吉田早希(C)モデルプレス

吉田早希、中学生からグラビア界に…「あんまりよく見られない時も」学生時代の葛藤語る<モデルプレスインタビュー>

2020.11.30 21:00
0
5

株式会社PPエンタープライズの注目株であるグラビアアイドルの吉田早希(よしだ・さき)。中学生からグラビアの世界に足を踏み入れたことから、苦悩も多かった学生時代…入れ替わりが激しい世界で、長年キャリアを積み上げてきた彼女の“立ち位置”とは。

吉田早希、中学生からグラビアの道に

吉田早希(C)モデルプレス
吉田早希(C)モデルプレス
― グラビアを始めたきっかけは何だったのですか?

吉田:グラビアのスカウトを受けたことがきっかけです!早く自立したいという思いがあったのですが、当時はもう少しで高校生になるというタイミングで、高校生からしかアルバイトができないしちょうど良いなと思いました。最初は仕事というよりも、アルバイト感覚で始めた感じですね。

― 街中でスカウトされたのですか?

吉田:はい。渋谷駅のホームでスカウトされました。謎の“自分ルール”みたいなものがあって、「次にスカウトされた人について行こう」と決めていたんです(笑)。

― 始めたばかりの頃、水着姿など抵抗はなかったですか?

吉田:自分からこの世界に入ったからには、恥ずかしがっていたらスタッフさんにも悪いと思っていたし、恥ずかしがっている自分を見られる方が恥ずかしいと思っていました。若さゆえの「なんとかなる!」という謎の自信があったのかもしれないです(笑)。大人になると、これまで築き上げたものを失うのが怖いという気持ちがあって行動できないこともあると思うのですが、中学生の頃は何も怖いものがないからこそ、抵抗を感じなかったのかもしれないですね。

吉田早希(C)モデルプレス
吉田早希(C)モデルプレス
― そのきっかけから、今までお仕事を続けてきたのですね。

吉田:この世界で長い間活動してきて、グラビアからほかのお仕事に進む人もいれば、ずっとグラビアをやっている人もいて、本当にいろんな人を見てきました。グラビアを卒業していく人もたくさん見送ってきて、気づいたら新しい子が増えていたり、卒業していたり…本当にこの世界は一期一会だなと思います。

どの子もみんな、強い気持ちを持ってグラビアをやっていると思うのですが、入れ替わりが激しい世界だと、どうしても卒業した子はどんどん忘れられていってしまうので、「せめて私だけでも全員のことを覚えてる!」という気持ちで私も活動を続けています。

― すごく優しいですね。そういう子たちを見ていて、吉田さんもほかの道を考えることもありましたか?

吉田:ありました。当時は、高校に入るとギャルデビューする子が多くて、みんな黒髪から茶髪になっていたのですが、ギャルとグラビアは求められる容姿が相反していたので、羨ましいなと思うことも…。普通に高校生活や大学生活を楽しんだり、就職したりもしたいと思いましたが、やっぱり私はグラビアが好きなので、続けるなら上を目指して頑張ろうとここまでやってきました。

「男好きだと思われて」…学生時代の葛藤告白

吉田早希(C)モデルプレス
吉田早希(C)モデルプレス
― 若い頃からお仕事をされていて、大変だったことはありますか?

吉田:やっぱり多感な時期などは、グラビアというものが、男の人にちやほやされているお仕事をしてるという見え方をされて、あんまりよく見られない時もありました。一方的な誤解で、男好きだと思われて、同級生の女の子から「何なのあの子」みたいな感じに見られることも…。

― 辛いですね…。

吉田:辛かったです!グラビアのお仕事は、女の子全員に仲良くしてもらえる職業ではないと思っていたので、大学の時は職業について全く言わなかったです。でも、本名で活動をしているので、検索すれば出てくると思うのですが、友だちも職業については触れないでいてくれたので、楽しく大学生活を過ごせました。

― 大学生で理解してくれる友だちに出会えたのですね。学生時代にやっておきたかったなと思うことはありますか?

吉田:芸能活動の中で鍛えられる心の部分と、普通のアルバイトで鍛えられる部分は微妙に違うと思っているので、普通のアルバイトをしてみたかったなと思います。部活とかもやっていなかったので、チームワークや上下関係、根性などをそこでも培っておけば良かったなと思うこともあります。

グラビア界の新星誕生に焦りは?

吉田早希(C)モデルプレス
吉田早希(C)モデルプレス
― グラビア界にもどんどん新星が誕生しますが、焦りはありますか?

吉田:鬼のように焦っています。今の若い子たちは、みんな可愛いし骨組みから整っている子が多いです…。でも世代や歳には抗えないので、それも受け入れて、その分私は頼られるお姉さん的なポジションでいようとか、私が足りないところはどこだろうと考えています。

みんな頑張り屋さんで、完璧なボディラインを維持するためにストイックに体作りをしている方たちが多くて、「私も頑張らなきゃ!」と刺激をもらえます。

― 今吉田さんが新しく挑戦していることはありますか?

吉田:アウトドアに挑戦しています!10代・20代は、ゲーム・漫画・アニメ・パソコン…という感じだったのですが、それ以外のことも知っている方が人生も面白くなると思ったので、これまで挑戦してこなかったことにも挑戦してみようと思えるようになりました。

― 何かやりたいことはありますか?

吉田:山登りとか、スキューバダイビングの免許も取ったので、早く潜りに行きたいです!

吉田早希の“今みんなに教えたいイチオシ◯◯”<ジェラート>

吉田早希(C)モデルプレス
吉田早希(C)モデルプレス
吉田早希のおすすめジェラート「PREFERITA/プレフェリータ」

私の最近のイチオシのジェラート屋さんで、学芸大学駅の近くにあります。甘いものが食べたい時、ケーキだとカロリーが高くて食べるのを躊躇ってしまうけど、ジェラートだったら比較的ヘルシーかなと思って自分の中では「良し!」と許しています(笑)。スイカやプラムなどの甘酸っぱいフルーツのジェラートがすごく美味しいです!

(modelpress編集部)

☆吉田や“日本一のコスプレイヤー”と称されるえなこらが所属する株式会社PPエンタープライズは今年9月より、サブスク型プレミアムファンコミュニティプラットフォーム「ミーグラム(Mi-glamu)」でファンクラブを開設。インタビューのオフショットも掲載中。


PHOTO:赤英路

吉田早希(よしだ・さき)プロフィール

誕生日:1988年6月7日

ゲーム好きグラビアアイドル。標高90センチのHカップを誇るバストは“吉田山”と呼ばれている。
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真をみることができます

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. 他の女性と違う! 男性が一目置く「憧れ女性」の共通点4つ
    他の女性と違う! 男性が一目置く「憧れ女性」の共通点4つ
    Googirl
  2. 【ジルスチュアート ビューティ】2021年春コレクションは“特別な宝石”モチーフ カラバリ豊富なリップ・アイカラー・ルージュ ケースなど新登場
    【ジルスチュアート ビューティ】2021年春コレクションは“特別な宝石”モチーフ カラバリ豊富なリップ・アイカラー・ルージュ ケースなど新登場
    モデルプレス
  3. この子は彼女候補!男性が本気で付き合いたいと思う女性の共通点
    この子は彼女候補!男性が本気で付き合いたいと思う女性の共通点
    愛カツ
  4. 付き合ってよかった!「彼に愛されているな」と実感した一言とは?
    付き合ってよかった!「彼に愛されているな」と実感した一言とは?
    Googirl
  5. そんなことで?「簡単に落とせそう」と誤解される女性の特徴4つ
    そんなことで?「簡単に落とせそう」と誤解される女性の特徴4つ
    Googirl

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 柳楽優弥、先生役挑戦でデビュー当時を回顧「よかったなと思ってもらいたい」井上真央&加藤シゲアキの印象も語る<「二月の勝者」インタビュー>
    柳楽優弥、先生役挑戦でデビュー当時を回顧「よかったなと思ってもらいたい」井上真央&加藤シゲアキの印象も語る<「二月の勝者」インタビュー>
    モデルプレス
  2. GENERATIONS小森隼「1週間泣き続けた」最近の涙エピソード明かす
    GENERATIONS小森隼「1週間泣き続けた」最近の涙エピソード明かす
    モデルプレス
  3. 土屋太鳳「声にコンプレックスが…」 確かな成長&声優への想い明かす<『アイの歌声を聴かせて』インタビュー>
    【PR】土屋太鳳「声にコンプレックスが…」 確かな成長&声優への想い明かす<『アイの歌声を聴かせて』インタビュー>
    株式会社バンダイナムコアーツ
  4. 手越祐也「どうしたら振り向いてくれる?」「キュンとくることは?」ファンの悩みに回答&大好きなハロウィンの思い出も<インタビュー連載Vol.3>
    手越祐也「どうしたら振り向いてくれる?」「キュンとくることは?」ファンの悩みに回答&大好きなハロウィンの思い出も<インタビュー連載Vol.3>
    モデルプレス
  5. 「ドラ恋」夏目アミリア、現役慶大生の才女 恋愛は“無自覚あざと女子”タイプ?<「恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~」インタビュー>
    「ドラ恋」夏目アミリア、現役慶大生の才女 恋愛は“無自覚あざと女子”タイプ?<「恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~」インタビュー>
    モデルプレス
  6. 中村加弥乃、子役・AKB48を経て朝ドラ「エール」にも出演した実力派 「ドラ恋」参戦で抱く想い「自分を変えたい」<「恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~」インタビュー>
    中村加弥乃、子役・AKB48を経て朝ドラ「エール」にも出演した実力派 「ドラ恋」参戦で抱く想い「自分を変えたい」<「恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~」インタビュー>
    モデルプレス
  7. 「今日好き」“りょかじん”カップルインタビュー 遠距離もラブラブな近況「毎日好きが増してます」
    「今日好き」“りょかじん”カップルインタビュー 遠距離もラブラブな近況「毎日好きが増してます」
    モデルプレス
  8. “JK版孤独のグルメ”として話題「ぼっちJK、粉を食らう。」主演・坂本瑞帆って?注目の「Ranzuki」モデルの素顔<インタビュー>
    “JK版孤独のグルメ”として話題「ぼっちJK、粉を食らう。」主演・坂本瑞帆って?注目の「Ranzuki」モデルの素顔<インタビュー>
    モデルプレス
  9. 織田奈那「ドラ恋」参加の心境 恋をすると「分かりやすいかもしれない」<「恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~」インタビュー>
    織田奈那「ドラ恋」参加の心境 恋をすると「分かりやすいかもしれない」<「恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~」インタビュー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事