モデルプレスのインタビューに応じた菅生新樹(C)モデルプレス

菅田将暉の弟・菅生新樹、俳優デビューの反響は?「心が折れかけた」撮影と乗り越え方も語る<モデルプレスインタビュー>

2022.09.23 08:00
0
2

菅田将暉の弟で俳優の菅生新樹(すごう・あらき/23)が3日、さいたまスーパーアリーナにて開催された「第35回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2022 AUTUMN/WINTER」(略称:マイナビ TGC 2022 A/W)に出演。ステージ後モデルプレスのインタビューに応じ、ドラマデビューの反響や俳優を目指したきっかけ、悲しみの乗り越え方などについて語った。

菅生新樹、体重3.6kgの減量で初ランウェイに挑む

菅生新樹(C)モデルプレス
菅生新樹(C)モデルプレス
― ランウェイデビューとなりましたが、ステージはいかがでしたか?

菅生:緊張はしていたのですが、ワクワクしながら歩くことができました。テンポの早い曲調だったので、それに合わせて気持ちも乗れたかなと。フィナーレでステージに出たとき、ちょっとだけ余裕ができたのか、周りを見ることができたので、自分的にはすごく堂々と歩けたと思います。

― 今回のランウェイに向けて、なにか準備したことはありますか?

菅生:少しだけウォーキングのレッスンを受けました。あと、体重調整もしようと思い、少しだけ落としました。

菅生新樹(C)モデルプレス
菅生新樹(C)モデルプレス
― どれくらい減量したのでしょうか?

菅生:3週間ぐらいで3.6kg落としました。元々そんなに細いタイプではなかったので、もうちょっと落としてもよかったかなと思いました。

― 本日のランウェイを自己採点すると?

菅生:楽しさを抜いたら、10点(笑)。事前準備が間に合わないところもあったので。でも、楽しさだけなら100点でした!

菅生新樹、俳優を目指したきっかけとデビューの反響

菅生新樹(C)モデルプレス
菅生新樹(C)モデルプレス
― 「上下関係W(ワールド)」の最新作で異色の縦型ミステリードラマ「トップギフト」(LINE NEWS VISONにて10月7日より配信)が俳優デビュー作品となりますが、情報解禁されたとき大きな反響があったのではないでしょうか?

菅生:ありがたいことにニュース記事として取り上げていただくことが多くて、反響を感じたというより、自分の名前が少し広がったのかなと思いました。友人や家族からは「頑張ってね」と言ってもらえたので、その期待を越えられるような活躍を今後もしたいなと思いました。

僕自身はまだまだだと思っているのですが、今日も出演者の方に挨拶したとき「記事を見ました!」と言ってくださる方が多くて。これからは自分の活躍で顔と名前を知ってもらいたいなと思っています。

― ドラマ解禁時のコメントで、元々映画とかを観ることが好きだったと話していましたが、俳優を目指すことになった大きなきっかけがあったのでしょうか?

菅生:自分の将来について考える時期、今1番なにに興味を持っているんだろうと考えました。そのとき僕はアパレルのショップ店員として働いてて、その道ももちろん考えていたんですけど、めちゃくちゃワクワクするものではなくなってしまっていました。今自分がワクワクするもってなんだろうと考えたとき、幼少期から好きだったエンタメをもっと知ろうと思い、ワークショップに通いました。そこでもっともっと知りたいなと思ったことがきっかけです。

― 自ら積極的に動くタイプですね!

菅生:そうですね。目標を立ててからではないと、やる気が出ないタイプだと思います。目的や目標をきちんと決めると動き出せるので、なにに向かっていったらいいのかは考えるようにしています。

菅生新樹が悲しみを乗り越えた方法

菅生新樹(C)モデルプレス
菅生新樹(C)モデルプレス
― 俳優という夢を叶えた菅生さんですが、これまでに様々な挑戦をした中で悲しみや悔しさを感じたことはありましたか?

菅生:ドラマの撮影に入ったとき、準備期間があまりなかったので、自分はどうしていけばいいのかがはっきりわからない状態で。「これで大丈夫かな?」と思ってモニターを見たあとに、自分的にイマイチで納得がいかないことがよくありました。そういうときに心が折れかけることがありました。

― そのときはどのように乗り越えましたか?

菅生:自分を信じることしかできませんでした。あとは周りの方々のお言葉も信じて、自分にしかできないと思うようにしています。挫折したときは、マインドをリセットして、自己肯定感ではないですけど、“できるできる”と念じて、自分の中にインプットするようにしています。

菅生新樹の夢を叶える秘訣

菅生新樹(C)モデルプレス
菅生新樹(C)モデルプレス
― そんな菅生さんが考える夢を叶える秘訣を教えてください。

菅生:僕も叶えたい夢がもっともっとあるんですけど、誰になんと言われようと、自分が今やっていることを信じることだと思います。あと、僕は自分の家族やお仕事を一緒にさせてもらっているマネージャーさんとかに感謝を忘れずに、一生懸命やるようにしています。

菅生新樹(C)モデルプレス
菅生新樹(C)モデルプレス
― ありがとうございました。

(modelpress編集部)

菅生新樹(すごう・あらき)プロフィール

菅生新樹(C)モデルプレス
菅生新樹(C)モデルプレス
生年月日:1999年8月26日
出身地:大阪府
趣味・特技:アコースティックギタードラム・バスケットボール
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. 菅田将暉の弟・菅生新樹、父親との“上下関係”明かす
    菅田将暉の弟・菅生新樹、父親との“上下関係”明かす
    モデルプレス
  2. 菅田将暉の弟・菅生新樹、初の記者会見「前室からずっと緊張」
    菅田将暉の弟・菅生新樹、初の記者会見「前室からずっと緊張」
    モデルプレス
  3. 菅田将暉の弟・菅生新樹、初バラエティ番組に戸惑い 初々しい振る舞い連発
    菅田将暉の弟・菅生新樹、初バラエティ番組に戸惑い 初々しい振る舞い連発
    モデルプレス
  4. 菅田将暉の弟・菅生新樹、日テレドラマ初出演「初恋の悪魔」で伊藤英明の息子役
    菅田将暉の弟・菅生新樹、日テレドラマ初出演「初恋の悪魔」で伊藤英明の息子役
    モデルプレス
  5. 菅田将暉の弟・菅生新樹がランウェイデビュー クールな眼差しで魅了<TGC 2022 A/W>
    菅田将暉の弟・菅生新樹がランウェイデビュー クールな眼差しで魅了<TGC 2022 A/W>
    モデルプレス
  6. 菅田将暉の弟・菅生新樹、ドラマ初出演決定 本格俳優デビュー<トップギフト>
    菅田将暉の弟・菅生新樹、ドラマ初出演決定 本格俳優デビュー<トップギフト>
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 「祈りのカルテ」で日本の連ドラ初出演・YU、キスマイ玉森裕太の印象は?“アジア注目No.1美男子”の素顔に迫る<インタビュー>
    「祈りのカルテ」で日本の連ドラ初出演・YU、キスマイ玉森裕太の印象は?“アジア注目No.1美男子”の素顔に迫る<インタビュー>
    モデルプレス
  2. <うじたまい「湯船のうた」インタビュー>バズを生むマルチクリエイターの素顔とは?歌詞に込める強い想いを明かす「無意味な励ましは嫌い」
    【PR】<うじたまい「湯船のうた」インタビュー>バズを生むマルチクリエイターの素顔とは?歌詞に込める強い想いを明かす「無意味な励ましは嫌い」
    株式会社ポニーキャニオン
  3. SixTONES松村北斗、コント番組初挑戦に不安も「楽しかった」 内村光良は高地優吾から聞いた印象通り<「LIFE!秋」インタビュー>
    SixTONES松村北斗、コント番組初挑戦に不安も「楽しかった」 内村光良は高地優吾から聞いた印象通り<「LIFE!秋」インタビュー>
    モデルプレス
  4. 那須ほほみ「夢が一歩叶った」明石家さんまとの初共演回顧<モデルプレスインタビュー>
    那須ほほみ「夢が一歩叶った」明石家さんまとの初共演回顧<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  5. 眞栄田郷敦、橋本環奈との再共演で「自分は変わったし成長した」と断言できる理由 不器用なブレイク俳優が明かす胸の内<「カラダ探し」インタビュー>
    眞栄田郷敦、橋本環奈との再共演で「自分は変わったし成長した」と断言できる理由 不器用なブレイク俳優が明かす胸の内<「カラダ探し」インタビュー>
    モデルプレス
  6. 西野七瀬が「欲に負けるのは良くない」と思った話 「シャイロックの子供たち」インタビュー
    西野七瀬が「欲に負けるのは良くない」と思った話 「シャイロックの子供たち」インタビュー
    モデルプレス
  7. 都丸紗也華、たわわバストの美ボディ進化 8キロ減の食事法明かす「どんどんグラビアやっていきたい」<モデルプレスインタビュー>
    都丸紗也華、たわわバストの美ボディ進化 8キロ減の食事法明かす「どんどんグラビアやっていきたい」<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  8. 曽田陵介、本格俳優デビューから2年で感じる壁「満足するものはまだない」“女性との初キスシーン撮影”語る<「サワコ~それは、果てなき復讐」インタビュー>
    曽田陵介、本格俳優デビューから2年で感じる壁「満足するものはまだない」“女性との初キスシーン撮影”語る<「サワコ~それは、果てなき復讐」インタビュー>
    モデルプレス
  9. 池田エライザ、義足での演技は「嫌だってくらい考えました」過酷な撮影期間振り返る< 「DORONJO」インタビュー後編>
    池田エライザ、義足での演技は「嫌だってくらい考えました」過酷な撮影期間振り返る< 「DORONJO」インタビュー後編>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事