「MISS CIRCLECONTEST 2021」グランプリ・友恵温香さん(C)モデルプレス

“日本一のサークル美女” 関西医科大学・友恵温香さん、合格掴むもモデル諦めた過去 辛い日々乗り越えられた理由とは<MISS CIRCLECONTEST 2021>

2021.11.20 18:30

“日本一の大学サークル美女”を決める「MISS CIRCLECONTEST 2021」(ミスサークルコンテスト)にて、関西医科大学2年の友恵温香(ともえ・はるか)さんがグランプリをはじめ、モデルプレス賞など3冠を獲得。今回は、表彰式直後の友恵さんを直撃したインタビューをお届け。

友恵温香さん、受賞の喜び語る

友恵温香さん(C)モデルプレス
友恵温香さん(C)モデルプレス
友恵温香さん(C)モデルプレス
友恵温香さん(C)モデルプレス
― グランプリおめでとうございます!受賞した心境はいかがですか?

友恵さん:まさか自分がグランプリをいただけるとは思っていなかったので、本当に嬉しかったです。ステージ上ではこれまで辛かったことや嬉しかったことを思い出して、「ここまで来たんだな」という実感が一気に湧いてきて…思わず泣いてしまいました。応援してくださった皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

― 大学ではどんなサークルに所属していますか?

友恵さん:ダンスサークルに所属しています。元々ダンスは得意ではないのですが、新しい挑戦をしてみたいという思いで入りました。

コロナ禍でサークル活動が制限されていたり、ミスサークルの活動で参加できていなかったりしているので、これからもっとダンスを頑張ってみたいなと思います。

友恵温香さん、コンテスト応募のきっかけは?

友恵温香さん(C)モデルプレス
友恵温香さん(C)モデルプレス
― コンテストに応募した理由を教えてください。

友恵さん:小学生の頃にモデルさんになりたい気持ちがあったのですが、勇気が出なくてなかなか言い出せなかったんです。現在大学では看護の勉強をしているのですが、夢を諦めきれなくて、ここから何かが広がれば良いなという思いで応募しました。

― 小学生のとき、モデルに憧れるきっかけとなった人やモノはありますか?

友恵さん:「JSガール」という雑誌を見たことがきっかけです!小学6年生のときに自分で読者モデルに応募して、合格することができたのですが、初回の撮影が小学校最後の運動会と被ってしまって…。「タイミングが合わないということは、自分はモデルに向いていないのかな」と思い、読者モデルをすることも、モデルの道に進むことも諦めてしまったんです。

友恵温香さん(C)モデルプレス
友恵温香さん(C)モデルプレス
― 小学生ぶりのリベンジだったのですね!ご家族は「ミスサークル」に応募したと聞いて驚いたのではないですか?

友恵さん:実は「ミスサークル」は家族に内緒で応募して、選考の途中で参加していることを伝えたんです。話を聞いて両親はミスコンの活動を応援してくれたのですが、私は今でも心のどこかで「両親は私に看護師として活躍して欲しいのかな」と考えてしまいます…。

私自身、看護師という職業は本当に魅力的だと思っているのですが、モデル活動と看護師を両立している方もいらっしゃると聞いて、今は看護師一本ではなく芸能活動も頑張ってみたいという気持ちが大きいです。今回「グランプリ」という素敵な賞をいただいたので、これを機に両親とも改めて相談できたらいいなと思っています。

「看護実習と審査期間が丸被り…」両立の苦悩とは?

友恵温香さん(C)モデルプレス
友恵温香さん(C)モデルプレス
― コンテスト期間大変だったことはなんですか?

友恵さん:看護実習と審査期間が丸被りしてしまった時期に、配信などの時間を取ることがすごく大変でした。どちらも中途半端にしたくなかったので、勉強も実習も審査も全て必死で頑張りました!

― それは大変ですね…。両立するために工夫していたことはありますか?

友恵さん:クラスメイトに比べて時間が限られているので、より効率的に学べるように、実習に行く前に「何を学びたいのか」ということを書き出したり、実習中も常にメモを取ってまとめたりしていました。

あとは、実習があっても審査の配信は続けたかったので、朝少し早く家を出て、実習先の近くに着いてから配信をしたこともありました。

友恵温香さん(C)モデルプレス
友恵温香さん(C)モデルプレス
― ご自宅以外でもやっていたんですね!

友恵さん:はい。家を出る前に配信したら早朝になってしまうので、リスナーさんの負担になってしまったらいけないと思い、少しでも遅い時間に配信できるように工夫していました。

ハードな生活は大変だったのですが、家族も体調を気にしてサポートしてくれたので乗り切ることができました。

友恵温香さんの“夢を叶える秘訣”

友恵温香さん(C)モデルプレス
友恵温香さん(C)モデルプレス
― 最後に、友恵さんの“夢を叶える秘訣”を教えてください。

友恵さん:諦めないこと、自分ならできるという暗示をかけること、そして夢を叶えるまでの段階を1個ずつ設定して「1つ達成できたから、次はこの目標に向かって頑張ろう」ということをその都度考えることが大切だと思います。

目標に向かって地道に努力すれば夢を叶えられると思うので、私もチャンスを逃さないように今後も挑戦し続けたいです!

― 応援しています。ありがとうございました!

(modelpress編集部)

友恵温香さん(C)モデルプレス
友恵温香さん(C)モデルプレス

友恵温香(ともえ・はるか)さんプロフィール

友恵温香さん(C)モデルプレス
友恵温香さん(C)モデルプレス
関西医科大学2年

誕生日:6月13日
出身地:京都府
趣味:アニメを見ること
特技:ピアノとエレクトーンを弾くこと
将来の夢:みんなを幸せにできる仕事に就くこと

「MISS CIRCLE CONTEST 2021」とは

「MISS CIRCLE CONTEST 2021」ファイナリスト/(後列左から) 田辺真南葉さん、乙川えりさん、古本かほりさん、友恵温香さん、山中ありささん、大森舞美さん(前列左から)荒木美輝さん、川上理子さん、栗咲ゆうなさん、古川桜子さん、大橋可奈さん、鈴木みゆうさん(C)モデルプレス
「MISS CIRCLE CONTEST 2021」ファイナリスト/(後列左から) 田辺真南葉さん、乙川えりさん、古本かほりさん、友恵温香さん、山中ありささん、大森舞美さん(前列左から)荒木美輝さん、川上理子さん、栗咲ゆうなさん、古川桜子さん、大橋可奈さん、鈴木みゆうさん(C)モデルプレス
「MISS CIRCLE CONTEST」(通称:ミスサー)は、全国の大学生を対象とした日本最大級のミスコンテスト。2010年に初開催され、審査の段階で雑誌掲載、TVキー局主催のイベント・番組レポーター出演、大型ファッションショー出演等のチャンスが与えられる。

2021年度は「フジテレビアナトレ」「CanCam」「non-no」「モデルプレス」が特別協力。審査を勝ち上がったファイナリスト12人が13日に行われた表彰式に登壇し、各賞が発表された。

「MISS CIRCLE CONTEST 2021」グランプリ、準グランプリ、審査員特別賞受賞者(C)モデルプレス
「MISS CIRCLE CONTEST 2021」グランプリ、準グランプリ、審査員特別賞受賞者(C)モデルプレス
出身者には、宮司愛海(フジテレビ)、平館真生(女優・タレント)、青山なぎさ(声優・ Liella!メンバー)らがいる。
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. “日本一のサークル美女”友恵温香さんに決定<MISS CIRCLE CONTEST 2021>
    “日本一のサークル美女”友恵温香さんに決定<MISS CIRCLE CONTEST 2021>
    モデルプレス
  2. 運命の人かも♡男性が「相性のよさ」を実感する女性って?
    運命の人かも♡男性が「相性のよさ」を実感する女性って?
    愛カツ
  3. どう思う?浮気した男性が「やっぱり彼女しかいない」と感じた理由
    どう思う?浮気した男性が「やっぱり彼女しかいない」と感じた理由
    愛カツ
  4. 恋の駆け引き上手!「認知的不協和理論」を使った恋愛テク
    恋の駆け引き上手!「認知的不協和理論」を使った恋愛テク
    Grapps
  5. 一途に大事に愛してくれる?「さそり座」男性の恋愛傾向と攻略法
    一途に大事に愛してくれる?「さそり座」男性の恋愛傾向と攻略法
    Grapps
  6. 【男の視点で解説】男性が年上女性に感じる6つの魅力
    【男の視点で解説】男性が年上女性に感じる6つの魅力
    Grapps

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 萩原利久&FANTASTICS八木勇征、“空白の1年間”でのプライベート秘話「僕は利久のことになるとフッ軽」<「美しい彼」シーズン2インタビュー後編>
    萩原利久&FANTASTICS八木勇征、“空白の1年間”でのプライベート秘話「僕は利久のことになるとフッ軽」<「美しい彼」シーズン2インタビュー後編>
    モデルプレス
  2. <「美しい彼」シーズン2インタビュー>萩原利久が語る“清居に比べ平良が大人になっていない理由” FANTASTICS八木勇征が衝撃受けた前作シーンに進展
    <「美しい彼」シーズン2インタビュー>萩原利久が語る“清居に比べ平良が大人になっていない理由” FANTASTICS八木勇征が衝撃受けた前作シーンに進展
    モデルプレス
  3. 片寄涼太、GENERATIONSから学んだ夫婦に必要なこと 私生活・意外な交友関係も語る<「忍者に結婚は難しい」インタビュー>
    片寄涼太、GENERATIONSから学んだ夫婦に必要なこと 私生活・意外な交友関係も語る<「忍者に結婚は難しい」インタビュー>
    モデルプレス
  4. 「リバーサルオーケストラ」など今クール3作ドラマ出演の美女・深尾あむ 英語も堪能の17歳の素顔【注目の人物】
    「リバーサルオーケストラ」など今クール3作ドラマ出演の美女・深尾あむ 英語も堪能の17歳の素顔【注目の人物】
    モデルプレス
  5. 「ガンニバル」“あの人”の正体だった「バチェロレッテ2」澤井一希、こだわりの役作りとは ましろ役・志水心音との共演秘話も
    「ガンニバル」“あの人”の正体だった「バチェロレッテ2」澤井一希、こだわりの役作りとは ましろ役・志水心音との共演秘話も
    モデルプレス
  6. 三代目JSB“岩田剛典宅開催”クリパの全貌 12年間築き上げてきた関係性&毛色の違う7人がグループで輝く理由が見えてきた<「STARS」インタビュー後編>
    三代目JSB“岩田剛典宅開催”クリパの全貌 12年間築き上げてきた関係性&毛色の違う7人がグループで輝く理由が見えてきた<「STARS」インタビュー後編>
    モデルプレス
  7. 三代目JSB、グループ活動休止は「必要な1年だった」再始動に向けて話し合ったこと・“再起を懸けた” 2023年への強い覚悟<「STARS」インタビュー前編>
    三代目JSB、グループ活動休止は「必要な1年だった」再始動に向けて話し合ったこと・“再起を懸けた” 2023年への強い覚悟<「STARS」インタビュー前編>
    モデルプレス
  8. 鈴木仁の“運命的な出会い” 何でも打ち明けられる相手とは<「今夜すきやきだよ」インタビュー後編>
    鈴木仁の“運命的な出会い” 何でも打ち明けられる相手とは<「今夜すきやきだよ」インタビュー後編>
    モデルプレス
  9. 鈴木仁「今夜すきやきだよ」実年齢より年上の“年下彼氏”役…繊細な調整に挑む ジェンダー観で新たな気付きも<インタビュー前編>
    鈴木仁「今夜すきやきだよ」実年齢より年上の“年下彼氏”役…繊細な調整に挑む ジェンダー観で新たな気付きも<インタビュー前編>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事