T-ARA脱退のファヨン、いじめ説に「とても腹が立った」 

いじめ説に怒りをあらわにした元T-ARAのファヨン
いじめ説に怒りをあらわにした元T-ARAのファヨン
いじめ説に怒りをあらわにした元T-ARAのファヨン
いじめ説に怒りをあらわにした元T-ARAのファヨン
ファヨン脱退前のT-ARA(左からファヨン、ヒョミン、キュリ、ボラム、ソヨン、ジヨン、ウンジョン)
ファヨン脱退前のT-ARA(左からファヨン、ヒョミン、キュリ、ボラム、ソヨン、ジヨン、ウンジョン)
人気K-POPガールズグループ・T-ARA(ティアラ)から脱退した元メンバーのファヨンが28日、Twitterに現在の心境をつづった。 SBS週末ドラマ「5本の指」でホン・ダミ役で出演する予定だったT-ARA・ウンジョンのドラマ降板を受け、すでに同グループを脱退したファヨンは「気分が良いわけではなかった」とツイート。さらに「『T-ARA』の活動をしながらメンバーと意見の差による対立があったのは事実だが、それによりいじめ説が広がり、状況が悪化したことに心が痛かった。歪曲された事実で傷つき、とても腹が立った」と、ネットユーザーを中心に加熱した“いじめ説”に対する怒りをあらわにした。

しかし「一緒に過ごしながら幸せだった日々もあったので、過去のことは忘れて今はまた笑顔でお互いを応援しながら過ごしたい」と、対立はあくまで過去のことであることを強調。「『T-ARA』をたくさん愛してくれて、大切にしてくださったのに、今回の件で皆さんにたくさんご心配をおかけして申し訳ない」と謝罪の言葉を述べた。

ファヨンは先月23日に足首を負傷し、25日・26日に東京・日本武道館で行われた全国ツアー最終公演「T-ARA JAPAN TOUR 2012 ~Jewelry box~」に松葉杖で登場。その後メンバーが「意志の差」「配慮の違い」と相次いでツイート、ファヨンがそれに応えるように「意志だけでは無理なこともある」とツイートしたため、ファヨンを標的とした“いじめ説”が浮上していた。

T-ARAは当面新メンバーのアルムを加えた7人での活動となり、準備期間を経て、もう一人の新メンバー・ダニを加えた8人での活動をスタートさせる。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - T-ARA脱退のファヨン、いじめ説に「とても腹が立った」 
今読んだ記事

T-ARA脱退のファヨン、いじめ説に「とても腹が立った」 

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「韓国エンタメ」カテゴリーの最新記事