「劇場版おっさんずラブ」金子大地インタビュー 眞島秀和の助手席で「僕の話を聞いてもらいました」

おっさんたちのピュアなラブストーリーで社会現象を巻き起こしたドラマ「おっさんずラブ」(2018)が、ド派手にスケールアップした『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』(8月23日公開)として再び、“民”のもとへ帰ってくる。モデルプレスは春田(田中圭)の愛すべき後輩社員、“マロ”こと栗林歌麻呂を演じた金子大地(22)にインタビュー。撮影の裏話やキャスト同士の仲良しエピソード、さらに民から寄せられた質問にも答えてもらった。
インタビューに応じた金子大地 (C)モデルプレス
インタビューに応じた金子大地 (C)モデルプレス

金子大地、大塚寧々から「大地ちゃん」と呼ばれる

金子大地演じる栗林歌麻呂(C)2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会
金子大地演じる栗林歌麻呂(C)2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会
― 今作をご覧になった感想からお聞かせください。

金子:「おっさんずラブ」らしい笑える要素は存分にありつつ、すごく愛に包まれた内容です。ドラマ版のその後のストーリーが面白くて、僕も見入ってしまいました。台本をはるかに超えた映像になっているという手応えもあります。

― マロと蝶子(大塚寧々)さんのその後もしっかり描かれました。マロ的な見どころは?

金子:ドラマよりも“マロの本当の姿”みたいなところがしっかり描かれていると思います。蝶子さんとは歳も離れているので、マロとしてはやっぱり覚悟を持って臨まなければいけないなと思って演じました。男として成長した姿を感じていただけると嬉しいです。

― ビジュアル面にも変化はつけましたか?

金子:ドラマ版から引き続き前髪はセンター分けです。やっぱりおでこを出すと印象が変わりますよね。

それとドラマ「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。」(NHK)のクランクアップの次の日が「おっさんずラブ」のクランクインだったんです。真逆の役柄だったので、ビジュアルも含めてマロに戻るのがちょっと難しいかな?と思っていましたが、現場に入ったら自然と感覚が戻ってきました。

マロ(金子大地)&蝶子(大塚寧々)の関係も注目!(C)2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会
マロ(金子大地)&蝶子(大塚寧々)の関係も注目!(C)2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会
― 今回の映画化にあたり、田中さんや林さんをはじめとするキャストの皆さんから何かお話はありましたか?

金子:ドラマの時から変わらず「マロは自由にやっていいよ」と言っていただきました。寧々さんも相変わらず、可愛らしくて。僕のことを「大地ちゃん」って呼ぶのが印象的でした。

― それはドラマの時から?

金子:いや、映画からです(笑)。「大ちゃん」じゃなくて、「大地ちゃん」って呼ぶ寧々さんが可愛いなぁと(笑)。

― 演技の面で共演者の方々から改めて刺激を受けた点はありましたか?

金子:やっぱり台本を読んだ時には想像もつかないような、遥か上の演技が繰り出されるな、というのはどのシーンでも感じたことです。「おっさんずラブ」の現場では常に予想だにしないものが生まれるというか。一つ一つのシーンが面白いものになっていく過程がすごく印象的でした。

金子大地、眞島秀和の助手席で「僕の他愛もない話を聞いてもらって」

金子大地(C)モデルプレス
金子大地(C)モデルプレス
― 金子さんのInstagramにアップされた写真からも、キャストの皆さんの仲の良さが伝わってきます。映画の撮影期間中にはプライベートな交流もありましたか?

金子:何回か皆で飲みに行きましたし、撮影中は眞島(秀和)さんと帰り道が一緒になることがあったので、眞島さんの車で送ってもらったりもしました。

― 眞島さんの運転で、助手席に座るんですか?

金子:はい(笑)。それでいつも僕の他愛もない話を聞いてもらっていました。その日の撮影のこともそうですし、眞島さんだから話せることみたいなのもあるし…(笑)。

― 本当に仲良しですね!乗り心地はいかがでしたか?

金子:とても良かったです(笑)。安全運転で!


【Q&A】“マロ”金子大地が民の質問にアンサー

事前に募った質問に答えてもらいました!(C)モデルプレス
事前に募った質問に答えてもらいました!(C)モデルプレス
Q.ドラマ版で一番好きなマロのセリフを教えてください。

金子:う~ん…なんだろうなぁ。「“働き方革命”って知ってます?」ですかね!あそこのやり取りが好きです。

Q.マロは蝶子さんのどんなところを好きになったのでしょう?

金子:可愛らしいところ。あと、気が強いけれど繊細なところに惹かれたんだと思います。

Q.マロよりも年下のジャスティス(志尊淳)が入社してきて、何か心情が変わったりしましたか?

金子:ドラマに比べて春田さんとのシーンが減ったので、そこはやっぱりジェラシーを感じます(笑)。

まあでも…僕には蝶子さんがいるんで!別にいいんですけど!!(と声を大にする金子さんに一同笑い)

Q.キャスト同士の仲が良いと思ったエピソードを教えてください!

金子:いまだにLINEグループが動いていること。

― 金子さんはそこにあまり参加しないという情報がありましたが…

金子:(小声で)そうですね…

― (笑)

金子:もちろん、ちゃんと目は通しています(笑)。

― 一番送ってくるのは誰ですか?

金子:圭さん。やっぱり圭さんがずっとしゃべっています(笑)。

Q.マロは宇宙人と言われますが、本当はものすごく空気を読んでいる人だと思います。どうですか?

金子:その通りです!ありがとうございます。

― (笑)

金子:意外とちゃんと周りを見ていて、器がすごく広い。そこに気づいてくださる人がいて嬉しいです。

Q.スピンオフをやるとしたら、どんなお話をやりたいですか?

金子:主任(眞島)が主役のスピンオフが見たいです。「主任の大恋愛」(笑)。やっぱり主任には幸せになってもらいたいので。それがまた映画化まで行ってほしいですね!

劇場版は「期待を裏切らない作品」

金子大地(C)モデルプレス
金子大地(C)モデルプレス
― 最後に、映画を楽しみにしている皆様にメッセージをお願いします。

金子:楽しみにしてくださっている方々がたくさんいると思いますが、その期待を裏切らない作品になっていると思うので、存分に楽しんでいただけたら嬉しいです。

― プレッシャーは感じますか?

金子:いや、大丈夫です!

― (笑)ありがとうございました!

(modelpress編集部)

金子大地(かねこ・だいち)プロフィール

金子大地(C)モデルプレス
金子大地(C)モデルプレス
1996年9月26日、北海道出身。2014年、アミューズ主催の「アミューズオーディションフェス2014」にて応募総数 32,214人の中「俳優・モデル」部門賞を受賞。翌2015年のデビュー以降、様々なドラマ・映画等で活躍。代表作は映画『ナラタージュ』(2017)、『わたしに××しなさい!』(2018)、『家族のはなし』(2018)、ドラマ「明日の約束」(2017、関西テレビ・フジテレビ系)、「おっさんずラブ」(2018、テレビ朝日系)、「タスクとリンコ」(2019、YouTube)、「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。」(2019、NHK総合)など。待機作は『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』(8月23日公開)、『殺さない彼と死なない彼女』(11月15日公開)、『猿楽町で会いましょう』(2020年秋公開)、彩の国シェイクスピア・シリーズ第35弾「ヘンリー八世」(2020年2月~3月)など。

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』(2019年8月23日公開)

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』(C)2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』(C)2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会
監督:瑠東東一郎
脚本:徳尾浩司
音楽:河野伸
主題歌:スキマスイッチ「Revival」(AUGUSTA RECORDS/UNIVERSAL MUSIC LLC)
出演者:田中圭 林遣都 内田理央 金子大地 伊藤修子 児嶋一哉 ・ 沢村一樹 志尊淳 ・ 眞島秀和 大塚寧々 吉田鋼太郎


<ストーリー> 
永遠の愛を誓ったあの日から1年が過ぎ、上海・香港転勤を経て帰国した春田創一。久しぶりに戻ってきた天空不動産第二営業所では、黒澤武蔵をはじめ、お馴染みのメンバーが顔を揃え、最近配属された陽気な新入社員・山田ジャスティス(志尊淳)も加わり春田を歓迎する。

そんな彼らの前に、天空不動産本社のプロジェクトチーム「Genius7」が突如として現れ、リーダーの狸穴迅(沢村一樹)は、本社で新たに、アジアを巻き込む一大プロジェクトが発足し、第二営業所にもその一翼を担うよう通告する。その隣には、本社に異動しチームの一員となった牧凌太の姿も…。

何も知らされておらず動揺する春田だが、本社と営業所の確執が深まるほどに、牧との心の距離も開いてゆく。一方、コンビを組むことになったジャスティスは兄のように春田を慕い、さらには黒澤もある事故がきっかけで突然“記憶喪失”に…!

しかも忘れたのは春田の存在のみ。…え、どゆこと?そんな記憶喪失あんの!?混乱する春田をよそに、黒澤は“生まれて初めて”春田と出会い、その胸に電流のような恋心を走らせてしまい…。

そんな中、天空不動産を揺るがす前代未聞の大事件が発生!それに巻き込まれた春田にも最大の危機が迫る。果たして、春田の運命は…!?笑って泣けるこの夏最高のエンタテインメント!おっさんたちの愛の頂上決戦<ラブ・バトルロワイアル>が、ついに幕を開ける。



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「劇場版おっさんずラブ」金子大地インタビュー 眞島秀和の助手席で「僕の話を聞いてもらいました」
今読んだ記事

「劇場版おっさんずラブ」金子大地インタビュー 眞島秀和の助手…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事