モデルプレスのインタビューに応じた矢吹奈子、本田仁美(C)モデルプレス

AKB48本田仁美&矢吹奈子、IVEウォニョン&ユジンと再会で会話「ずっと変わらない関係」IZ*ONE以来の韓国授賞式参加で心境に変化も<「MMA」独占インタビュー>

2024.01.02 21:00

AKB48本田仁美(ほんだ・ひとみ/22)と女優の矢吹奈子(やぶき・なこ/22)が2日に韓国で行われた韓国最大級のK-POPアワード『MMA2023(メロンミュージックアワード)』に、日本公式アンバサダー&レッドカーペットのプレゼンターとして出席。モデルプレスではイベント直後の2人にインタビューを実施し、大役を務め終えた心境や、IZ*ONE(アイズワン)として出演した以来となった同イベントへの感想、気になったアーティストについても教えてもらった。<独占インタビュー>

本田仁美&矢吹奈子「MMA」大役終えた思い

矢吹奈子、本田仁美(C)モデルプレス
矢吹奈子、本田仁美(C)モデルプレス
― まずは、アンバサダー、プレゼンターお疲れ様でした!イベントを終えていかがですか?

矢吹:こうやってまた韓国語を話す機会をいただけたことが嬉しかったです。多分少し緊張感が伝わっていたと思うんですが(笑)、今までこういう役割を担ったことはあまりなかったので、まだまだ勉強することがたくさんあると感じました。

本田:IZ*ONEとして出演して以来、『MMA』に参加させていただいたんですけど、まさかステージに立つ側ではなく進行する側として出演できるなんて思ってもいなかったので、すごく光栄でしたし、いつもテレビで観ているアーティストのみなさんの近くでインタビューすることができてとても光栄でした。

― お二人だからこそテンポよくできた部分もあったように見えました。

矢吹:直前までずっと話し合っていました!やっぱり生配信で時間の押し、巻きもあったのですぐに対応できるようにお互いに助け合いながらやれました。

本田:もし自分1人だったら絶対にできなかったと思います。奈子ちゃんが隣にいてくれたから心強くて安心感がありました。お互い緊張していましたがそれも共有できました。

矢吹:一緒にいてくれてすごく良かったです。

本田仁美&矢吹奈子、注目のK-POPアーティストは?

― 授賞式では素晴らしいパフォーマンスがたくさん披露されていましたが、お二人が印象に残っているものを教えてください。

本田:いっぱいある…。

矢吹:aespaさんかな?

本田:私も!

矢吹:4人とも赤い衣装で揃えていて華やかだと思いましたし、演出もすごかったです。こうやって客席から観るのは初めてだったので、1人ひとりが放っているオーラがすごくて!みんなかっこいいし、可愛いし…。いろいろな感情で大変でした。

本田:ずっと2人で「可愛い!」と騒いでいたよね(笑)。あとはSHINeeさん。今回の事前番組で10年前のSHINeeさんの映像を観て、そのときももちろんパワフルなパフォーマンスをされていたんですが、10年経った今回も当時からさらに素晴らしいステージを披露していて、同じ楽曲でも全く違う印象を受けました。今回のステージに懸ける思いも伝わりましたし、私たちも直接観ることができてすごく光栄です。私自身、来年の1月まではアイドルなのでみなさんみたいに人の感情を動かせるようなパフォーマンスをできたらいいな、と改めて思いました。

本田仁美&矢吹奈子、IZ*ONEとしての出演から心境に変化

矢吹奈子、本田仁美(C)モデルプレス
矢吹奈子、本田仁美(C)モデルプレス
― アーティストとして出演したときと見え方に違いはありましたか?(『2020 MMA』にてIZ*ONEはTOP10賞を受賞)

矢吹:2020年にIZ*ONEとして出たときはグループ、アイドルとしての出演だったので、違う環境にいるなかでの今回のプレゼンター、アンバサダーは全く違う感覚でした。当時はコロナ禍でお客さんがいない状態ではあったんですが、そのときぶりに『MMA』という歴史のある大きな舞台に携われたことはすごく嬉しかったですし、新鮮な気持ちでできました。

本田:奈子ちゃんが言ってくれたように、今回は日本のみなさんに向けて『MMA』の魅力をお伝えする側だったので、ステージでパフォーマンスするときとはやっぱり違う緊張感がありました。それと、今回はファンのみなさんの歓声があったことで特効や紙吹雪などの演出の迫力もさらにすごかったですし、一瞬も飽きずに感動しちゃいました。

本田仁美&矢吹奈子、IVEの受賞に感激

矢吹奈子、本田仁美(C)モデルプレス
矢吹奈子、本田仁美(C)モデルプレス
― IZ*ONEとして共に活動していたウォニョンさん(WONYOUNG)とユジンさん(YUJIN)の所属するIVE(アイヴ)のみなさんも受賞していましたね。

本田:たくさん取っていたね。

矢吹:すごいと思いました。最後にはアルバム・オブ・ザ・イヤーも受賞していて、同じグループで活動していた子が再デビューしてすごいスピードで大賞まで取っていることが誇らしいですし、私もより頑張ろうと思いました。

本田:レッドカーペットが始まる直前に少しだけ会えたんです。それで「来たんだね~」とちょっと話したんですが、今まで一緒に活動していたメンバーだけど今ではさらにスターになっていて少し緊張しちゃいます(笑)。でも、2人ともどんどん人気になっても変わらずに優しく話してくれて嬉しいですね。

矢吹:普段の友達と会うような感じで、いつ会ってもあまり久しぶりに感じないんです。すごく長い間一緒に活動していたわけでもないですし、当時は本当にあっという間に感じたんですが、ずっと変わらない関係でいられることはすごくいいな、と思います。

本田:IZ*ONEの中では、ウォニョンとユジンは私たちにとって妹のような感じだったので、その2人がチームを引っ張って、受賞のスピーチでもしっかりと話している姿を見ると大人だな~と感じます。私も本当にいい刺激を受け取ることができました。

本田仁美&矢吹奈子、2024年の目標語る

矢吹奈子、本田仁美(C)モデルプレス
矢吹奈子、本田仁美(C)モデルプレス
― では最後に、お二人の2024年の目標をそれぞれ教えてください。矢吹さんはHKT48から卒業して、女優としてたくさん活躍していますね。

矢吹:今出演させていただいている、『18歳、新妻、不倫します。』(ABCテレビ・関西:毎週日曜よる11時55分~/テレビ朝日・関東:毎週土曜深夜2時30分~)、『恋愛のすゝめ』(TBS/毎週火曜深夜24時58分~※一部地域を除く)では2つともヒロイン役を務めさせていただいているんですが、HKT48を卒業してからまだ1年も経っていないなかで、目まぐるしい毎日を送らせていただいていることがすごくありがたいくて、たくさん学ぶことができました。これからももっといろいろな役に挑戦していですし、今の私からは想像つかないような「この子がアイドルだったの?」と言われるぐらい意外な役を演じて、イメージを変えていきたいです。(※インタビューは2023年12月実施)

― 本田さんは1月でAKB48を卒業することを発表しました。

本田:10年間所属したAKB48を離れて全く違う環境に行くので、ファンのみなさんも不安や寂しさと感じると思うんですが、これから“やりたいことをやりたい”という目標を持ってもっともっといい姿をお見せできるように頑張りたいです。やる気しかありません。卒業を寂しく思わずにこれからもずっと応援してもらえたら嬉しいなと思います!

― ありがとうございました。

本田仁美&矢吹奈子インタビューこぼれ話

矢吹奈子、本田仁美(C)モデルプレス
矢吹奈子、本田仁美(C)モデルプレス
長丁場のイベントの終了後となったにも関わらず、全く疲れを感じさせず仲良くインタビューに応じてくれた“ひぃなこ”の2人。授賞式に合わせたきらびやかなスタイリングがよく似合っていたが「IZ*ONEのときの担当の方がやってくれたんです!」と、IZ*ONEとしての活動時と同じ担当からメイクを受けたことも明かしていた。

「MMA2023」

『MMA2023』は、韓国の大手ミュージックプラットフォーム「Melon」が主催する、今年で15回目の開催を迎えた韓国最大級のK-POPアワード。「Melon」での配信データやユーザー投票、音楽専門委員による審査により授賞者が選出され、毎年注目を集めており、今回は「ABEMA」にて国内独占で日本史上初・全編無料生中継された。なお、現在ABEMAで見逃し配信されている。(modelpress編集部)

@modelpress

AKB48本田仁美さん&矢吹奈子さんの決め顔チャレンジ😎✨#MMA2023 直後のお二人にインタビュー🎤#本田仁美 #矢吹奈子 #ひぃなこ #モデルプレス決め顔チャレンジ @hondahitomi_1006 @nako_75_

♬ オリジナル楽曲 - モデルプレス(公式) - モデルプレス(公式)

本田仁美プロフィール

2001年10月6日生まれ、栃木県出身。2014年に全国47都道府県の代表メンバーで構成されるAKB48チーム8栃木県代表としてグループに加入。2018年に韓国のオーディション番組「PRODUCE48」に出演し、グローバルガールズグループ・IZ*ONEとして、2021年4月まで活動。AKB48への復帰後、AKB48 59thシングル「元カレです」、61stシングル「どうしても君が好きだ」ではセンターに抜擢。テレビ東京系ドラマ『北欧こじらせ日記』(2022年)で地上波連続ドラマ初主演に抜擢されるなど女優としても活躍。2024年1月にAKB48を卒業予定。1月26日にパシフィコ横浜国立大ホールにて「本田仁美卒業コンサート~夢と希望に満ちた道~」を開催する。

矢吹奈子プロフィール

2001年6月18日生まれ、東京都出身。2013年にHKT48の3期生として加入。2018年に韓国のオーディション番組「PRODUCE48」に出演し、グローバルガールズグループ・IZ*ONEとして、2021年4月まで活動。HKT48への復帰後は俳優業を本格的にスタートし、東海テレビ・フジテレビ系『顔だけ先生』(2021年)、日本テレビZドラマ第4弾『沼る。港区女子高生』(2023年)、日本テレビ系金曜ドラマDEEP枠『癒やしのお隣さんには秘密がある』(2023年)、ABCテレビ系ドラマ『18歳、新妻、不倫します。』(2023年)など連続ドラマに続々出演。俳優業のほか、バラエティ番組やラジオパーソナリティとしても幅広く活躍中だ。
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. “IZ*ONE出身”矢吹奈子、イェナとの密着2ショット公開 美脚際立つコーデも披露
    “IZ*ONE出身”矢吹奈子、イェナとの密着2ショット公開 美脚際立つコーデも披露
    モデルプレス
  2. AKB48本田仁美、太もも全開ミニスカ姿披露 「大変なセトリ」卒コンにも言及
    AKB48本田仁美、太もも全開ミニスカ姿披露 「大変なセトリ」卒コンにも言及
    モデルプレス
  3. AKB48本田仁美、スラリ美脚輝く“ミニ丈”サンタコス披露「可愛すぎる」「スタイル抜群」の声
    AKB48本田仁美、スラリ美脚輝く“ミニ丈”サンタコス披露「可愛すぎる」「スタイル抜群」の声
    モデルプレス
  4. AKB48本田仁美、ミニ丈ワンピで美脚披露「可愛すぎる」「女神」の声
    AKB48本田仁美、ミニ丈ワンピで美脚披露「可愛すぎる」「女神」の声
    モデルプレス
  5. 矢吹奈子・岡本玲ら「TGC 和歌山 2024」追加出演者発表 りんごちゃんは約4年ぶり「TGC」出演へ
    矢吹奈子・岡本玲ら「TGC 和歌山 2024」追加出演者発表 りんごちゃんは約4年ぶり「TGC」出演へ
    モデルプレス
  6. AKB48本田仁美、恋愛観の変化告白「グループ卒業後は…」
    AKB48本田仁美、恋愛観の変化告白「グループ卒業後は…」
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 吉沢亮、20代は“仕事の記憶しかない” デビュー15周年で考える「ストレスフリーな生き方」と貫いている信念【写真集「Profile」インタビュー】
    吉沢亮、20代は“仕事の記憶しかない” デビュー15周年で考える「ストレスフリーな生き方」と貫いている信念【写真集「Profile」インタビュー】
    モデルプレス
  2. 「虎に翼」BE:FIRST三山凌輝、伊藤沙莉の演技に圧倒 手応え感じた共演シーン明かす【インタビュー】
    「虎に翼」BE:FIRST三山凌輝、伊藤沙莉の演技に圧倒 手応え感じた共演シーン明かす【インタビュー】
    モデルプレス
  3. BE:FIRST三山凌輝「虎に翼」朝ドラ初出演でメンバーの存在実感「帰ってくる場所がある」ファンへの恩返しも【インタビュー】
    BE:FIRST三山凌輝「虎に翼」朝ドラ初出演でメンバーの存在実感「帰ってくる場所がある」ファンへの恩返しも【インタビュー】
    モデルプレス
  4. 「9ボーダー」YOU、松下洸平の意外な部分明かす「魅力的でした」【インタビュー】
    「9ボーダー」YOU、松下洸平の意外な部分明かす「魅力的でした」【インタビュー】
    モデルプレス
  5. キスマイ宮田俊哉、玉森裕太と吹替話で盛り上がる 自身の“不憫かわいい”エピソードも 【「ブルー きみは大丈夫」インタビュー】
    キスマイ宮田俊哉、玉森裕太と吹替話で盛り上がる 自身の“不憫かわいい”エピソードも 【「ブルー きみは大丈夫」インタビュー】
    モデルプレス
  6. 「9ボーダー」3姉妹の父役・高橋克実、舞台中は3ヶ月禁酒 役者歴35年のこだわり明かす【インタビュー】
    「9ボーダー」3姉妹の父役・高橋克実、舞台中は3ヶ月禁酒 役者歴35年のこだわり明かす【インタビュー】
    モデルプレス
  7. キスマイ宮田俊哉、声の芝居に“難しさとやりがい” 過去の自分に言ってあげたい一言とは【「ブルー きみは大丈夫」インタビュー】
    キスマイ宮田俊哉、声の芝居に“難しさとやりがい” 過去の自分に言ってあげたい一言とは【「ブルー きみは大丈夫」インタビュー】
    モデルプレス
  8. “日本一のイケメン中学一年生”大木翔琉くん、ジュニアのオーディション&V6のバックも経験 憧れの人も明かす【中一ミスターコン2024】
    “日本一のイケメン中学一年生”大木翔琉くん、ジュニアのオーディション&V6のバックも経験 憧れの人も明かす【中一ミスターコン2024】
    モデルプレス
  9. “日本一かわいい中学一年生”いっちゃんさん「関コレ」出演で話題 今後の夢はインフルエンサー【中一ミスコン2024】
    “日本一かわいい中学一年生”いっちゃんさん「関コレ」出演で話題 今後の夢はインフルエンサー【中一ミスコン2024】
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事