“日本一かわいい女子高生”ファイナリスト紹介<「中部」地方予選・準グランプリ/りこぴん>

“日本一かわいい女子高生”を決める『女子高生ミスコン2015』が15年7月より開催中。モデルプレスでは来年3月開催の全国最終審査に進んだファイナリストを紹介していく。10人目は「中部」地方予選で準グランプリに輝いた「りこぴん」さん。
“日本一かわいい女子高生”ファイナリスト紹介<「中部」地方予選・準グランプリ/りこぴん>(C)モデルプレス
“日本一かわいい女子高生”ファイナリスト紹介<「中部」地方予選・準グランプリ/りこぴん>(C)モデルプレス

Q.応募した理由、きっかけは?

憧れていたミスコンが全国になったから挑戦してみたくて。

Q.ファイナリストに選ばれた心境

本当に嬉しい気持ちとみんなへのありがとうが溢れています。

Q.ファイナリストで自分より可愛いと思った人はいる?いたらそれは誰?

みんな可愛いけど「さくてん」かな。笑顔が可愛すぎる!でも本当に、みんな可愛い!!

さくてん(C)モデルプレス
さくてん(C)モデルプレス
りこぴん(C)モデルプレス
りこぴん(C)モデルプレス

Q.可愛くなるために努力していること

太りやすいから運動したり食べるものを気にしてます。

Q.メイクやヘアスタイル、ネイルなど美容へのこだわり

今はナチュラルに向けてる!

Q.これだけは他の人に負けない!

夢を叶えたい気持ちとやる気は負けたくない!

Q.自分の顔で好きなパーツは?

目かな…二重で良かった!

最近ハマっていることは?

神コスメを探してる。

Q.憧れの人物

斉藤夏海さん。世界観が素敵!

Q.好きな言葉(座右の銘)

感謝。

Q.将来の夢

モデル。大好きなお洋服を着たり、プロデュースなどしてみたいです。

Q.夢を叶えるために必要だと思うこと

努力と周りのみんなへの感謝の気持ち。

Q.来年3月のファイナル審査への意気込み

投票数2位、今回も準グランプリで悔しい思いもしました。なので次こそ1位を目指して、応援してくれる方のためにも全力で頑張ります。

Q.応援してくれる人たちへメッセージ

ここまで来させてくれたのはみんなのおかげです!本当にありがとうございます。この恩をグランプリで返したいです。

『女子高生ミスコン』とは

“日本一かわいい女子高生”を決める『女子高生ミスコン2015』ファイナリスト(C)モデルプレス
“日本一かわいい女子高生”を決める『女子高生ミスコン2015』ファイナリスト(C)モデルプレス
エントリーおよび審査の過程において、プリ機やSNSと連動させた「モデルプレス」が運営する投票サイトなどを活用。“女子高校生No.1を、同世代である女子高校生らが選ぶ”という、一般的なオーディションとは一線を画している。エントリー受付は、フリューの最新プリ機『Shirayuki(シラユキ)』で、7月1日より全国の女子高生を対象に開始(※9月23日にエントリー締め切り)。2ヶ月間で約64万人の応募があり、また、モデルプレス投票における総投票数は9日間で約34万票、プリ機での投票数は45日間で約75万票と、大きな盛り上がりを見せた。

選出された全国6エリア(「北海道・東北」「関東」「近畿」「中部」「中国・四国」「九州・沖縄」)のグランプリと準グランプリの受賞者計12人と、『関東高一ミスコン2015』(8月開催※高校1年生限定のミスコン)の受賞者2人を合わせた計14人は、全国ファイナル審査に向けて「強化合宿」「週末レッスン」に参加。最終結果はプリ機での投票を経て、2016年3月22日に東京・渋谷ヒカリエで開催の『女子高生ミスコン2015-2016』にて発表される。グランプリ受賞者は『全国女子高生ミスコン』をテレビ・雑誌等で広く宣伝するPR大使に任命され、また、大手芸能事務所へ所属できる権利も付与される。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - “日本一かわいい女子高生”ファイナリスト紹介<「中部」地方予選・準グランプリ/りこぴん>
今読んだ記事

“日本一かわいい女子高生”ファイナリスト紹介<「中部」地方予…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事