岡崎体育(C)モデルプレス

“女性人気上昇”岡崎体育、実際はモテてるんじゃないか説を確認してみた<モデルプレスインタビュー>

2017.10.05 16:49

ユニークな楽曲で話題を集めて人気急上昇し、女性からも支持を得る歌手の岡崎体育。モデルプレスはこのほど、岡崎体育に“女子ウケ”している現状など数々の疑問をぶつけてみた。

岡崎体育に取材を行ったのは、テレビ朝日系の音楽番組「ミュージックステーション ウルトラFES 2017」(9月18日放送)の舞台裏にて。この日は、世に溢れる楽曲の“あるある”を歌詞で説明する曲「Explain」を披露し、MCのタモリから曲が“よくできている”と評価を受けると「エンターテインメントを人生かけてやってるのでうれしかった」と喜んでいた。

ブームを迎え、女性にもてるようになったのか聞く

-岡崎体育さんは女性にも人気ですよね。

岡崎:あら!本当ですか。意外ですね。

-そのリアクションですと“女子ウケ”について実感されてないようですね。

岡崎:そうですね、よくTwitterで見るのは「岡崎体育、“普通に”好みやねんけど」って。いや、“普通に”いる?っていう。ワンクッション置かれるんですよね…。

-(笑)

岡崎:「世間一般的には評価低いけど私だけは好きよ」みたいなことをよく書かれがちですね、イレギュラーな感じで。

-イレギュラー(笑)

モデルプレスの見解としては、女性たちの“岡崎体育さんが好き”という意思表示は、“オシャレである”、“音楽に通である”などという感じがするためではないかと。


岡崎:通かどうかはわからないですけど、岡崎体育好きって言っといたら、“私メンクイじゃないですよ”みたいな見せ方じゃないかと...。

―めちゃくちゃネガティブですね(笑)

岡崎:僕、卑屈なので…。

岡崎体育の音楽を良いものだと思ってくれて、それを言及して拡散してくれるのはうれしいですし、初めてお会いする方も“MVみました!”と言ってくれる方がたくさんいらっしゃるのはうれしいです!

-急激なブレークを迎えて、まわりの環境に変化はありましたか?例えば急激にモテ出した...とか。

岡崎:いや...それがモテてないんですよね。メジャーデビューして一年半経ちますけど、女性と連絡先交換したことなくて...。ね、これ使えますか?(マネージャーに確認)

マネージャー:使えます。

“初心者体育”は岡崎体育のこれを聴け

-モデルプレス読者の“初心者体育”に向けて、まずはこれを聴け!という曲があれば教えてほしいです。

岡崎:今YouTubeに上がっているものだと「MUSIC VIDEO」という曲と、今年の6月にアルバムを出したんですがその中に収録されている「感情のピクセル」とか。

-動物の。


岡崎:そうです。動物がうんぱっぱするやつです。

-ウンパッパ(笑)

岡崎:あとは「Natural Lips」とか、その3曲から入っていただくとなんとなく僕のキャラクターがわかっていただけるのではないかと思います。


-MステウルトラFESで披露した「Explain」も良さそうですね。

岡崎体育(C)モデルプレス
岡崎体育(C)モデルプレス
岡崎:そうですね、まさに“What's 岡崎体育”ですからね。ファーストアルバム「BASIN TECHNO」に入ってます!

岡崎体育の夢を叶える秘訣がアツい、と思ったのに…

-では最後に岡崎体育さんが考える夢を叶える秘訣を教えてください。

岡崎:僕の場合、エンターテインメントとして人を楽しませるための仕事ですが、最近思ったのは人を楽しませるためには“自己犠牲”が必要なのかなと。

―自己犠牲。

岡崎:僕は祖父母と昔から一緒に暮らしていて、おじいちゃんとよく小さいころに将棋をやってたんですけど、明らかにおじいちゃんの方が強いはずなのに負けて“僕が勝ったー!”って、楽しませてもらってたんですよ。

今考えたらそれって、おじいちゃんが自分を犠牲にしてわざと負けてくれてたと思って。

僕も今の仕事では自分を卑下して、ネットで叩かれるようなことを恐れずにやることで、楽しんでくれる人がいるんじゃないかなって。身を削ってエンターテインメントすることが大事かなと“昨日の寝る前くらいに思って”。

-!!!(笑)すごく深みのある話で感動していたのに最後の一言で一気に浅くなりましたね。

岡崎:本当に寝る前に思いついてメモ帳に書いたんですよ。ほら!時間見てください。

おもむろにスマホのメモ帳を見せる岡崎体育(C)モデルプレス
おもむろにスマホのメモ帳を見せる岡崎体育(C)モデルプレス
-!!!!

岡崎:これを何かで使おうと思っていたら、こんなにすぐ言える時がくるなんて…。

-(笑) でもたしかに曲を通して自己犠牲をされてますけど、タモリさんも絶賛していましたし、叩かれるどころか応援されている風潮ではないですか?

岡崎:こいつ身を削ってやっとんな…と思ってくださる方は応援してくださいます。それをわかっていただけなくても、活動はこの先何年もやっていくので。その中でやっぱこいつ頑張ってるなって思ってくれる人がいたら嬉しい。

音楽やエンターテインメントに限らず、例えばスーパーのレジでも、自分がすごく疲れていても笑顔で接することでお客さんに喜んでもらえるだろうし、どの職種でも自分を犠牲にすることは夢や目標を掴むための一歩になるんじゃないかなと昨日の夜考えました。

-…最後の一言で全てがことごとく台無しになる(笑)

素敵なお話をありがとうございました!改めて魅力を再発見できた気がします。

岡崎体育 プロフィール

岡崎体育(C)モデルプレス
岡崎体育(C)モデルプレス
おかざきたいいく。1989年7月3日生まれ、京都府在住。同志社大学卒業。自身が作る音楽を「盆地テクノ」とし、2012年より関西を中心に活動。

2016年5月に全曲の作詞・作曲・編曲を1人で手がけたアルバム「BASIN TECHNO」でメジャーデビュー。ユニークな楽曲が話題となり、男女問わず人気急上昇中。
【Not Sponsored 記事】

関連記事

  1. Fukase&きゃりーも「元気でる」「めっちゃよかった」と絶賛 “あるある”詰め込んだ「MUSIC VIDEO」が話題
    Fukase&きゃりーも「元気でる」「めっちゃよかった」と絶賛 “あるある”詰め込んだ「MUSIC VIDEO」が話題
    モデルプレス
  2. 元テラハ美女、ビキニ姿でサイパンの“地上の楽園”へ 「1番思い出に残った」体験も明かす
    元テラハ美女、ビキニ姿でサイパンの“地上の楽園”へ 「1番思い出に残った」体験も明かす
    女子旅プレス
  3. 透明感溢れる天使の唇。プチプラブルーグロス5選
    透明感溢れる天使の唇。プチプラブルーグロス5選
    モデルプレス
  4. 本好きのための夢のブックイベント、虎ノ門ヒルズで初開催 人気書店や古書店と楽しむ読書の秋
    本好きのための夢のブックイベント、虎ノ門ヒルズで初開催 人気書店や古書店と楽しむ読書の秋
    女子旅プレス
  5. 大好きな彼から別れ話!復縁の可能性が上がる別れかたとは…
    大好きな彼から別れ話!復縁の可能性が上がる別れかたとは…
    愛カツ
  6. 当てはまったら要注意! 母親想いとマザコン男子のサイン3つ
    当てはまったら要注意! 母親想いとマザコン男子のサイン3つ
    愛カツ

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 村重杏奈“キュンとした”体験を告白「弟が反抗期みたいで…」<インタビュー>
    【PR】村重杏奈“キュンとした”体験を告白「弟が反抗期みたいで…」<インタビュー>
    アンド・ナイン 株式会社
  2. グラビア界衝撃の新人・榎原依那に無限の可能性「清楚キャラと思われてるかもしれないですけど…」<モデルプレスインタビュー>
    グラビア界衝撃の新人・榎原依那に無限の可能性「清楚キャラと思われてるかもしれないですけど…」<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  3. 「胸の大きさがコンプレックスだった」デビューから完全無欠の榎原依那、グラビア挑戦のうらにあった決意を語る<モデルプレスインタビュー>
    「胸の大きさがコンプレックスだった」デビューから完全無欠の榎原依那、グラビア挑戦のうらにあった決意を語る<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  4. Kep1erユジン・シャオティン・イェソ、“3人”への強いこだわりと共通点「Kep1going」はデビュー曲「WA DA DA」から全て繋がっていた【ユニットインタビューVol.3】
    Kep1erユジン・シャオティン・イェソ、“3人”への強いこだわりと共通点「Kep1going」はデビュー曲「WA DA DA」から全て繋がっていた【ユニットインタビューVol.3】
    モデルプレス
  5. &TEAM・NICHOLAS&MAKI、好きなファッション仕事に喜び「DIESEL SHIBUYA」オープニングレセプションインタビュー
    &TEAM・NICHOLAS&MAKI、好きなファッション仕事に喜び「DIESEL SHIBUYA」オープニングレセプションインタビュー
    モデルプレス
  6. 山下幸輝、裏設定から得た役作り 伏線張ったシーンも明かす「全部裏切っていくところが魅力」【「アンチヒーロー」インタビュー】
    山下幸輝、裏設定から得た役作り 伏線張ったシーンも明かす「全部裏切っていくところが魅力」【「アンチヒーロー」インタビュー】
    モデルプレス
  7. &TEAM最年少MAKI、グループチャットで「Kくんの気持ちを1回経験してみたい」実家での家族エピソードも【インタビュー連載ソロ編Vol.2】
    &TEAM最年少MAKI、グループチャットで「Kくんの気持ちを1回経験してみたい」実家での家族エピソードも【インタビュー連載ソロ編Vol.2】
    モデルプレス
  8. TEMPESTハンビン、よく聴く日本アーティストの楽曲とは「メロディーがすごく大好き」<インタビュー連載>
    TEMPESTハンビン、よく聴く日本アーティストの楽曲とは「メロディーがすごく大好き」<インタビュー連載>
    モデルプレス
  9. Kep1erマシロ、苦難乗り越えて得た“かけがえのない宝物” チェヒョン・ヒュニンバヒエにとってのメンバーの存在【「Kep1going」ユニットインタビューVol.2】
    Kep1erマシロ、苦難乗り越えて得た“かけがえのない宝物” チェヒョン・ヒュニンバヒエにとってのメンバーの存在【「Kep1going」ユニットインタビューVol.2】
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事