<乃木坂46高山一実インタビュー>小説家デビューで手に入れたもの、飽くなき“アイドル”へのこだわり 西野七瀬の卒業で感じた悔しさ「もっと自分に実力があったら…」

【高山一実/モデルプレス=1月9日】乃木坂46高山一実(たかやまかずみ/24)が昨年末、小説家デビューを果たした。初小説『トラペジウム』(KADOKAWA)は現役トップアイドルが「アイドルを目指す、ある女の子の10年間」についてつづった本格長編小説。「念願です。7年前からこの日を待っ…

関連記事