アイドリング!!!佐藤麗奈が「LARME」に加入 モデルになった現在の心境&目標を語る【モデルプレス】

アイドリング!!!佐藤麗奈が「LARME」に加入 モデルになった現在の心境&目標を語る モデルプレスインタビュー

2015.05.16 10:01

アイドリング!!!の佐藤麗奈(さとうれな・16)がモデルプレスのインタビューに応じた。3月発売の女性ファッション誌『LARME 015』(徳間書店)で同誌に初登場、そして16日発売の『LARME 016』よりレギュラーモデルとなる彼女の現在の心境に迫る。

モデルへの第一歩を踏み出す

モデルプレスのインタビューに応じた佐藤麗奈
モデルプレスのインタビューに応じた佐藤麗奈
― レギュラーモデルのオファーを受けた時の心境をお聞かせください。

佐藤:えー!まさかって思いました。私なんかでいいのかなって。でもそう言ってくれたからには自分から「LARME」っぽくなろうと意識が高まりました。3月発売の「LARME」は黒髪でしたが、早速もっと「LARME」感を出したくて明るく染めました。そうやって毎回どんどん「LARME」っぽくなっていきたいと思っています。今回発売されるものでは、まあぴぴ(松本愛)ちゃんと2人で撮影でしたが、もう緊張し過ぎちゃって(笑)。いつも雑誌で見ている子だったので、不思議な気持ちになりましたし、もっとポージングを勉強しなくちゃ、モデルの体格にならなきゃって思いました。

― アイドルが大好きで、アイドルになりたくて、アイドリング!!!のメンバーに加入しましたが、「モデルになりたい」という気持ちも強かったですか?

佐藤:強かったです。でもアイドルの活動をしていく中で「女の子のファンがもっといたらいいな」とか「女の子に憧れられたい」と思うようになったことで、その気持ちはさらに強くなっていました。

佐藤麗奈
― モデルへの一歩を踏み出してから、何か変わったことはありますか?

佐藤:ちょっと出かけるくらいだったら、昔は本当にひどい格好をしていましたが、今はどんな時でも服装を意識するようになりました。あと食生活も遅い時間に食べることをなくしました。

― 食生活といえば、アイドリング!!!のオーディションには、1ヶ月で5Kg以上減量して臨んだそうですね。

佐藤:お風呂に2時間半入ったり、走ったり、炭水化物を抜いたり。大変でしたが、頑張れば痩せられると知りました。最近、水着グラビアにも挑戦していて、大切な撮影の前は小顔矯正に行ったり、足はメディキュットを毎日履いて、むくみがひどい時は2枚履きしています(笑)。

壁を乗り越えたから“現在”がある

佐藤麗奈
佐藤麗奈
小学校6年生の時にスカウトされ、それをきっかけに芸能界入り。活動を始め、2013年7月にアイドリング!!!新メンバーオーディションに合格、34号として加入した。現在はアイドリング!!!の活動を軸に、NHK-Eテレ『Rの法則』にレギュラー出演(14年10月~)するなどソロでも活躍の幅を広げている。

― 一番つらかった時期はいつですか?

佐藤:アイドリング!!!に入ってすぐの時です。一気にアイドリング!!!の曲を40曲ほど覚えないといけなくて…。それまでダンスも歌もやったことがなかったので「無理だよ」って本当に思っていました。でも毎日深夜4時くらいまで練習して、それでまた朝になったらリハーサルに行って、復習をまた朝まで家でして…そんな繰り返しの生活を2ヶ月していました。

― つらくても逃げ出さずに乗り越えられたのはなぜですか?

佐藤:自分がメンバーの一員になって踊れていることが嬉しかったからです。そして本番、ファンの皆さんにその姿を見せられたことで、それが達成感につながって「もっと頑張ろう!頑張ったら楽しいことが待っている」と思うことができました。

夢を叶える秘訣

佐藤麗奈
佐藤麗奈
― これまでの経験から、佐藤さんが思う“夢を叶える秘訣”をお聞かせください。

佐藤:夢を強く叶えたいと思うことに尽きると思います。中途半端にアイドリング!!!のオーディションを受けた子がいましたが、その子はメンバーになりたいという気持ちの弱さが見透かされてしまったから落ちたのかなって。どんなことでも「できます!」と言ってやる気を見せて頑張っていけば、夢は叶うと思います。

― 今後の目標は?

佐藤:目標はいっぱいあって、バラエティ番組にもっと出られるようになりたいですし、女優さんにも憧れます。モデルとしては東京ガールズコレクションやGirlsAwardといった大きなファッションショーでランウェイを歩いてみたいですね。でもそのためにはもっと痩せないと無理かな…(笑)。頑張ります!

― 最後にファンにメッセージをお願いします。

佐藤:アイドルだけではなく「モデルも頑張ってね」と言ってくれるのが本当に嬉しいです。それが支えになっています。これからも変わらず、アイドリング!!!の私、「LARME」の私、両方とも応援してほしいな。私はまだ「LARME」に全然馴染んでいないと思うので、その馴染んでいく過程も温かく見守ってください。よろしくお願いします。

佐藤麗奈
― ありがとうございました。

こだわりのネイルの話や、大好きなハリー・ポッターの話になると、小動物のような瞳をくりくりと輝かせる。女子校生らしい無邪気さでスタッフをメロメロにしていたが、仕事の話になると表情は一転。彼女自身、「負けず嫌い」と話すように、瞳の奥には闘争心が宿っていた。今年10月にアイドリング!!!を卒業、その看板を外した先にも“佐藤麗奈”の新しい可能性が見えてきそうだ。(modelpress編集部)

佐藤麗奈
佐藤麗奈

佐藤麗奈(さとう・れな)プロフィール

生年月日:1998年11月9日/出身地:埼玉県/身長:160cm/血液型:O型/趣味:アイドル鑑賞・メイク・ファッション/特技:書道(名誉会長賞)・肩が一周回る

・初のパーソナリティを務める、ラジオ日本『佐藤麗奈のそれなさとれなラジオ』5月18日(月)、5月25日(月)27:30~28:00 OA
・NEO from アイドリング!!! 4thシングル『無限ラビリンス』6月26日(金)リリース

佐藤麗奈
ブログ:http://ameblo.jp/rena-sato1109/
Twitter:https://twitter.com/Rena_Sato_box
Instagram:http://instagram.com/satorena_official/

佐藤麗奈
【Not Sponsored 記事】

関連記事

  1. アイドリング!!!メンバー全員卒業へ
    アイドリング!!!メンバー全員卒業へ
    モデルプレス
  2. 菊地亜美、アイドリング!!!の解散報道に言及
    菊地亜美、アイドリング!!!の解散報道に言及
    モデルプレス
  3. HKT48・アイドリング!!!・でんぱ組.incら豪華競演「TOKYO IDOL PROJECT」始動
    HKT48・アイドリング!!!・でんぱ組.incら豪華競演「TOKYO IDOL PROJECT」始動
    モデルプレス
  4. アイドリング!!!伊藤祐奈、卒業&芸能界引退を発表
    アイドリング!!!伊藤祐奈、卒業&芸能界引退を発表
    モデルプレス
  5. アイドリング!!!解散報道、横山ルリカらメンバーが心境明かす
    アイドリング!!!解散報道、横山ルリカらメンバーが心境明かす
    モデルプレス
  6. アイドリング!!!解散報道、公式コメント発表<全文>
    アイドリング!!!解散報道、公式コメント発表<全文>
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. EvisJap「BreakingDown6」たくの壮絶試合&オーディション秘話 コムドットへの複雑な胸中も語る<モデルプレスインタビュー>
    EvisJap「BreakingDown6」たくの壮絶試合&オーディション秘話 コムドットへの複雑な胸中も語る<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  2. 「鎌倉殿の13人」千世役・加藤小夏が語る源実朝との“愛”、最期のシーンは「涙が止まらなかった」<モデルプレスインタビュー>
    「鎌倉殿の13人」千世役・加藤小夏が語る源実朝との“愛”、最期のシーンは「涙が止まらなかった」<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  3. “日本一のサークル美女”準GP中島萌花さん“憧れ”宇垣美里との共通点とは? 新たな夢も明かす<MISS CIRCLE CONTEST 2022>
    “日本一のサークル美女”準GP中島萌花さん“憧れ”宇垣美里との共通点とは? 新たな夢も明かす<MISS CIRCLE CONTEST 2022>
    モデルプレス
  4. “日本一のサークル美女”中野胡桃さん、杉咲花の演技に感銘 準GPの結果に「悔しい」気持ちも<MISS CIRCLE CONTEST 2022>
    “日本一のサークル美女”中野胡桃さん、杉咲花の演技に感銘 準GPの結果に「悔しい」気持ちも<MISS CIRCLE CONTEST 2022>
    モデルプレス
  5. “カトパンに続く原石”井手美希さんが過去最多の5冠 国立音大からアナウンサー目指す理由とは<MISS CIRCLE CONTEST 2022>
    “カトパンに続く原石”井手美希さんが過去最多の5冠 国立音大からアナウンサー目指す理由とは<MISS CIRCLE CONTEST 2022>
    モデルプレス
  6. アートメイクで注目の安藤敏江&MAO、親子と公表 メイクが受け入れられるまでの葛藤・夢を叶える秘訣
    アートメイクで注目の安藤敏江&MAO、親子と公表 メイクが受け入れられるまでの葛藤・夢を叶える秘訣
    モデルプレス
  7. “日本一可愛い新入生”青学・小杉怜子さん、憧れ・中川翔子との共通点とは「最近綺麗になった」理由も明かす<FRESH CAMPUS CONTEST 2022>
    “日本一可愛い新入生”青学・小杉怜子さん、憧れ・中川翔子との共通点とは「最近綺麗になった」理由も明かす<FRESH CAMPUS CONTEST 2022>
    モデルプレス
  8. 加治ひとみが語る「なりたい自分」になる秘訣「人生観も大きく変わった」
    加治ひとみが語る「なりたい自分」になる秘訣「人生観も大きく変わった」
    モデルプレス
  9. 伊藤万理華「これが最後の作品でもいいや」衝撃の2日間 乃木坂46デビューから10年…気がついた“表現×コミュニケーション”の関係
    伊藤万理華「これが最後の作品でもいいや」衝撃の2日間 乃木坂46デビューから10年…気がついた“表現×コミュニケーション”の関係
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事