<欅坂46志田愛佳・渡邉理佐【インタビュー完全版】>「紅白」過呼吸の舞台裏&「不協和音」、内村光良コラボ、お正月休み、10代でやっておきたいこと、2018年“前のめりな”目標…

【志田愛佳・渡邉理佐/モデルプレス=1月19日】欅坂46が1月8日、千葉県・幕張メッセで個別握手会を開催した。昨年大みそかに生放送された『第68回 NHK紅白歌合戦』では『不協和音』のパフォーマンスに絶賛の声が寄せられた一方、総合司会・内村光良(ウッチャンナンチャン)とのコラボレーション後に数人のメンバーが過呼吸のような状態になり、心配の声が殺到していたが、メンバーはこの日、紅白後初めてのイベントでファンに元気な姿を見せた。
モデルプレスのインタビューに応じた志田愛佳(左)と渡邉理佐(右)(C)モデルプレス
モデルプレスのインタビューに応じた志田愛佳(左)と渡邉理佐(右)(C)モデルプレス
モデルプレスはイベントの舞台裏にて、体調不良を心配された張本人である志田愛佳(しだまなか・19)と、仲が良いことで知られる渡邉理佐(わたなべりさ・19)の2人に取材。『不協和音』や内村とのコラボなど紅白を振り返ってもらったほか、お正月休みのプライベートや、ラスト10代への抱負を語ってもらった。※1月10日に掲載したインタビューの完全版。2人の受け答えや空気感をそのままお届け♪

欅坂46志田愛佳・渡邉理佐「紅白」過呼吸の舞台裏&「不協和音」を笑顔で語った!


志田愛佳&渡邉理佐「紅白」過呼吸の舞台裏&『不協和音』を語る

― あけましておめでとうございます!メンバーが集まるお仕事は2018年初めてですね。まずは「紅白」を改めて振り返っていただきたいなと。1度目の『不協和音』のパフォーマンスは過去最高の出来だった言えるくらい鬼気迫るものでした。

渡邉:やっぱり2017年、最後のステージということで、みんなすごく気合いが入っていました。一人ひとりが思いを込めてパフォーマンスできたんじゃないかなと思います。

志田:年末に向かっていろんな音楽番組があるなかで『不協和音』は唯一紅白だけだったので、振り固めとかみんな気にしながら、リハーサルから本番の意識で気持ちを込めてやっていました。

― 一昨年の初めての「紅白」と比較するといかがでしたか?

志田:本番前のドキドキというか、そわそわ感というか、今回の方が落ち着きがなかったです。それくらい気持ちが高まっていました。

渡邉:確かに。

志田:久しぶりにすごくね。

渡邉:あんなに緊張したのは久しぶりすぎて。

志田:みんなずっと「大丈夫、大丈夫」って言いながら移動していました(笑)。

― それは年に1度の紅白という大舞台だったから?久しぶりの『不協和音』だったから?

渡邉:久しぶりの『不協和音』の披露だったということに、紅白という本当に大事な場所でっていうのが重なって、みんな本当にそわそわしていました(笑)。

― 『不協和音』は幕張メッセでの全国ツアーファイナル(8月31日)、10月の音楽番組収録以来でしたからね。紅白で『不協和音』を歌うのはいつから聞いていたんですか?

渡邉:12月に入ってからだったと思います。

志田:でもみんな予感はしていましたし、『不協和音』でいきたい、とはみんな言っていました。

― なるほど。それくらい皆さんにとって特別な曲ということですね。1回目のパフォーマンスから約20分後に内村さんとのコラボステージがありました。そこで志田さんはじめ、平手(友梨奈)さん、鈴本(美愉)さんの3人が歌唱後、過呼吸になったのですが…。

志田:(笑)。

渡邉:笑っちゃった(笑)。

一同:(笑)。

― 『不協和音』はセンセーショナルなメッセージ性とダンス、そしてダークな世界観を持ち、欅坂46のアイデンティティーを体現する楽曲として高い評価を受けながらも、今回の紅白をきっかけに一部のファンからは『不協和音』という楽曲自体を不安視する声も上がりましたが、2人はこの曲にどんな思い入れを持っていますか?

志田:今ある持ち曲のなかで一番欅らしさが出せる曲です。

渡邉:歌詞も共感するところがすごく多くて、同じ世代の人たちが思っているけど言えない気持ちみたいなものを表現していると思います。

― ダンスの激しさも指摘されましたが、やはり相当な体力を使いますか?

渡邉:一番使います。

志田:私は倒れるくらいやらないとやりきった感がなくて…。ライブとかではこれまでもこの曲で何度か過呼吸になっています。

渡邉:そうだよね、なので紅白の日も「よしよし」って(笑)。ふらふらしていたので、支えながら楽屋に連れていきました。(平手と鈴本も)近くにいるメンバーが声をかけ合いながら支えていましたね。

志田:でも私は今回こうなってしまったことを後悔してなくて。というより普段ニュースをあまり見ないので、ここまで深刻な感じになっていることがびっくり…。とにかく紅白本番は出し切れたので満足しています。

志田愛佳&渡邉理佐、内村光良とのコラボ後…

― 内村さんとのコラボは振り返ってみていかがですか?

志田:内村さんが舞台で完コピしてくださったことはメンバーみんな以前から知っていて。なので「お話をいただいたときは本当に喜んで、リハーサルのときも歓声が上がりました。

渡邉:いつかお会いしてみたいと思っていたので本当に嬉しかったです。

― 終わった後、内村さんとなにかお話しをしたり、交流をしたり、などはあったんですか?

渡邉:番組が終わった後に内村さんのところに挨拶に行かせていただきました。全員で色紙などをお渡しできて、それも嬉しかったです。

志田:私は楽屋で休んでいたので行けなかった。でもいつか一緒に踊れて嬉しかったことを伝えたいです。今回、1回目の披露で出し切っちゃって…。でも内村さんとのコラボも絶対に出たい気持ちが強くて「とりあえず立たなきゃ」と思って。一回ダメになったんですけど、すぐに立って。それくらい夢の舞台でした。

志田愛佳&渡邉理佐のお正月休み

志田愛佳&渡邉理佐(C)モデルプレス
志田愛佳&渡邉理佐(C)モデルプレス
― お正月はどのように過ごしましたか?

渡邉:私は実家に帰って、家族や友だちと過ごしました。ゆっくり、のんびりでリフレッシュできました。

志田:私も実家に帰って、数少ない(笑)友だちと、ドライブとかに行きました。

志田愛佳“10代最後の年のお願い”が悪くて可愛い

― 今日、世の中は成人式です。来年は2人も成人式ですが、今のうちにやっておきたいことはありますか?

志田:う~ん、未成年でいられる最後の子どもの年なので、最近は例えば紅白のときも、衣装を自分でかけられないからお願いしたり…(笑)。そういう甘えることをたくさんやっています(笑)。20歳になったらやるからお願い!今回だけは許して!って衣装さんに(笑)。

― 悪いですね(笑)。では今年1年はそういう甘えをし続ける?

志田:はい、とりあえず怒られるまではちょっと続けたい(笑)。

― (笑)。渡邉さんはいかがですか?

渡邉:たぶん叶わないのはわかっているんですけど、免許を取りたいです。

志田:絶対に言うと思った。去年からずっと言っているよね。

渡邉:車がほしくて。そのためには免許をまず持たないということで免許がほしいんです。

― 忙しくてなかなか難しいですよね、メンバーの方で持っている方はいるんですか?

志田:1人もいないです。

渡邉:いないですね。

志田:でもいらなくない?

渡邉:え、運転したい。

志田:いや、それ言ったら私も運転したい(笑)。

渡邉:したいでしょ?

志田:友だちがしているのを見ると。

渡邉:そう、羨ましくて仕方がなくなる。

志田:確かに。すごく羨ましい。

志田愛佳&渡邉理佐、2018年“前のめりな”目標

志田愛佳&渡邉理佐(C)モデルプレス
志田愛佳&渡邉理佐(C)モデルプレス
― お仕事面ではどうですか?せっかくなのでちょっと2人の前のめりな目標を聞きたいです(笑)。

一同:(笑)。

志田:先に言って。

渡邉:いいよ、先に言いなよ。

― こうなることを少し予想していました(笑)。渡邉さんにはぜひ『non・no』の表紙を飾っていただきたいです!

志田:そうだ、『non・no』の表紙って言ってほしい(笑)。

渡邉:いやいや(笑)。早く先にお願い!

志田:え~、でもありきたりなのは言わない!

― 野望とか大きなことでもいいですよ。

志田:ブランドを立ち上げたいです。あと駐車場を買いたいです。

― 駐車場?

志田:土地を買って、毎月お金が入ってくる駐車場を買う(笑)。

渡邉:そうなの?経営者?すごい。

志田:経営したいの。

― (笑)。ブランドはどんな?

志田:ブランドというか服とか雑貨のプロデュースに興味があります。

― 今でも趣味などで服のデザインを書いたり作ったりしているんですか?

志田:ちょっとだけしています。昔から縫うのも好きです。

イジられて頬を膨らます渡邉理佐が可愛すぎた

― では渡邉さんもそろそろ…(笑)もうすぐ専属モデルになって1年ですね。

渡邉:(「表紙をやりたい」と言わざるをえない雰囲気に…)ちょっと!(笑)

一同:(笑)。

渡邉:なんだろう、一つひとつのお仕事を丁寧にやりたいですね。

志田:そんなの求めてないって(笑)。

渡邉:ちょっと(笑)。そんな表紙をやりたいなんて恐れ多くて言えないです。…でももしやらせていただけることがあれば、それは本当にありがたいです。

― モデルのお仕事には慣れてきましたか?

渡邉:少しずつです。撮られているときの主役は自分ではなくお洋服、その服をどのようによく見せるのか、毎回、勉強になることばかりで、次に活かそうと頑張っています。

― 志田さんから見て、渡邉さんはモデルっぽくなりましたか?

志田:いろんな撮影があるんですけど、スタッフさんが理佐のポーズ変えが速いみたいなのは聞きました。なんかパンパンパンパンって。すごいなって思います(笑)。

渡邉:そうやって!も~う。

志田:だって私はそんな風に動けない(笑)。

― 渡邉さんから見て、志田さんの野望はいかがですか?

渡邉:古着とか好きですし、好きなものを貫いていていいなと思います。

― プロデュース業は向いていそうですか?

渡邉:はい、ぜひやってみてほしいです!(笑)

志田:駐車場もね(笑)。

渡邉:うん、そうだね(笑)。

志田愛佳&渡邉理佐、ファンにメッセージ

志田愛佳&渡邉理佐(C)モデルプレス
志田愛佳&渡邉理佐(C)モデルプレス
― では最後にファンにメッセージをお願いします。

渡邉:私は元気です。ツアーとかも含めいろいろ心配させてしまった面もあったと思うので、今年はそういうことをカバーしながら、またたくさんの方に欅坂46を知ってもらえるような活動をしていけたら良いなと思います。

志田:“大丈夫”ブログを書いてなくてすみません。ご心配をおかけしましたが私は元気ですし、2018年またメンバー全員でいろいろと頑張っていきますので応援よろしくお願いします。(※取材の数日後、1月10日にブログを更新)

― ありがとうございました。

インタビューメモ/もう彼氏と彼女…

欅坂46にとって紅白後初めてのイベント、初めての媒体取材、しかも過呼吸になった志田さんにお話を聞くことになり、こちらもかなり構えて取材に臨んだが、「過呼吸」のことに触れた瞬間に志田さんが笑ったことで一気に緊張感はなくなった。当の本人たちがここまで話してくれるとは正直思っていなかった。体調不良を起こすのが常時的になるのはもちろん良くない。実際、紅白のパフォーマンスを機に様々な報道はされてしまったのも事実。しかし当の本人たちは意に介さないというか、自分たちが見せたいものを妥協せずに全力でやった、ただそれだけのことだったかもしれない。

あと……改めて今回、この2人のペアは最高だな、と。志田さんに同席したメンバーが渡邉さんじゃなかったら、また違った雰囲気と内容になっていたかも。“志田理佐”“もなりさ”“ザ・クール”……ファンが2人を呼ぶときの愛称は数知れず。冠番組『欅って、書けない?』の企画「2人ロケフィーリングカップル」では相思相愛ぶりを見せつけるなど、かねてからファンも大好きなコンビ。この日もどちらかが回答に困っていたらフォローする姿がとても微笑ましかった。

でも……最初はどちらかと言うと紅白の話ということもあって渡邉さんが志田さんをフォローする感じだったが、徐々にアクセルを踏み出した志田さんが渡邉さんをイジるようになって。それに照れて頬を膨らます渡邉さんがなんとも言えないくらい可愛いというか、もう彼氏と彼女(笑)。同い年で同じ空気感を持つ2人で、2018年も欅坂46をぜひ盛り上げていってもらいたい。


(modelpress編集部)

志田愛佳(しだ・まなか)プロフィール

生年月日:1998年11月23日/星座:いて座/身長:165cm/出身地:新潟県/血液型:A型

渡邉理佐(わたなべ・りさ)プロフィール

生年月日:1998年7月27日/星座:しし座/身長:163cm/出身地:茨城県/血液型:O型

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - <欅坂46志田愛佳・渡邉理佐【インタビュー完全版】>「紅白」過呼吸の舞台裏&「不協和音」、内村光良コラボ、お正月休み、10代でやっておきたいこと、2018年“前のめりな”目標…
今読んだ記事

<欅坂46志田愛佳・渡邉理佐【インタビュー完全版】>「紅白」…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事