説

サナ(画像提供:ワーナーミュージック・ジャパン)
サナ(画像提供:ワーナーミュージック・ジャパン)
サナは「やりたいことが何個かあるときって、考えるだけ考えても、頭痛いだけなんですよ正直。だから、行動にまず移してみて、やってみて、自分が本当にやりたいことが何なのか、行動に移したときに1番わかると思うんですね。今、アーティストをやりたい心の方が大きいわけじゃないですか、で、ここで、『でも看護師に行った方がいいよ』って誰かが言っても、多分あんまり耳に入ってこないんですね。自分が行動に移して、1回やって、もっと味を噛みしめたら、アーティストやりたい気持ちが大きくもなると思うし、両方やってみて、看護師の方がもっと自分に合ってるなと思ったら、もっとそっちに集中できると思うから、私は両方やってみて欲しいです」と、両方の夢を追いかけるべきだと説得。「両方一緒にやるときってすっごいしんどいと思うんですけど、今だけだから、大変なのは。今、精いっぱい走って欲しいです」と力強く語った。

「凄いしんどい時期があった」モモが送った言葉とは

番組恒例となっている、ゲストが黒板に書く「最後の言葉」は、モモが担当。モモが綴った言葉は『自分への最高のご褒美』。「私は、TWICEになるオーディション番組があったんですけど、その時に1回落ちてしまったんですよ。その時に、もう諦めようかなとか、凄いしんどい時期があって、でも何か自分へのご褒美を考えながら、頑張ろうと思って、勇気を出して頑張って、TWICEになれたんです。その時に、私は食べることが大好きなんですけど、ダイエットをしていて、あんまり食べられなかったんです。でも、私も頑張ったらご褒美に美味しいものが食べられるって思って、ずっと頑張りました。勇気が出ない方とかに、この言葉をもって、一歩を踏み出して欲しいです」と、苦労してきた経験を交え語った。

ファンに感動広がる

大変なオーディションを通り抜け、歌手になる夢を掴んだTWICE。彼女らからの、夢を目指す人々へのメッセージに、ネット上では「涙が出ました。必死に努力してきたTWICEだからこそ言える言葉だよね」「オーディション時代思い出して泣けた…大変な思いしたモモちゃんの言葉説得力ある」「サナちゃんの言葉に心震えました…これは永久保存版です」「私も背中押された。TWICE見習って頑張ろう」「しんどい思いしてきたTWICEだから、ずっと応援したいと思う」など感動の声が寄せられた。(modelpress編集部)

TWICE旋風巻き起こす

「いい音楽で一度、素晴らしいパフォーマンスで二度魅了させる」と言う意味を持つ、アジアナンバーワンのガールズグループ『TWICE』。韓国では、デビューから1年2か月足らずで、最も権威のある賞のひとつ「第31回ゴールデンディスクアワード」大賞を受賞するなど多くの功績をあげ、201年6月28日にベストアルバム「#TWICE」日本デビューを果たした。

10月18日には、日本初のオリジナル曲となる1stシングル「One More Time」をリリース。とどまる所を知らないTWICE旋風でファンを魅了している。



情報:TOKYO FM

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - TWICE、ファンの夢に真剣アドバイス「涙出た」「背中押された」感動広がる
今読んだ記事

TWICE、ファンの夢に真剣アドバイス「涙出た」「背中押された」…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「Kエンタ」カテゴリーの最新記事