<ゆきぽよインタビュー後編>人間関係のリセットで気付いたこと・2ヶ月間“生存確認”してくれたファンへの思い

0
4
3月25日、都内で行われた「ライザップ」のイベントに登壇したモデルでタレントのゆきぽよ(木村有希/24)。友人男性が薬物を使用し逮捕されていたことを1月に報じられて以来 約2ヶ月ぶりに公の場となり、イベント後にモデルプレスの独占インタビューに応じた。【後編】
モデルプレスのインタビューに応じたゆきぽよ (C)モデルプレス
モデルプレスのインタビューに応じたゆきぽよ (C)モデルプレス
騒動を経て人間関係を一度リセットして気付いたこと、報道と偶然にも重なった「ライザップ」のトレーニング期間で身も心も生まれ変わったという変化、SNSを更新しなかった2ヶ月間も救われ続けたファンに今、伝えたい思いとは。

【インタビュー前編】騒動後涙を流した母親からの言葉・受け止められなかった誹謗中傷「離れていく方もいた」


「皆さんのために絶対死なない」なくなると思ったライザップの仕事

ゆきぽよ/ビフォーアフター(提供写真) (C)モデルプレス
ゆきぽよ/ビフォーアフター(提供写真) (C)モデルプレス
体重が1年間で約5kgも増え、丸いお腹が目立ってきてしまっていたゆきぽよは、自分を変え、生まれ変わりたいと決心し、ライザップで2ヵ月間のボディメイクに挑戦。たったの2ヵ月で、体重4.6kg減・ウェスト11.7cm減という、元の体重に戻すだけでなく、見事に引き締まった美しい身体を手に入れ、この日は水着姿で堂々と美ボディを披露した。

ライザップさんのCMは高校生から、ずっとやりたいと思っていたんです。去年の12月くらいには決まっていて食事制限も開始してトレーニングもやっていました。そんなときに騒動が重なってしまって、こうなってしまったらこの業界はもちろんイメージ勝負なので「お仕事減るんだろうな、ライザップさんもきっとなしになっちゃうのかな」と思ったんです。やっとできると思ったお仕事なのに悔しいと思っていたら「ライザップは『人は変われる』ということを信じている会社だから」と見捨てずにいてくれてトレーナーさんも広報の方も皆さん「大丈夫」と言ってくれて「なんて素敵な会社なんだろう」と本当に頭が上がらないし、今後世間からお許しを頂いてまた前みたいにお仕事が沢山できるようになったとしても、この恩はずっと忘れないです。

だから、今日も協力して下さった皆さんのために絶対死なない。人は変われるということを若い子たちに向けて私が身をもって証明していきたいので、内面も外面も変われるんだよ、ということを私から発信できればと思います。

ゆきぽよ、騒動後初の公の場 水着姿を披露


ゆきぽよが涙「人って変われる」2ヶ月で体重5kg減に成功


ゆきぽよ、5kg減で自身史上“最強ボディ”に「今回は無修正で」写真集が決定


大好きだったお酒も断った2ヶ月

会見では水着姿を披露したゆきぽよ(C)モデルプレス
会見では水着姿を披露したゆきぽよ(C)モデルプレス
この2ヶ月間は食生活から変えたんですけど、お酒もトレーナーさんに「飲んじゃったらその日トレーニングした分が全部水の泡になるよ」というのを教えてもらってから怖くて飲んでないです。前は毎日飲んでいましたし、オンライン飲み会が流行っていたときは1日でウイスキーの瓶開けてたし…めっちゃ飲んでました。今はゼロです。体質も変わったと思います。汗も今まではかかなかったのに半身浴に30分入っただけで汗ダラダラかくようになりました。多分ここからもっと良い体を作れる気がしていてここで終わりじゃなくてここからがスタートだなと思っています。

我慢がストレスになってもいけないので今後は週一とか一日一杯とか、ちゃんと調整するということを学んだので調整しながら人生を楽しみたいと思います。

トレーニングで気持ちも前向きに「中身から生まれ変わった」

この2ヶ月間、トレーニングを行っていたことで精神的にポジティブになれた部分はありました。トレーニング前は落ち込んでいるのに帰るとき「またね~また明後日」って笑っているんです。トレーナーさんには「運動すると明るい気持ちになれるし、太陽を浴びてお散歩したりするとキュンキュンフェロモンが出て恋した状態になって明るくなれるから、太陽浴びて運動しましょう」と言われて。ジムからお家へは太陽を浴びながらお散歩しながら帰ったら本当に元気をもらっているのを感じて価値観が変わりました。今まで運動は大っ嫌いで、今も「大好き!」と言うほどではないんですけど、「運動しましょう」と言われたら「無理無理帰る!」だったのが「運動しましょう」「はーい」くらいになりました(笑)。

早寝早起きもめっちゃ大事で夜ふかしして眠ると全然体重が変わらないのに夜の12時とか1時にしっかり眠ると本当に次の日体重が減っているんです。びっくりしました。前はやっぱりお仕事から帰ってくるのが遅かったので生活習慣にそんなに関心がなくて、早く寝てようか遅く寝てようが変わらないでしょ、と思っていたんですけど全然違いました。中身から生まれ変わったと思います。

人間関係のリセットで気付いたこと

会見でも言ったように人間関係は一旦リセットして、携帯やLINEの番号も全部変えて、ほとんど親と事務所の方しか知らない状態になりました。でも意外と必要な人って近くにいるので、こういう言い方をすると冷たいかもしれないんですけど、友達が減っても想像していたよりは辛くなかったんです。

今まで本当にキャラじゃなくて、ストリートでギャルをずっとやってきたので、中学生から周りにギャルばかりだったし、自分のいた環境を飛び出すのはすごく不安だったけど、いざ飛び出してみたら何も辛くなくて。家族がいてくれるし、もちろん幼なじみとか連絡を断ち切る必要のない長年の友達がいるので、その人たちのために頑張ろうと思ったし、その人たちに相当支えられてきたから。これからは海の家に行っても誰とも友達にならないし、LINEも教えない!

とらわれないのが大事なんだなと学びました。1つの環境に執着しないで飛び出してみる。飛び出したら家族がいたし、幼なじみがいたし、事務所があったし、ライザップがあったし、それだけで私は成り立つので。

騒動を経て決意したこと

これまでテレビなどで話してきた元カレのエピソードトークに関しては、話して嫌な思いをする方がいるということを想像できなかったんです。被害者の立場だったら「そんなこと笑って話すなよ」と思うはずなのに。だからこれからは話す前に考えることが重要だなと思って「これを言ったら嫌な思いをする人がいるかな?」とか「これ言って良いことかな?」とか考えます。

ギャル友はまだいるし、ギャルは悪くない。そういう子と遊んだときに面白いエピソードがあったらもちろん変わらずにガンガン話していきたい。ただ、人が嫌な気持ちになることは話さない、と決めました。

「この経験を無駄にしたくない」いつか笑える日が来たら…

今はまだどん底というか落ち込んでいるので、この話をケラケラ笑って話せるようになったらの話だけど、そういう日が来たら、この2ヶ月間を本にまとめたい。私のこの経験を見て聞いて役に立つ人はいると思うんです。

私も実際に芸能人の方で、「過去に色々な報道があったけど今は楽しく働いています」という人を見てすごく勇気をもらったし、「この人たちだって大丈夫だったんだから私だって大丈夫」と思えたので、時間がかかっちゃうかもしれないけど認めてもらえるように頑張る!私も誰かにそういう勇気を与えられるように、この経験を無駄にしたくないです。

ファンからは“生存確認”も…続けてこれた原動力

頑張れる原動力になったのは、やっぱりファンの方のDMとかコメントが大きいです。毎日送ってくれる子もいるし、私を嫌いな人ばかりじゃない」と気づかせてくれたのはファンだし、自信を持たせてくれたのはライザップのトレーナーさんや、ファンの「待ってるよ」という言葉で、本当に周りの方々のおかげです。

それまではほぼ毎日SNSを更新していたので、急に止まったら皆心配しますよね。最初に私の口から「こういう報道があるんだけど」という話ができていたら、まだ良かったと思うんですけどなかなか言えることでもなく相当心配をかけてしまったなと思います。更新できないけど「生きてる?」という生存確認が来るので一人ひとり「生きてる生きてる」「ありがとう」とかDMで返していました。今問題になっていることでもあるし、私が生きてるか心配になっちゃいますよね。そこは心配をかけたくなくて、生きてることは伝えたかったので。

心配をかけたファンへ「もう1回信じてついてきてほしい」

会見を終え、晴れやかな笑顔を見せてくれた (C)モデルプレス
会見を終え、晴れやかな笑顔を見せてくれた (C)モデルプレス
まず、皆さん、週刊文春さんを通して報道で知ったと思うので、この件を私の口からお話出来なくてごめんなさい。騒動があったらすぐに「ごめんなさい」と皆さんにコメントを出すべきだったのに、数日出せずにいたことも申し訳ないです。心配をかけてしまいました。あとは、沢山「頑張れ」「待ってるよ」という優しい言葉を届けてくれてありがとう、待っていてくれてありがとう。

そして私は同じ失敗は繰り返さないので、もう1回信じて私についてきてほしい。応援してもらって、後悔させることは絶対ないので、これからも応援してくれるファンの皆に笑顔とか届けられるように頑張りたいです。今まで自分よがりで「この仕事楽しい!大好き!」でやってきたけど、これからは待っていてくれたファンのために生きていきたいし、皆のおかげで私がいたということを今回気づけました。本当にありがとう、お待たせしました。これからもよろしくね。

(modelpress編集部)

ゆきぽよ(木村有希/きむら・ゆき)プロフィール

ゆきぽよ (C)モデルプレス
ゆきぽよ (C)モデルプレス
ゆきぽよ (C)モデルプレス
ゆきぽよ (C)モデルプレス
生年月日:1996年10月23日
出身地:神奈川県
血液型:O型
身長:158cm
趣味:犬と遊ぶ
特技:歌うこと

日本人の父とフィリピンとスペインのハーフの母を持つクォーター。2012年に雑誌「egg」の読者モデルとしてデビュー。動画配信サービスVineにて再生回数6000万回を記録するなど、カリスマ動画クイーンとして人気を集める。

2018年、本家アメリカの「The Bachelor」スピンオフ企画「The Bachelor Winter Games(バチェラー・ウィンターゲームス)」に参加。そのキャラクターは現地でも話題を呼び、ニューヨーク・タイムズをはじめ複数のメディアに取り上げられた。そこでも反響は大きく「Bachelor in Paradise(バチェラー・イン・パラダイス)」にも日本人唯一の参加を果たす。

2019年1月には1st写真集「Yukipoyogram ゆきぽよ写真集」をリリース。同年のテレビ番組出演本数は200本を突破。同6月には、人気ラッパーSLOTHとコラボし「アイタイアエナイ」を配信リリース。モデル、タレント、アーティストとマルチな活動で活躍中。

【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - <ゆきぽよインタビュー後編>人間関係のリセットで気付いたこと・2ヶ月間“生存確認”してくれたファンへの思い
今読んだ記事

<ゆきぽよインタビュー後編>人間関係のリセットで気付いたこ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事