欅坂46守屋茜「どうして私が副キャプテンなんだろう」葛藤乗り越えたきっかけ 今後のグループはどうなる?<1st写真集「潜在意識」インタビュー>

6月26日に1st写真集「潜在意識」(小学館)を発売した欅坂46の副キャプテン・守屋茜(もりや・あかね/21)が、モデルプレスのインタビューに応じた。
モデルプレスインタビューに応じた守屋茜(C)モデルプレス
モデルプレスインタビューに応じた守屋茜(C)モデルプレス

守屋茜、アニラ日本武道館 メンバーの存在の大きさ実感

守屋茜(C)モデルプレス/ヘアメイク:陶山恵実(ROI)、スタイリスト:奥富思誉里、衣装:ジャケット・UNRELISH、ワンピース・Supreme.La.La.、靴・A de Vivre
守屋茜(C)モデルプレス/ヘアメイク:陶山恵実(ROI)、スタイリスト:奥富思誉里、衣装:ジャケット・UNRELISH、ワンピース・Supreme.La.La.、靴・A de Vivre
― 5月9日から11日にわたって3日間、東京・日本武道館で行った「欅坂46 3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE」。90分ノンストップライブは圧巻でした。

守屋:体力はある方なのですが、リハーサルから大変でした。90分ぶっ通しでライブをするなんて、今までやったことがなかったので、新しい挑戦でした。

― 辛かったことや大変だったことはありましたか?

守屋:後半になるにつれてメンバーも皆疲れてくるのですが、メンバーの頑張っている歌声がイヤモニから聞こえてくると「もっと頑張ろう!」と思えたんです。「頑張ろう」という意志で、最後までやり切れたんだと思います。

― メンバーの存在の大きさが、ライブの成功にも繋がったのですね。

守屋:はい。メンバーの存在には、いつも助けられています。

守屋茜(C)モデルプレス
守屋茜(C)モデルプレス

守屋茜、欅坂46の今後は?

守屋茜(C)モデルプレス
守屋茜(C)モデルプレス
― 写真集でのロングインタビューで、副キャプテンに選ばれた時「どうして私が副キャプテンなんだろうと思った」とおっしゃっていました。就任時に抱いていた葛藤を乗り越えたきっかけはなんでしたか?

守屋:欅坂46のメンバーとして活動していくうちに、徐々に副キャプテンとしての自覚が芽生えてきました。“副キャプテン”という立場を与えていただいたからには、私も応えたいという思いがあったので、意識が変わっていきました。

守屋茜(C)モデルプレス
守屋茜(C)モデルプレス
― 副キャプテンである守屋さんが考える、今のグループの現状や今後の目標について教えてください。

守屋:グループ全体にもいろいろと変化がある中で、新たに2期生も入ってきて、最近は一緒に活動することが増えてきたので、今は新しい欅坂46が歩み始めている途中だと思っています。私たちも変化を楽しみつつ、もっとグループとしても成長していきたいです!

― 守屋さんの副キャプテンとしてのご活躍、そして新たな魅力を発揮する欅坂46、とても楽しみにしています。ありがとうございました。

守屋茜、インタビュー裏話

守屋茜(C)モデルプレス
守屋茜(C)モデルプレス
普段から“美容番長”と呼ばれるほど、美容にこだわりのある守屋。欅坂46の8thシングル「黒い羊」に収録されている特典映像「KEYAKI HOUSE」では、お手製のスムージーをメンバーに振る舞い、「お店ができる」と絶賛されていた。

どうしてもスムージーの味が気になっていたモデルプレス記者は、簡単なレシピを聞いてみることに。守屋は「なるべく良い材料が揃えば、その方が美味しいのですが…」と前置きしつつ、コンビニエンスストアやスーパーで手軽に手に入れられる食材で作る、簡単レシピを伝授してくれた。

【材料】
・冷凍のフルーツ(ブルーベリー・ストロベリー・マンゴーなど)
・生乳100%のヨーグルト
・無調整豆乳
・黒ごま
・きなこ
・バナナ1本(ミニ情報:糖質が気になる方はバナナを半分にして調整)
・水

あったら嬉しい材料…ヘンプナッツ、プルーンを入れても◎。

<さらにミニ裏話>

守屋茜(C)モデルプレス
守屋茜(C)モデルプレス
欅坂46のデビュー当時に守屋がブログで表現したことをきっかけに、ファンのなかでも急速に広まった、「可愛い」という意味を指す言葉“キャロライン”。同グループのセンターを務める平手友梨奈の写真とともに“キャロライン”を使用したことから、平手を念頭に“キャロい”“キャロてち(=平手の愛称)”などと言われるようになった。

欅坂46平手友梨奈の“キャロ”が話題 考案者・守屋茜、浸透に本音


ファンのみならず、公式サイトやニュースでも使用されるようになり、モデルプレスも度々活用。「今後もキャロいお写真、お待ちしております」と声をかけると、守屋は「はい!」と笑顔で答えてくれた。(modelpress編集部)


欅坂46守屋茜、初水着&ランジェリー撮影 体脂肪率8%減で本格カラダ作り


守屋茜、1st写真集「潜在意識」

守屋茜1st写真集「潜在意識」通常版表紙(撮影/桑島智輝)
守屋茜1st写真集「潜在意識」通常版表紙(撮影/桑島智輝)
守屋茜1st写真集「潜在意識」Loppi・HMV版表紙(撮影/桑島智輝)
守屋茜1st写真集「潜在意識」Loppi・HMV版表紙(撮影/桑島智輝)
雑誌でビューティに関する連載も持つなど男性ファンだけでなく、女性ファンも虜にする守屋。今作は、守屋が「人生で一度は行ってみたかった憧れの国」という“地中海の宝石”モナコと、南仏ニースを巡る5日間のロケで撮り下ろし。モナコ旧市街や移動遊園地、世界中のセレブを虜にするキラキラした町並みと地中海をバックに撮影は行われた。

誰にも見せたことのない「素」の守屋が満載で、憧れの地は彼女にとっても“自身を開放できる地”だったよう。今まで誰にも見せたことのないような表情や姿を随所に収録。太陽が燦々と降り注ぐコート・ダジュール(南仏の海岸)では自身初の“エモい”水着姿を初披露する。

守屋茜(撮影/桑島智輝)
守屋茜(撮影/桑島智輝)
さらに、20歳(ロケ当時)を迎えた守屋が、アイドルの時には見せない表情で初めてのランジェリーショットにも挑戦。大人の女性へと脱皮した姿を収めた。

守屋茜(撮影/桑島智輝)
守屋茜(撮影/桑島智輝)

守屋茜(もりや・あかね)プロフィール

守屋茜(C)モデルプレス
守屋茜(C)モデルプレス
1997年11月12日生まれ。A型。宮城県出身。2015年8月、欅坂46の1期生オーディションに合格。2016年4月シングル『サイレントマジョリティー』でデビュー。以後、副キャプテンとしてグループの中心に立ち、メンバーを引っ張る立場に。特技はソフトテニス。運動が大好き。ニックネームは「あかねん」。故郷・仙台をこよなく愛する。東北楽天イーグルスの「2019イーグルスガール」のイメージキャラクターも務める。



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 欅坂46守屋茜「どうして私が副キャプテンなんだろう」葛藤乗り越えたきっかけ 今後のグループはどうなる?<1st写真集「潜在意識」インタビュー>
今読んだ記事

欅坂46守屋茜「どうして私が副キャプテンなんだろう」葛藤乗り…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事