“本編の半分以上がセックスシーン” 松坂桃李が「娼年」の現場で味わった極限状態を語る “劇場に行く勇気が出ない人”への提案も<インタビュー>

【松坂桃李/モデルプレス=3月27日】石田衣良氏の恋愛小説を原作に、松坂桃李(29)が主人公の娼夫・リョウを体当たりで演じた映画『娼年』(三浦大輔監督)が4月6日に公開される。本編の半分以上を占めるセックスシーンによって、R18+のレイティングがついた話題作。松坂は約3週間の撮影…

関連記事