人気モデル・林田岬優、美貌に隠された美容へのこだわり・演技への熱い思いとは<インタビュー>

【林田岬優/モデルプレス】数多くのファッション誌でレギュラー出演している林田岬優(はやしだ・みゆ)。多くのレギュラーを持ちながら、2017年は歌やグラビアにも挑戦。映画の初出演も決まっており、活躍の場をさらに拡げている。そんな林田が今注目しているコスメや普段行っている美容法、意外すぎる幼少期の夢などを語ってくれた。
人気モデル・林田岬優、美貌に隠された美容へのこだわり・演技への熱い思いとは<インタビュー>(提供元:OPERA)
人気モデル・林田岬優、美貌に隠された美容へのこだわり・演技への熱い思いとは<インタビュー>(提供元:OPERA)

目次

  1. 1. 林田岬優、小さい頃の夢は「ピエロ」
  2. 2. 林田岬優が尊敬する女優とは
  3. 3. ケアは“習慣”にすることが大切
  4. 4. 林田岬優「気が付いたらこのリップずっと使ってる」
  5. 5. 楽しいことに目がない林田岬優の目指す先は
  6. 6. 林田岬優(はやしだ・みゆ)プロフィール

林田岬優、小さい頃の夢は「ピエロ」

― 数多くの女性誌レギュラーを持つ中、2017年は色々なことに挑戦されていましたね。

林田:新しいお仕事がたくさんあって、全部楽しくやらせて頂きました。でも、新しい悩みも出てきちゃって…。「もっとこうしてみたい」って、さらにやりたいことが膨らんじゃうんです。欲張りなんですよね(笑)。

― 歌にも挑戦されていましたが、「どうすればもっと上手に歌えるのか」とか?

林田:そうです。レコーディングをしたのは初めてだったんですけど、歌うのは大好きなんです。でもレコーディングってカラオケとは全然違うじゃないですか。だから家のピアノで音を取りながら歌の練習をしていました。

― 音楽のお仕事に興味を持ったのは最近ですか?

林田:音楽は昔から邦楽・洋楽・クラシックと大好きだったのですが、音楽を仕事にするのはあまり考えたことはありませんでした。幼稚園の頃の夢は「ピエロ」でしたから(笑)。

― ピエロだったんですね(笑)!そこからモデルに?

林田:その頃から人を楽しませたい気持ちはあったみたいで。それからTVや雑誌を見て、「モデルさん楽しそう。やってみたい」ってなっていきました。

林田岬優(提供元:OPERA)
林田岬優(提供元:OPERA)
― 2017年はグラビアも挑戦されましたが、お話が来た時も悩まず?

林田:そうなんです。自分がやってみたらどんな感じになるのかなって。それに女性誌だけじゃなくて男性誌にも挑戦すれば、色んな方に知っていただけるきっかけにもなると思ったからです。実際にInstagramに男性からのコメントも増えました。2017年に挑戦したことが全部、糧になっていると感じます。

― お話を聞いているとすごく明るくてアクティブで。お写真で見るのとは違う魅力を感じます。

林田:でも、ものすごく悩むんですよね。「ネガティブモード入ったね」ってマネージャーに言われることもあって。小学校の時とかは皆と遊ぶというよりは、一人で本読んでるタイプでした。でも元々はピエロになりたかったんですけどね(笑)。

ムードある表情も魅力的な林田岬優


林田岬優(提供元:OPERA)
林田岬優(提供元:OPERA)

林田岬優が尊敬する女優とは

― 今年は6月23日に全国公開される「猫は抱くもの」への映画初出演も決まりましたね。

林田:ありがとうございます!ドラマに出たことはあったんですけど、映画は全然違いました。決まった時はすごく嬉しかったんですけど、「私で大丈夫かな」っていう不安もありました。その不安をかき消せるように、出来る出来ない以前に「とにかく一生懸命やろう」「限界を作らずに突っ走ろう」と思って、切磋琢磨しました。でも、それもすごく楽しくて。共演した方もスタッフさんもみんな素敵で、あっという間の一ヶ月半でした。

― 主演の沢尻エリカさんの印象はいかがでしたか?

林田:優しくて強くて、同じ女性としてとても憧れます。撮影の合間に、お芝居のことを聞いたら優しく教えてくれました。「自分のペースで大丈夫だよ」って言ってくださって、とても楽になりました。ものすごく素敵で尊敬できる方です。

沢尻エリカ/6月23日(土)新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他、全国公開!<br>
(C)2018 『猫は抱くもの』製作委員会
沢尻エリカ/6月23日(土)新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他、全国公開!
(C)2018 『猫は抱くもの』製作委員会
― Instagramに映画の感想などもアップされていますが、よく映画は観に行くんですか?

林田:中高生くらいから映画をよく観るようになって。感覚的に昭和の雰囲気が好きで昔の映画もよく観るんですけど、その頃の女優さんってスクリーン上だとまだ20歳なのに、すごく大人っぽくて凛として肝が座って見えるんですよね。私はもう24歳なのに「昔の女優さんはなんてすごいんだ!」って。沢尻さんもそういう雰囲気がある気がします。

― 昔の映画をよく観るのは、昭和のカルチャーに憧れたり?

林田:すごくあります。昭和に生まれたかったって思う。すごい羨ましいなって。携帯のない時代に憧れるんです。待つことが苦手で、それって携帯のせいじゃないかって思ってるんですよ。今は分からないことがあっても調べれば答えもすぐ見つかっちゃうし。

林田岬優/6月23日(土)新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他、全国公開!<br>
(C)2018 『猫は抱くもの』製作委員会
林田岬優/6月23日(土)新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他、全国公開!
(C)2018 『猫は抱くもの』製作委員会

ケアは“習慣”にすることが大切

― 撮影で一日に何回もメイクをすることもあると思うんですが、どのようなケアを行っていますか?

林田:撮影が終わったらすぐメイクを取って、スチーマーの蒸気で肌を保湿させています。その後に化粧水を丁寧に塗り込みます。寝る前はちゃんとリップを塗るのと、爪にオイルを塗って、あと全身にボディクリームを塗ります。ちゃんと寝て、お肌を回復させるのも意識していますね。

― やっぱり睡眠は大切?

林田:お正月にたくさん睡眠をとったら痩せたんですよ!よく食べ、よく遊んで、お正月らしいお正月を過ごしたんですけど。睡眠はお肌にも身体にもいいんだと改めて実感しました。

― 毎日のケアは忙しい時でも欠かさずに?

林田:ベッドの横にケアグッズが置いてあるので、ごろごろしながら出来るんです(笑)。最悪、丁寧じゃなくてもいいから、とりあえずケアするようにしています。やらないと気持ち悪いっていう風にしちゃえば、忙しくてもできちゃいますね。

― 習慣にすることが大切なんですね。

林田:そうですね。ジムもパーソナルトレーニングを始めてもう2年くらい経つんですけど、前は本当に運動が嫌いで…。出来ることならトレーニングを避けてモデルを出来ないかなって考えたんですけど、今じゃもうジムへ行かないと気持ち悪いんです。

林田岬優(提供元:OPERA)
林田岬優(提供元:OPERA)
― 映画は外での撮影もあったと思うんですが、その時はどのようなケアを?

林田:携帯用のスチーマーを持っていました。水素の蒸気が出て、お肌がツヤツヤになるんですよ。電話の子機くらいの大きさで、充電式なんです。あとハーブティーをずっと持ち歩いていました。ロケ弁が続いて油を取りすぎちゃった時に飲んでいましたね。映画の合間にも別の撮影が入っていたので、疲れた顔にならないよう気をつけていました。

林田岬優「気が付いたらこのリップずっと使ってる」

― 林田さんが自身でメイクをする時に心がけていることはありますか?

林田:やっぱりバランスですね。ファッションと一緒で、バランスを考えます。アイメイクに色をしっかりいれたら、チークとリップは抑えめにして。あとは色味のバランスも見ながら。

― メイクでファッションを変えることも?

林田:ありますね。このリップをしたいって思ったらファッションをどうするか考えたり。逆に着たいお洋服があれば、メイクを合わせていく感じです。

― 林田さんがイメージモデルをしている「OPERA(オペラ)のリップ」からピンクとバーガンディの2色が登場しましたが、取り入れ方のコツを教えてください。

林田:バーガンディは、見た目だけだと少し挑戦しづらいと思う方もいるかもしれないんですけど、「OPERA」はそんなことなくて。すごく発色が良いのになじむので、使いやすいし、アイメイクとかチークを抑えめにして、バーガンディを際立たせると、いつもと雰囲気を変えられて、楽しめるんじゃないかなと思います。色がすごくきれいなので、メイクのポイントにしてもらって。

リップティント-08-バーガンディキス(提供元:OPERA)
リップティント-08-バーガンディキス(提供元:OPERA)
― 今までバーガンディに挑戦できなかった方にも良さそうですね。

林田:そう!例えばベーシックなものが好きな女の子でも、ちょっと雰囲気を変えたい時につけられると思います。ちょっと個性を出せるのが魅力ですね。

― ファッションもバーガンディの色に合わせると綺麗に見えそうですね。ピンクはいかがですか?

林田:見た目は可愛いらしいのですが、付けると上品で落ち着いている色味です。なので普段のアイメイクやチークの中に唇をなじませてあげるように塗ると、すごく使いやすいと思います。肌にも馴染みやすい色だと思うので、迷ったらこれですね。ポーチに一個入れておくのもいいなと思います。

― ピンクだけど甘すぎないというか。

林田:そうなんですよね。そこがすごく魅力。「OPERA」って特に日本人に合うリップだなと思っているんです。「あれ、気付いたらこのリップずっと使っているな」と思えて、日々、女の子に寄り添ってくれていると感じます。

― 「OPERA」にはどんなイメージを持っていますか?

林田:人って目の次に唇を見るって言うじゃないですか。あるいは、唇を先に見る人もいるって。だからやっぱり、唇のケアも普段使うコスメも大事にしたいって思うんです。そういう想いをすごく応援してくれるブランドだなって感じます。バーガンディの色味が強すぎないのも「OPERA」の魅力で、普段使いしやすいようにすごく考えられてるなって思います。使い心地もすごくいいから、ずっと使えるし。

全色見る


シアーリップカラー-N-36-カシスバーガンディ(提供元:OPERA)
シアーリップカラー-N-36-カシスバーガンディ(提供元:OPERA)
シアーリップカラー-N-306-ピンクラズベリー(提供元:OPERA)
シアーリップカラー-N-306-ピンクラズベリー(提供元:OPERA)

楽しいことに目がない林田岬優の目指す先は

― 林田さんが今後挑戦してみたいことはありますか?

林田:舞台ですね。舞台を観に行くのがすごく好きで、1回で理解できなかったりするので2回観に行くこともあって。2回目だと1回目で気付かなかった新しい発見もあって楽しいんです。

― 映画とは違った魅力がありますよね。挑戦してみたいと思ったきっかけは?

林田:舞台シーンの演技をすることがあって、それがすごく楽しかったんです。実際の舞台はもっと大変なんだとは思うんですけど、舞台を観てるとさらに「やってみたい!」って気持ちになります。

― 今年はそういう機会があるといいですね。

林田:あると嬉しいです!でも、今のお仕事も大事にしていきたいとも思っています。新しいことばかりに手を出さず、今あるものを今まで以上に大事にしながら、少しずつ幅を拡げていければなと思います。そうしたら私も深みのある女性になれるんじゃないかなって。

― モデルとして2018年の目標はありますか?

林田:ポーズが同じになっちゃったり、ルーティンにならないように、常に自分の感性を磨いておきたいと思っています。インプットしたものをしっかりアウトプットできるように。常に新鮮さを感じる写真を残せるようにしたいなって思います。

林田岬優(提供元:OPERA)
林田岬優(提供元:OPERA)
― それでは最後に林田さんの夢を叶える秘訣を教えてください。

林田:夢を夢と思わずに、目標にすること。そうすることで、自分が今それに向かって何を頑張ればいいかのか明確になると思います。

― ありがとうございました。

ファッション誌で見せるフェミニンな印象とは違い、常に笑顔で取材に応じてくれた林田。天真爛漫で気取らない性格の彼女は、周りも自然と笑顔にさせる不思議な魅力がある。2018年は昨年以上に様々な顔を見せてくれると感じるインタビューとなった。(modelpress編集部)[PR]提供元:イミュ株式会社

林田岬優(はやしだ・みゆ)プロフィール

林田岬優(提供元:OPERA)
林田岬優(提供元:OPERA)
生年月日:1993年11月23日生
出身:愛知県
血液型:O 型
身長:171cm
特技: ピアノ、チェロ、書道
好きな言葉:「everyday is special」
モデルプレス

関連リンク

モデルプレス - 人気モデル・林田岬優、美貌に隠された美容へのこだわり・演技への熱い思いとは<インタビュー>
今読んだ記事

人気モデル・林田岬優、美貌に隠された美容へのこだわり・演技…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事