モデルプレスのインタビューに応じた日比野芽奈 (C)モデルプレス

「青春高校3年C組」日比野芽奈、初主演ドラマで感じた苦悩と成長 演技に圧倒された生徒も明かす「鳥肌が立ちました」<「あなた犯人じゃありません」インタビュー>

2021.01.07 17:00

テレビ東京ほかにて木ドラ25「あなた犯人じゃありません」(毎週木曜深夜1時~)が1月7日より放送スタート(初回はメイキング公開SP、BSテレ東では1月12日より毎週火曜深夜0時~放送)。主演を務める「青春高校3年C組」生徒の日比野芽奈(ひびの・めいな/19)がモデルプレスのインタビューに応じた。元々昨年4月期に放送予定だった今作は新型コロナウイルスの影響で約9ヶ月放送が延期。「泣くことが多かった」という撮影前のワークショップの苦労、撮影中止期間を経ての成長、一緒に生徒を演じたメンバーから受けた刺激…紆余曲折を経験して完成した今作について語ってもらった。

「あなた犯人じゃありません」で主演挑戦の日比野芽奈

同ドラマはテレビ東京にて放送中の青春ドキュメントバラエティ「青春高校3年C組」(毎週月曜深夜0時12分~)に出演中の生徒たちによるドラマ。学校で起こった殺人事件を陰キャでクイズ好きなクラスの委員長・日比野と担当刑事・五島ケイジ(山崎樹範)がタッグを組んで解決。毎回犯人を名乗る人物が現れるものの、殺人方法と理由に矛盾を感じる委員長が、自白する犯人を「あなた犯人じゃありません」と論破していき、真実を見つけて真犯人を暴いていくという新感覚の1話完結型学園ミステリーとなっている。

日比野芽奈、山崎樹範/本編1話(1月14日放送回)より(C)「あなた犯人じゃありません」製作委員会
日比野芽奈、山崎樹範/本編1話(1月14日放送回)より(C)「あなた犯人じゃありません」製作委員会
日比野は普段は陰気キャラでおどおどしているが、自白する犯人を前にすると痛快に論破する変わり者の主人公を生き生きと演じている。

日比野芽奈「泣くことが多かった」悩んだワークショップ…

日比野芽奈 (C)モデルプレス
これまで「孤独のグルメ」などに出演経験があるが、本格的な演技挑戦は初、「主演を任せてもらったのが初めてだし、演技に自信がなかったので怖かったです」という日比野。クランクイン前に今作のスタッフによって行われたワークショップが一番苦労したといい、「皆が上手いのに私は監督さんに厳しく指導されることが多くて、どんどん凹んじゃってプレッシャーに感じちゃって泣くことが多かったです。本当に途中は『怒られるから行きたくない』と思うくらいまで悩みました。その頃は監督さんに結構直球で『その演技のままだったらアイドル演技って言われちゃうよ、女優さんとしての演技が見せたいんじゃない?全然やり切れてないし感情もない』と指摘して頂きましたね」と振り返る。

それでも自分を奮い立たせて本番に入ってからは少しずつ褒めてもらえることも増えた。

「やっと褒めてもらえるようになったのは本番に入ってから。やっぱりできないことがすごく悔しかったので、今までは例えば『青春高校』でアイドル部の歌を頂いてから1週間で本番という状況でも、めちゃくちゃ頑張れば乗り越えられてきたんですけど、今回は全く新しい挑戦だから今までとは全然違う大きさの壁にぶち当たった感覚で、頑張らなきゃなと思えました」

日比野芽奈、自粛期間での成長

日比野芽奈 (C)モデルプレス
ドラマはクランクイン2日目に撮影が中止となり、一時は放送日程も白紙に。自粛期間にリモート収録がメインとなった「青春高校3年C組」にて日比野は新しいキャラクター“桃山あすか”を考案し、ソロ曲が誕生するなど人気を集める。以前「青春高校3年C組」の佐久間宣行プロデューサーもモデルプレスが行ったインタビューで“リモートになってから特に才能が開花したと思う生徒”に日比野の名前を真っ先に挙げていた。

本人にとってもドラマの撮影中止期間に「青春高校3年C組」にて新たな試みに挑戦したことが良い影響になったようで、「あのときはドラマが延期になってしまってどこを頑張れば良いんだろうと気持ちが落ちこんでいたんですけど、お家にいる時間も多くなって考える時間も長くなった分、青春高校も深夜に移動してバラエティーにシフトチェンジしてきたからちゃんとそっちに集中しようと思って、今まで以上にどうしたらMCの方が反応してくれるかを深く考えるようになりました。それまでは自分のキャラクターの持ち味も分からなかったので、桃山あすかのキャラクターやキュン台詞もやり切れるようになったのは本当に自粛期間の影響です。結果的に良い時間だったなと思います」と明かした。

日比野芽奈、演技に圧倒されたメンバー「鳥肌が立ちました」

日比野芽奈、前川歌音/本編1話(1月14日放送回)より(C)「あなた犯人じゃありません」製作委員会
日比野芽奈、前川歌音/本編1話(1月14日放送回)より(C)「あなた犯人じゃありません」製作委員会
西村瑠香、河野紳之介、佐藤諒/本編1話(1月14日放送回)より(C)「あなた犯人じゃありません」製作委員会
西村瑠香、河野紳之介、佐藤諒/本編1話(1月14日放送回)より(C)「あなた犯人じゃありません」製作委員会
日比野芽奈/本編1話(1月14日放送回)より(C)「あなた犯人じゃありません」製作委員会
日比野芽奈/本編1話(1月14日放送回)より(C)「あなた犯人じゃありません」製作委員会
クラスメイト役には「青春高校3年C組」の生徒が本人役で集合。これまでも切磋琢磨してきたメンバーとの共演だからこそ支えられた部分も大きかったといい、「やっぱり現場の雰囲気はドラマとバラエティーじゃ全然違うんですけど、楽屋に戻ったときにはいつもの青春高校があったし、カットがかかったときに皆と些細な話をすることで自分の心を落ち着かせられました。青春高校のメンバーだからこそ身を委ねて緊張がほぐれたんじゃないかなと思います」と笑顔で話す。

演技が特に上手いと感じたメンバーを聞いてみると、「これが私、全員だと思っちゃうんですよ。どうしよう、誰の話しようかな?1人ずつ話せるんです(笑)」とメンバー愛が止まらない。

「意外性で言えばまーがりん(大曲李佳)は、元々バラエティーをやっていてもキュン台詞とかも自分のものにして上手くやっているイメージがあったんですけど、感情をあらわにしてるところはファンの方も観たことが無いと思うので、衝撃的だと思います。感情の起伏が激しい難しい役ですっごく爆発的なシーンがあって圧倒されました。色んな振り幅があるんだなと鳥肌が立ちました。…他のメンバーも言ってもいいですか(笑)?

上手になったという意味だと、『誰目線だよ』という感じではあるんですけど西村瑠香。台本を読んだ当日に『このシーンは不安だね』という話を2人でしていたらその日2人ともめちゃくちゃ監督に怒られて、私たちに本当にできるのかと不安に陥ったんです。でもそこから西村の伸びがすごくてちゃんと復習して練習しているんだなというのが伝わってきたし、本番ではワークショップのときとはワンランク上の演技を見せてくれて空気作りをしてくれて私もすごく助かったので、一緒に『不安だね』って言ってた西村はどこに行っちゃったの?というくらい驚きました。

あとは頓知気さきなちゃんも元から上手いイメージだったんですけど、嘘をついたり涙を流したり怒ったり激しく感情表現しなきゃいけないシーンがそれぞれあるので本当に『自然で上手だな』と思いました。本当に皆が上手かったので自分もそれで頑張ろうと思えましたね」

日比野芽奈、今後の目標は?「青春高校に恩返ししたい」

役柄ではピンポンブーがトレードマークに/日比野芽奈 (C)モデルプレス
役柄ではピンポンブーがトレードマークに/日比野芽奈 (C)モデルプレス
日比野芽奈 (C)モデルプレス
日比野芽奈 (C)モデルプレス
「ドラマは人生の中でも2番目に頑張ったなと思えることになりました。1番はもちろん青春高校。高校生のときから3年間本当にずっと人生を捧げているので!」と今作は確実に日比野にとってターニングポイントの1つとなったようだが、今後の女優業について聞くと謙虚な答えが返ってきた。

「よく『これからもドラマに出たいですか?』と聞いて頂くんですけど、今回突然のドラマで主人公をやらせて頂けたことがすごいこと過ぎるのでおこがましくて上手く答えられません。今はとりあえず『あな犯』が楽しかったなという気持ちでいっぱい。悩んでいるので何が自分のやりたいことなのか20歳になるまでに決めなければなと思っています」

元々バラエティーやお笑い芸人が好きで「青春高校3年C組」に応募。「芸人さんに会いたいという下心があるので(笑)、バラエティーに関われるお仕事はこれからもしていきたです。本当に青春高校やテレビ東京のスタッフさんに恩返しをしたいので、他の番組に出て『この子青春高校から来たんだよ』とか、共演した芸人さんの番組に出て『この子僕らが持ってた番組の子で』と言ってもらえるような活躍ができることが理想です」とどこまでも番組思いだ。

日比野芽奈 (C)モデルプレス
最後にドラマの見どころを改めて聞いた。

「青春高校のファンの方は、青春高校のキャラクターに沿った登場人物で全員が出ているので生徒を探したり、番組内でイジられていたネタが反映されていたりするのも楽しめると思います。もちろん観ていない方も物語として謎解きやミステリーな部分は本当に楽しめると思うし、キャラクターもはっきりしているし1話完結型で観やすいので良かったらぜひ観て下さい!」

(modelpress編集部)

日比野芽奈(ひびの・めいな/19)プロフィール

日比野芽奈 (C)モデルプレス
日比野芽奈 (C)モデルプレス
「青春高校3年C組」は、漫画やドラマの中でしか見たことのない、誰もがなんとなく想像する「理想のクラス」を目指し、多彩なキャラクターの生徒たちが様々な企画に挑戦し成長していく姿を追う青春バラエティー番組。

日比野は、2001年6月27日生まれ、神奈川県出身。過去にはりぼんガールやモデル・アイドルとして活動し、番組オーディションの際、審査員が口を揃えて「可愛い」と絶賛した3年C組のマドンナ的存在。番組では学級委員長としてクラスを引っ張っており、アイドル部のユニット・Blue Springのリーダーを務めている。

「あなた犯人じゃありません」第1話あらすじ(14日放送)

山崎樹範/本編1話(1月14日放送回)より(C)「あなた犯人じゃありません」製作委員会
山崎樹範/本編1話(1月14日放送回)より(C)「あなた犯人じゃありません」製作委員会
前川歌音/本編1話(1月14日放送回)より(C)「あなた犯人じゃありません」製作委員会
前川歌音/本編1話(1月14日放送回)より(C)「あなた犯人じゃありません」製作委員会
ある日、高校のプールで女教師・泉(北乃きい)の刺殺遺体が発見される。事件を担当することになった刑事の五島(山崎樹範)は、泉が担任をしていた3年C組の生徒に話を聞いていた。

ひょんなことから、五島のバディとしてクラスの学級委員長・日比野芽奈(本人)は事件の捜査を手伝うことに。屋上に向かうと、そこには演劇の練習をする前川歌音(本人)の姿が。捜査に協力するという前川から突然、「私が先生を殺しました」と自供され…
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. 青春高校3年C組女子アイドル部、番組を背負ったメドレー披露「TIF2020」<セットリスト>
    青春高校3年C組女子アイドル部、番組を背負ったメドレー披露「TIF2020」<セットリスト>
    モデルプレス
  2. 佐久間宣行プロデューサーが語る「青春高校3年C組」の変化 枠移動で開化した才能・生徒たちの成長…「それぞれの夢をちゃんと見つけて欲しい」<インタビュー>
    佐久間宣行プロデューサーが語る「青春高校3年C組」の変化 枠移動で開化した才能・生徒たちの成長…「それぞれの夢をちゃんと見つけて欲しい」<インタビュー>
    モデルプレス
  3. 「青春高校3年C組」日比野芽奈、考案キャラ“桃山あすか”も話題の学級委員長 メンバーが尊敬する才能とは<アイドル部インタビュー>
    「青春高校3年C組」日比野芽奈、考案キャラ“桃山あすか”も話題の学級委員長 メンバーが尊敬する才能とは<アイドル部インタビュー>
    モデルプレス
  4. <「青春高校3年C組」アイドル部「好きです」インタビュー>自粛期間乗り越え再始動 個性バラバラな魅力に迫る
    <「青春高校3年C組」アイドル部「好きです」インタビュー>自粛期間乗り越え再始動 個性バラバラな魅力に迫る
    モデルプレス
  5. 【青春高校3年C組イケメン特集】河野紳之介・黒田照龍・田中柊斗ら…“個性溢れる”男子生徒から6人をピックアップ
    【青春高校3年C組イケメン特集】河野紳之介・黒田照龍・田中柊斗ら…“個性溢れる”男子生徒から6人をピックアップ
    モデルプレス
  6. 【青春高校3年C組美女特集】頓知気さきな・日比野芽奈・持田優奈ら…“原石揃い”女子生徒から6人をピックアップ
    【青春高校3年C組美女特集】頓知気さきな・日比野芽奈・持田優奈ら…“原石揃い”女子生徒から6人をピックアップ
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. &TEAM・JO、Kは「親近感を感じる」“練習生”時代から思い続けていること<「First Howling : ME」ソロインタビュー>
    &TEAM・JO、Kは「親近感を感じる」“練習生”時代から思い続けていること<「First Howling : ME」ソロインタビュー>
    モデルプレス
  2. &TEAM・YUMA「挫折しそうになったことも」葛藤の中掴んだ夢<「First Howling : ME」ソロインタビュー>
    &TEAM・YUMA「挫折しそうになったことも」葛藤の中掴んだ夢<「First Howling : ME」ソロインタビュー>
    モデルプレス
  3. &TEAM・EJが語る夢を叶えるための“共通点”<「First Howling : ME」ソロインタビュー>
    &TEAM・EJが語る夢を叶えるための“共通点”<「First Howling : ME」ソロインタビュー>
    モデルプレス
  4. Sexy Zone中島健人の夢を叶える秘訣「イメージや状況を変えたかった」ジャニーさん“お別れの会”で感じた焦り、ブレずに進み続ける理由<「ラーゲリより愛を込めて」インタビュー>
    Sexy Zone中島健人の夢を叶える秘訣「イメージや状況を変えたかった」ジャニーさん“お別れの会”で感じた焦り、ブレずに進み続ける理由<「ラーゲリより愛を込めて」インタビュー>
    モデルプレス
  5. &TEAM・NICHOLAS、大変な時に思い出す言葉「もっと頑張るための力に」<「First Howling : ME」ソロインタビュー>
    &TEAM・NICHOLAS、大変な時に思い出す言葉「もっと頑張るための力に」<「First Howling : ME」ソロインタビュー>
    モデルプレス
  6. &TEAM・FUMAが大切にしている信念「夢からは1回も逃げなかった」<「First Howling : ME」ソロインタビュー>
    &TEAM・FUMAが大切にしている信念「夢からは1回も逃げなかった」<「First Howling : ME」ソロインタビュー>
    モデルプレス
  7. &TEAM・K、FUMAは「周りを自然に守る」“辛さも頑張る糧”に…夢を叶える秘訣<「First Howling : ME」ソロインタビュー>
    &TEAM・K、FUMAは「周りを自然に守る」“辛さも頑張る糧”に…夢を叶える秘訣<「First Howling : ME」ソロインタビュー>
    モデルプレス
  8. 乃木坂46柴田柚菜、齋藤飛鳥からの言葉に救われる「一生立てない」と思ったステージを乗り越えられた理由<「ここにはないもの」インタビュー>
    乃木坂46柴田柚菜、齋藤飛鳥からの言葉に救われる「一生立てない」と思ったステージを乗り越えられた理由<「ここにはないもの」インタビュー>
    モデルプレス
  9. 乃木坂46林瑠奈、齋藤飛鳥・遠藤さくらと“心の距離”縮められた理由 初選抜入りへの本音・関係性の変化とは<「ここにはないもの」インタビュー>
    乃木坂46林瑠奈、齋藤飛鳥・遠藤さくらと“心の距離”縮められた理由 初選抜入りへの本音・関係性の変化とは<「ここにはないもの」インタビュー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事