窪田正孝、新田真剣佑との“超至近距離”撮影で考えていたことは?憧れのきっかけ「カノ嘘」トークも<僕たちがやりましたインタビュー>

参照回数:562,202

【窪田正孝・新田真剣佑/モデルプレス=8月29日】俳優の窪田正孝が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系の7月期“火9”ドラマ『僕たちがやりました』(毎週火曜よる9時~)。今作は、約120万部(電子版も含む)を突破する金城宗幸氏と荒木光氏の人気漫画をドラマ化。ゴールデンタイムの放送でありながら、高校生らしい下ネタなど過激な描写が「攻めてる」と話題を集め、原作再現度の高さでも好評を得ている。今回、モデルプレスでは、そんな同作より、主演の窪田、共演の新田真剣佑にインタビューを行った。
モデルプレスのインタビューに応じた窪田正孝、新田真剣佑(C)モデルプレス
モデルプレスのインタビューに応じた窪田正孝、新田真剣佑(C)モデルプレス

「攻めてる」と話題の「僕やり」

「僕やり」関連記事をまとめてチェック!


何事も“そこそこ”で生きていければいいと思っている凡下(ぼけ)高校2年生の増渕トビオたちが、ちょっとしたイタズラ心で復讐を企てた結果、“爆破事件の容疑者”になってしまい、事件をきっかけに初めて生きることに必死になる“青春逃亡サスペンス”。

窪田は主人公トビオ役、新田は凡下(ぼけ)高校の向かいにあるヤンキーの巣窟として知られる矢波(やば)高校の市橋哲人役。ほか、トビオの幼なじみ・蓮子を永野芽郁、トビオの同級生・伊佐美を間宮祥太朗、同じく同級生のマルを葉山奨之、エロかわ系な伊佐美の彼女・今宵を川栄李奈、トビオらが通う凡下高校のOB・パイセンを今野浩喜、クールで冷酷な刑事・飯室を三浦翔平、ドラマオリジナルのキャラでトビオの担任教師・菜摘を水川あさみが演じる。

8月6日に29歳の誕生日を迎えた窪田はどこにでもいる高校生を“違和感のなく”好演、新田も警察からもマークされている“とてつもなくヤバイ男”を凄みのある演技で魅せている。ドラマ内では対立する2人だが、一度現場を離れれば、良き先輩後輩。インタビューでは、今回が初共演となる2人に、お互いのことをたっぷりと語ってもらった。

きっかけは「カノ嘘」

『僕たちがやりました』第7話より(画像提供:カンテレ)
『僕たちがやりました』第7話より(画像提供:カンテレ)
― 初共演ということですが、お互いの印象を教えてください。

窪田:どう(笑)?

新田:僕はずっと窪田さんとお芝居したいなと思ってましたから…(小声で照れながら)。

窪田:最近、マッケンのスイッチ入る瞬間が分かってきた!すごいんですよ。いきなりスイッチが入る。あとは、すごい寂しがり屋。1人で待てないから、現場に入るのもめちゃくちゃ早いよね。

新田:(笑)

窪田:この間も「なんでいるの!?」ってびっくりしました。でも、普段と(スイッチが)入ったときの差っていうのは、本当にすごくて、本番では市橋がそこにいるんですよ。獣が近づいてきたなって。本能のままに役に向かっている印象があります。

新田:本当にずっとご一緒したかったので、もう出来るだけ盗んでやろうと思って観察させていただいています。気持ち悪いくらいに。

窪田:この眼力で見られるのは…僕が女性だったらドキュンですよ!

一同:(笑)

― 観察して「ここを盗みたい」と思ったところは?

窪田:ないです(笑)。

新田:(笑)。

窪田:盗みたいと思ったけど、なかったっていうのがオチです。

新田:(笑)。実際に出来上がった映像を観ると、僕が台本を読んだとき、こういう言い方って自分の中になかったなという部分が多かったです。巻き戻しながら何回も何回も観て、「あーそうなんだ」って、「全然分かんないや」って。すごいです。

『僕たちがやりました』第7話より(画像提供:カンテレ)
『僕たちがやりました』第7話より(画像提供:カンテレ)
― 「以前から共演してみたいと思っていた」ということですが、何かきっかけになる作品があったんですか?

新田:たくさん観させていただいたんですけど、僕が出させていただいた映画「ちはやふる」の小泉(徳宏)監督が、窪田さんの出演している「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の監督で。

窪田:「カノ嘘」ですね。

新田:「カノ嘘」が公開されたとき、僕は日本に来たばっかりだったんです。来て、すぐに観たのが「カノ嘘」。あの役は本当にすごくて…。

窪田:いやいや、ベースなんて弾けるわけないって感じでしょ?(笑)

新田:本当に天才に見えたもん!

窪田:でも、あれはね…(ニヤニヤしながら、何かを話そうとする)

新田:止めてください!裏側知りたくない!夢が壊れる!!

窪田:(笑)

“超至近距離”撮影で考えていたことは…?「個人的な欲が出ちゃった」

新田真剣佑が窪田正孝を睨むシーン/『僕たちがやりました』より(写真提供:関西テレビ)
新田真剣佑が窪田正孝を睨むシーン/『僕たちがやりました』より(写真提供:関西テレビ)
― その頃からだと4年ほど。窪田さんは以前、新田さんについて「近年まれに見る美男だ」とおっしゃっていましたよね。

窪田:下の世代の中で、間違いなく1番かっこいいです。絶対に間違いないです。

新田:敵が増えますので、止めてください…。

窪田:何その目!鼻筋!めっちゃ見ちゃいますよ。髪を鷲掴みにされて、睨まれるシーンが何度かあるんですけど、顔が目の前にあって「おー!」って思ってました。威圧されてるシーンだから、僕はびびってなきゃいけないし、お腹を蹴られたりする場面もあったんですけど、心の中ではずっとそう思ってました。

― “超至近距離”のシーンでしたよね。

窪田:「何睨んでんだよ、この野郎」とか台詞で言われるんですけど、心の中では「いや、睨んでるんじゃなくて、顔を見てるんだよ」って(笑)。個人的な欲が出ちゃったっていう(笑)。

― 新田さん、べた褒めされていますが。

新田:そうだったのかー…。

窪田:そうだよ。

新田:今、初めて聞きました。芝居中にそんなことを…(笑)。そのとき言われなくてよかったです(照)。

窪田:マッケンは、すごくシャイなんですよ。自分のことを言われるの苦手だもんね。

新田:そうなんです。ありがとうございます。

窪田:分かる分かる。褒められるの苦手だもんね。

『僕たちがやりました』第7話より(画像提供:カンテレ)
『僕たちがやりました』第7話より(画像提供:カンテレ)
― お兄ちゃんと弟のような。普段もこういう関係性で?

窪田:(葉山)奨之がいると変わるかな。

新田:ああ、はい!

窪田:奨之は誰とでも仲良くなれるタイプなんです。心のドアとかなくて、いきなり「こんにちはー!」っていうタイプ(笑)。マッケンはシャイで人見知りだから。B型だもんね?僕もB型だから、分かります。

― お2人は似ている部分もあるということですか?

窪田:今は2人一緒だから大丈夫ですけど、いきなり1対10の環境になったらシュッてなる。

新田:あ~。

窪田:さっきから、ずっと下向いてるもんね。

新田:はい…。

窪田:大丈夫。分かるから。バリア張っちゃうんですよ。

新田:本当にありがたいです。

窪田:でもね、多分、段々こうなるんですよ。(窪田のように)何でもOKって!…ならないか(笑)

一同:(笑)

カツパンといちごオーレがマスト

『僕たちがやりました』第7話より(画像提供:カンテレ)
『僕たちがやりました』第7話より(画像提供:カンテレ)
― 現在窪田さんが29歳、新田さんが20歳で年齢差が8歳ありますが、現場でジェネレーションギャップを感じる瞬間はありますか?

窪田:さっき(永野)芽郁との話の中で感じました。今のハートってこうなんですって(親指と人差し指で作る“指ハート”)。

一同:へぇ~。

窪田:今プリクラ撮るときはこれだし、海外で流行ってるらしいですよ。11歳差ですからね。何で同じ年やってるんだろうって思う(笑)。

― 高校生役ということで、自身の高校生時代を振り返り、当時“大切にしていたもの”を教えてください。

新田:僕、部活をやっていたんですけど、吹奏楽部ではずっと1stのポジションを任せていただいていたんです。1st、2nd、3rdって上手い順で決まるんですけど、1stでいることが大事でした。あと、レスリングでは学校代表だったので、それを交代させられたくないって気持ちもありました。そういう小さいことばかりでした。

― 小さくないです!

窪田:学校代表だったの!?

新田:はい。だからこそ、試合にも負けてられないし。

窪田:空手も全米3位でしょ?

新田:“型”で、3位でした。

窪田:すごくないですか!?これ、聞いたの奨之からだけどね。何でも知ってるから。マッケンの情報は奨之に聞ければ分かるんだって(笑)。奨之もめちゃくちゃ可愛いヤツです。

― 窪田さんが大切にしていたことは?

窪田:高1になったとき、ガソリンスタンドで働き始めて、初めて自分でお金を稼いだんですけど、そこからはずっとバイトが大事でした。早いときは学校終わって3時半から閉店の10時半くらいまでずっと。早く大人の世界に行ってみたかったのかもしれないです。

― 大人の世界に?

窪田:兄の影響です。バイク好きとか車好きとか、免許を取るのも、どうしても先に行かれちゃいますから。ずっと追いかけていました。あとは…食堂のパン。

― 学食?

窪田:カツパンがあったんですけど、めちゃくちゃ美味しくて、すぐなくなっちゃうんです。授業が終わった瞬間に教室から抜け出して。それと100円のいちごオーレが大好きでした。絶対譲れなかった。そういう3年間でした(笑)。

「本当に多くの要素が詰まった作品」

『僕たちがやりました』第7話より(画像提供:カンテレ)
『僕たちがやりました』第7話より(画像提供:カンテレ)
― では、最後に作品のアピールを!

窪田:それは全部マッケンが答えてくれます!

新田:えっと…どっちが悪者でどっちが正義かって分からなくなっていくような作品でもあるので、「本当の正義ってなんだろう」「本当の悪とはどっちなんだろう」「自分はどっち側の人間なんだろう」って考えさせられると思います。市橋に関しては、実は抱えているものがあって、それが後半になるにつれて明らかになっていきます。色々な人との出会いを重ねて、変わっていく瞬間も見れますし、本当に多くの要素が詰まった作品です。

― ありがとうございました。

罪を背負ったトビオはどうする?

撮影が進むにつれて、「トビオという役が分からなくなくなってきた」という窪田は、「思わぬことで罪を背負うことになって…突発的に行動するところもあるし、先入観が強すぎるタイプでもあるし、器用貧乏なのかなとか、本質が形成されていないのかなと思う部分もあります」と役を掴もうとしている真っ最中。

新田も「トビオたちと市橋の一番違うところは、目標を持って生きているというところ。やっと掴めそうと思ったら、連子、トビオと出会って変わっていくので、苦戦しています」と難役と向き合っている。

罪を背負ったトビオはどうするのか、そして、市橋の過去とは…?(modelpress編集部)

窪田正孝(くぼた・まさたか)プロフィール

1988年8月6日生まれ、神奈川県出身。175cm。B型。母の勧めでスターダストプロモーションのオーディションを受け事務所入りし、2006年4月にフジテレビ系深夜ドラマ「チェケラッチョ!! in TOKYO」で初主演を務める。2012年6月「平清盛」に平重盛役でNHK大河ドラマにも初出演。2014年上半期放送のNHK連続テレビ小説「花子とアン」の出演で知名度を上げ、その後もTBS系ドラマ「Nのために」や「アルジャーノンに花束を」、日本テレビ系ドラマ「デスノート」など多くの話題作に出演した。今年は、現在放送中のドラマ「僕たちがやりました」(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜よる9時)に主演しているほか、主演映画「東京喰種 トーキョーグール」が公開中。

新田真剣佑(あらた・まっけんゆう)プロフィール

1996年11月16日生まれ。ロサンゼルス出身で、2014年より日本での活動をスタート。2016年、映画「ちはやふる」(上の句・下の句)やTBS系ドラマ「仰げば尊し」で注目を浴びる。「第40回日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞。今年は、現在放送中のドラマ「僕たちがやりました」(関西テレビ・フジテレビ系、毎週火曜よる9時)に出演しているほか、映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」が公開中。2018年には映画「不能犯」、「ちはやふる-結び-」、「OVER DRIVE」の公開が控える。

7話あらすじ

『僕たちがやりました』第7話より(画像提供:カンテレ)
『僕たちがやりました』第7話より(画像提供:カンテレ)
爆破事件の真犯人は、やはりトビオ(窪田正孝)たちだった――。

飯室(三浦翔平)に真相を突きつけられ、逃れられない罪の意識に苦しむトビオは、校舎の屋上から衝動的に飛び降りるが、骨折だけで奇跡的に命をとりとめる。

トビオが運ばれたのは、偶然にも市橋(新田真剣佑)が入院している病院だった。やけに明るいトビオの振る舞いに戸惑う市橋。実はトビオには、ある決意があった。

「死んだら、それで償おう。でももし生きたら、新しい俺を始めよう―」事件後、どん底を味わった自分は「幸せになってトントン」と言い聞かせ、罪の意識から逃れるように、今までとは違うトビオになっていく。

そんなある日、市橋から蓮子(永野芽郁)への思いを打ち明けられたトビオは、2人の恋を応援すると市橋の背中を押す。一方、心情の変化や入院の事を知らせず、ぷっつりと連絡が途絶えていたトビオに、蓮子は気をもんでいた…。

同じ頃、伊佐美(間宮祥太朗)は飯室が言い放った「一生苦しめ」という言葉に罪悪感をあおられ、事件の被害者たちの家を一軒一軒訪ねては遺影に手を合わせる日々を送っていた。マル(葉山奨之)は事件のことなど忘れたかのように、クラスメートとのんきにカラオケに出かける日常を取り戻していた。パイセン(今野浩喜)は、飯室から「お前は父親に愛されていない」と告げられたことで、「愛」を知らない空虚な自分に絶望。父・輪島宗十郎(古田新太)に会って愛情を確かめようと決意。

一度も会った記憶のない輪島のことが知りたいと、菜摘(水川あさみ)のもとを訪ねるが…

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 窪田正孝、新田真剣佑との“超至近距離”撮影で考えていたことは?憧れのきっかけ「カノ嘘」トークも<僕たちがやりましたインタビュー>
今読んだ記事

窪田正孝、新田真剣佑との“超至近距離”撮影で考えていたことは…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事