E-girls、芸能界で“輝くコツ”を語る 挑戦の2014年「このチャンスをしっかり掴みたい」<モデルプレス独占インタビュー>

参照回数:438,569

【モデルプレス】E-girls(18)、藤井夏恋(18)、藤井萩花(20)、鷲尾伶菜(20)佐藤晴美(18)の5人が、初の番組MCを務める。モデルプレスでは今回、そんな彼女たちに独占インタビューを行い、初挑戦にかける想いはもちろん、そこから垣間見える素顔に迫った。
E-girls、芸能界で“輝くコツ”を語る 挑戦の2014年「このチャンスをしっかり掴みたい」<モデルプレス独占インタビュー>(左より)楓、鷲尾伶菜、藤井萩花、藤井夏恋、佐藤晴美【モデルプレス】
E-girls、芸能界で“輝くコツ”を語る 挑戦の2014年「このチャンスをしっかり掴みたい」<モデルプレス独占インタビュー>(左より)楓、鷲尾伶菜、藤井萩花、藤井夏恋、佐藤晴美【モデルプレス】

新感覚バラエティで初の番組MCに挑む

CDデビューから約3年。2014年はE-girlsにとって挑戦の年となった。1月にはメンバー10人の主演ドラマが放送、夏には悲願の初単独アリーナツアーを実施…個々の活動はこれまでよりさらに活発化し、モデル業、女優業にとその幅は多岐に渡った。そして今回、5人は新たに初の“番組MC”に挑戦する。

新バラエティ番組『あけるなキケン』のMCを務める藤井夏恋、鷲尾伶菜、楓、若林正恭、小藪千豊、藤井萩花、佐藤晴美(C)TBS
新バラエティ番組『あけるなキケン』のMCを務める藤井夏恋、鷲尾伶菜、楓、若林正恭、小藪千豊、藤井萩花、佐藤晴美(C)TBS
5人がMCを務めるのは、10月26日にスタートするTBS系新感覚バラエティ番組『あけるなキケン』(毎週日曜日24時50分放送)。小藪千豊、若林正恭(オードリー)とともに、ゲストの為になる情報(=ヒキダシ)を探る同番組。「芸能界を生き抜く為の“マル秘テク”」「門外不出の“必須スキル”」、「芸能界で“輝くコツ”」…様々なテーマからゲストに迫り、E-girls自身も成長していく。初回にはマルチに活躍するタレントのベッキーがゲストとして登場。業界イチ好感度が高いと言われるベッキーのスゴさに迫る。

「歌と踊りのほかにも魅力をお届けしたい」

(左より)楓、鷲尾伶菜、藤井萩花、藤井夏恋、佐藤晴美
(左より)楓、鷲尾伶菜、藤井萩花、藤井夏恋、佐藤晴美
― 初回収録を終えたばかりということですが、いかがでしたか?

萩花:初回ということもあり、みんな緊張していました。小籔さんや若林さんに助けていただくことも多くて、これからいろいろと学んでいきたいなと思いました。

夏恋:バラエティ慣れしていない5人なので、初回から勉強になりました。リアクションなども今後、勉強していきたいです。

― この5人だからこその化学反応は何か生まれましたか?

佐藤:はじめてだったので、全然…これからキャラを出せればいいなって思います。ナチュラルで明るいE-girlsらしさを出したいです。

楓:E-girlsって一人ひとりに個性があって、素が面白いので、そのままの姿を見せていけたらいいなって。夏恋は早速今日も天然が炸裂していたんですけど、そうやっていろいろな面を見てもらって、キャラを発揮して、歌と踊りのほかにも魅力をお届けしたいです。

― 意外なキャラクターも発見できそうですよね。では今後、ゲストに来ていただきたい方は?

萩花:料理のプロの方とか来てくれると勉強になりそう。あとメイクさんも。普段自分たちもできそうなことを学べるとより楽しいなと思います。

夏恋:ファッションを学びたいです!スタイリストさんとか!

萩花:いいね。ドン小西さんに厳しく私服チェックしてもらいたい。

楓:あと芸人さんも来ていただきたい。今回収録して、バラエティのことに対して無知なんだなって感じたので、学びたいです。

佐藤:収録でも、小藪さんに「歌ってニコニコ踊ってるだけじゃやってけないぞ」って言われてグサッときたので、がんばって見返せたらいいな!

夏恋:いろいろ習得していったら、E-girlsの幅を広げることができるよね。新たな世代の方にも、E-girlsのことを知っていただくことができたらいいな。

HIROの教え「変化を恐れない」

(左より)楓、鷲尾伶菜、藤井萩花、藤井夏恋、佐藤晴美
(左より)楓、鷲尾伶菜、藤井萩花、藤井夏恋、佐藤晴美
― 番組では、ゲストの方々から「芸能界で“輝くコツ”」を学んでいると思いますが、みなさん自身が考える「芸能界で“輝くコツ”」や、そのために大切にしていることを教えて下さい。

楓:今、学んでいる途中なんですが、今日もベッキーさんの考え方を聞いて、あんな風にいろいろ真剣に考えているから、たくさんの方に愛されているんだなって感じました。

萩花:自分を客観的に見ることやいろんな人の意見を聞くってことも大事だなって思います。自分で自分のことを見ているだけでは自己満足で完結してしまうことも多いので、客観的に自分やグループを見るようにしています。

鷲尾:言葉で教えてもらったのは、こういう活動をさせていただいているからこそ、何事にも礼儀を心掛けるようにってことです。あとは、何事にも常に謙虚な気持ちでいるようにということも教わりました。

楓:HIROさんがいろんなことを常に教えてくださるんです。それは言葉だったり行動を通してだったり様々なんですけど、そういうものを自分の中にインプットしています。

萩花:一緒の空間にいるだけで、いろんなことを学べるよね。

佐藤:そうなんですよね。HIROさんからいただいた言葉で、最近実感しているのが「変化を恐れない」ってことです。日々、HIROさんが言ってくださる言葉を自分のものにして、それを実践することで自分が変わっていく。そしたら今までの自分じゃない自分に出会える。自分で最近変わったって思えることって大事なのかなって思います。

ドッキリ企画を熱望「変人ぶりがバレちゃう」

(左より)楓、鷲尾伶菜、藤井萩花、藤井夏恋、佐藤晴美
(左より)楓、鷲尾伶菜、藤井萩花、藤井夏恋、佐藤晴美
― 深いお言葉ですね。初回ではワイプ芸に挑戦していましたが、今後、番組でチャレンジしてみたいことは?

夏恋:バンジージャンプ!

佐藤:楽しそ~!

萩花:グルメレポーターとかもやりたい。メンバーの個性に合わせたゲストの方に来ていただいて、いろいろ学びたいです。成長にもつながるので。

鷲尾:ドッキリとかも楽しそうだよね。かけられたいです。

萩花、夏恋、、佐藤:やりたい!

― みなさん、“かけられたい派”ですか?“かけたい派”という方は?

萩花、夏恋、佐藤:かけたい!

佐藤:かけられたら絶対やばいもん。変人ぶりがバレちゃう気がする(笑)。

萩花:晴美は驚くときの叫び声とかが大きいので、かけられたら面白いと思う(笑)。

― なるほど(笑)。メンバーの中だと、誰にドッキリをかけてみたいですか?

楓:HappinessのYURINOとか。普段からちょっとしたリアクションが人と違って面白いんですよ(笑)。本当のドッキリをかけたときにどうなるのかなって見たいです。

佐藤:あと、(川本)璃ちゃんとか?その人の本性が分かるから楽しそう。

萩花:Amiさんって人形をいっぱい持ってて、大事にしてるんですよ。なので、その人形たちにしゃべらせたら、どんな風に対応するのか見てみたい。

夏恋:観察するの面白そう!マジックミラーやりたい!

佐藤:個性豊かなメンバーが多いので、かけ甲斐があると思います(笑)。

藤井萩花、20歳のバースデーをサプライズでお祝い

(左より)楓、鷲尾伶菜、藤井萩花、藤井夏恋、佐藤晴美
(左より)楓、鷲尾伶菜、藤井萩花、藤井夏恋、佐藤晴美
― では、個人的にプライベートでチャレンジしてみたいことは?

夏恋:ハロウィンが近いので口裂け女の仮装をやってみたいです。

萩花:私は包帯グルグルに巻いてボロボロにして血だらけにして、ミイラみたいな仮装をしたい。去年はFlowerとHappinessとスタッフさんみんなで仮装してハロウィンパーティーをやったよね。今年もやりたいな~。

鷲尾:去年はみんな凝ってたよね。

萩花:特殊メイク用の道具を買って、本格的に。

― 楽しそうですね。パーティーといえば、萩花さんは10月14日に20歳のお誕生日を迎えられたかと思いますが、何かメンバーでお祝いを?

萩花:先日Flowerのメンバーがサプライズを。ボーカルチームはレコーディングで参加できなかったんですけど、色紙とプレゼントをもらいました。プレゼントは私が欲しいって言っていた化粧品で、色紙にはいろんな写真が貼ってあって、裏に一人ひとりメッセージを書いてくれて…。

佐藤:準備も一人ひとり分担して、装飾買ってくる人、色紙買ってくる人って念入りに。

鷲尾:色紙はレコーディングの間にこっそり書きました。

萩花:元々、メンバーの3人とご飯を食べようって話をしていて、そのつもりで家に行ったら真っ暗で「Welcome 萩花」って壁に。誰も迎えに来てくれなくて、みんな隠れてカメラ撮ってました(笑)。

佐藤:隠れてたつもりだったんですけど、カメラ撮ってるのバレバレだったみたいです(笑)。

― 素敵なエピソードですね。みなさん、サプライズでお祝いすることが多いんですか?

夏恋:Happinessは昔、みんな同じ寮だったんですけど、12時ぴったりになったらそのメンバーの部屋に行って、ドアをゴゴゴゴンってする習慣がありました。寝てたら起こす、いなかったらお風呂だからお風呂まで行くって。

楓:SAYAKAが毎年なぜかお風呂入ってて(笑)。

夏恋:そうそう(笑)。

一同:笑

― 番組でドッキリを学んで、ぜひそれをプライベートでも活用していただいて…

鷲尾:いいですね~。学びたいです。

楓:ドッキリなんだけど、最終的にサプライズでした!っていいですよね!

鷲尾:ドッキリでめっちゃ落としたあとに、「え…」って感動するみたいな。

(左より)楓、鷲尾伶菜、藤井萩花、藤井夏恋、佐藤晴美
(左より)楓、鷲尾伶菜、藤井萩花、藤井夏恋、佐藤晴美
― 今後もますます楽しみです。では、最後にファンの方に見どころとメッセージをお願いします。

萩花:初のMCなんですけど、パフォーマンスしているときと違った新しい一面を見ていただきたいです。ゲストの方はもちろん、自分たちも学べるので見ていてすごく楽しいと思う。毎週楽しみに見ていただけると嬉しいです。

佐藤:まだまだ無知な私達なんですけど、番組と一緒に成長していってる姿を見ていただければと思います。面白い番組にしていきたいです。

楓:見ていてる人が楽しいなって思ってもらえる番組を作りたいです。

夏恋:初回の収録を終えて、客観的に「面白そう。自分も見たいな」って思いました。視聴者の方にとって、毎週楽しみにしている番組のひとつになればいいなと思います。

鷲尾:歌って踊ってパフォーマンスしているE-girlsのイメージが強いと思いますが、こうやって番組のMCをさせていただけることで、また違った魅力を見ていただけるんじゃないかなと思っています。このチャンスをしっかり掴んで、一人ひとりの名前を覚えてもらえれば…。そして、何より楽しんでいただければ嬉しいです。

― ありがとうございました。

「バラエティのことは無知だからいろいろと学びたい」――どんなに活躍の幅を広げ、人気と知名度を上げても、彼女たちは常に謙虚だ。常に学ぶことを忘れず、吸収し成長していく。そんな姿勢が彼女たちの「芸能界で“輝くコツ”」なのかもしれない。(modelpress編集部)

(左より)楓、鷲尾伶菜、藤井萩花、藤井夏恋、佐藤晴美
(左より)楓、鷲尾伶菜、藤井萩花、藤井夏恋、佐藤晴美
(左より)楓、鷲尾伶菜、藤井萩花、藤井夏恋、佐藤晴美
(左より)楓、鷲尾伶菜、藤井萩花、藤井夏恋、佐藤晴美
E-girlsプロフィール

EXILEのD.N.Aを受け継ぐ、本格的なダンスパフォーマンスを展開するガールズ・エンタテインメント・プロジェクトとして、2011年12月「Celebration!」でデビュー。その後は、「Follow Me」「THE NEVER ENDING STORY」「ごめんなさいのKissing You」など数々の楽曲を世に送り出している。また、2013年に「第64回NHK紅白歌合戦」に初出場。2014年1月には、日本テレビ系オムニバスドラマ「恋文日和」で、メンバー10人がドラマ初主演を果たした。さらに、2014年夏には初の単独アリーナツアー実施するなど、快進撃を続けている。

プロフィール
所属:E-girls、Happiness
生年月日:1996年1月11日
出身地:神奈川県

藤井夏恋プロフィール
所属:E-girls、Happiness
生年月日:1996年7月16日
出身地:大阪府

藤井萩花プロフィール
所属:E-girls、Flower
生年月日:1994年10月14日
出身地:大阪府

■鷲尾伶菜プロフィール
所属:E-girls、Flower
生年月日:1994年1月20日
出身地:佐賀県

佐藤晴美プロフィール
所属:E-girls、Flower
生年月日:1995年6月8日
出身地:山形県

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - E-girls、芸能界で“輝くコツ”を語る 挑戦の2014年「このチャンスをしっかり掴みたい」<モデルプレス独占インタビュー>
今読んだ記事

E-girls、芸能界で“輝くコツ”を語る 挑戦の2014年「このチャン…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事