【総まとめ】「第61回グラミー賞授賞式」主要4部門の結果 話題を呼んだパフォーマンスも

【グラミー賞/モデルプレス=2月11日】「第61回グラミー賞授賞式」が11日(日本時間)、米ロサンゼルスで開催された。
(左上から時計回り)レディー・ガガ、カミラ・カベロ、BTS、ケイシー・マスグレイヴス(Photo by Getty Images)
(左上から時計回り)レディー・ガガ、カミラ・カベロ、BTS、ケイシー・マスグレイヴス(Photo by Getty Images)

ケイシー・マスグレイヴス「年間最優秀アルバム」など4部門全制覇

ケイシー・マスグレイヴス(Photo by Getty Images)
ケイシー・マスグレイヴス(Photo by Getty Images)
ケイシー・マスグレイヴスは、『Golden Hour』で主要部門である「年間最優秀アルバム」と「最優秀カントリー・アルバム」、『SPACE COWBOY』で「最優秀カントリー・ソング」、『BUTTERFLIES』で「最優秀カントリー・パフォーマンス(ソロ)」にノミネートされており、今回全て受賞。「言葉が見つかりません」と感激した様子で「いろいろ大変なことはあるけれど、音楽は生き続けています」とスピーチした。


ケイシー・マスグレイヴス「グラミー賞」で「年間最優秀アルバム」など4部門全制覇



チャイルディッシュ・ガンビーノ「This Is America」が快挙 「年間最優秀レコード」含む4部門受賞

チャイルディッシュ・ガンビーノの『This Is America』が「年間最優秀レコード」を含む4部門を受賞。この日、チャイルディッシュ本人は授賞式に参加しなかったものの、同曲は「年間最優秀レコード」「年間最優秀楽曲」「最優秀ミュージック・ビデオ賞」「最優秀ラップ/ソング・パフォーマンス」を受賞し、ケイシー・マスグレイヴスと並ぶ最多受賞。主要2部門を制覇しただけでなく、「年間最優秀楽曲」をラップ曲で受賞したのはグラミー史上初となった。


“アメリカ社会を風刺”チャイルディッシュ・ガンビーノ「This Is America」が快挙 「年間最優秀レコード」含む4部門受賞



“美女歌姫”デュア・リパ「最優秀新人賞」受賞

デュア・リパ(Photo by Getty Images)
デュア・リパ(Photo by Getty Images)
英シンガー・ソングライターでモデルとしても活躍するデュア・リパ。名前を呼ばれ、ステージに上がると「どうしよう。ありがとうございます。何を話したらいいかわからない」と感激の様子で語り、「他にも沢山の素晴らしい女性アーティストがいながらノミネートして頂けたことだけでも光栄に思います。最高の私でいさせてくれるファンの皆さんに心から感謝致します」と感謝した。


“美女歌姫”デュア・リパ「最優秀新人賞」受賞



レディー・ガガ「第61回グラミー賞」3部門受賞で涙

レディー・ガガ(Photo by Getty Images)
レディー・ガガ(Photo by Getty Images)
米歌手で女優のレディー・ガガは、5部門にノミネートされていたが『JOANNE(WHERE DO YOU THINK YOU’RE GOIN’?)』で「最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ部門)」、ブラッドリー・クーパーと共演した主演映画『アリー/スター誕生』の挿入歌『SHALLOW』で「最優秀ポップパフォーマンス(グループ)」、「最優秀楽曲賞(ヴィジュアル・メディア向け)」の3部門を受賞。感謝の言葉とともに、「ブラッドリーがいてくれたらいいんですけど、今イギリスにいて。あなたと歌えたこと、映画に参加できたことを誇りに思います」と涙をみせた。


レディー・ガガ「第61回グラミー賞」3部門受賞 涙で「誇りに思う」



ヒロ・ムライ氏、監督作品を受賞

ヒロ・ムライ氏(中央)(Photo by Getty Images)
ヒロ・ムライ氏(中央)(Photo by Getty Images)
東京出身の日本人男性映像ディレクター、ヒロ・ムライ氏(HIRO MURAI/36歳)が手掛けたチャイルディッシュ・ガンビーノの「This Is America」のMVが、最優秀ミュージック・ビデオ賞を受賞。「This Is America」はアメリカ社会の実態を痛烈に描いた作品。MVは冒頭の強烈な銃殺シーンなどが話題を呼んでいた。

ヒロ・ムライ氏、監督作品が「第61回グラミー賞」受賞



アリアナ・グランデ「グラミー賞」初受賞

アリアナ・グランデ(Photo by Getty Images)
アリアナ・グランデ(Photo by Getty Images)
「SWEETENER」がノミネートされていた「最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞」で、「グラミー賞」初受賞となったアリアナ・グランデ。しかし、主催者側とのパフォーマンス内容の折り合いがつかず、同授賞式を欠席した。

アリアナ・グランデ「グラミー賞」欠席でも初受賞 主催者とトラブル/「Sweetener」で最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞<第61回グラミー賞授賞式>



カミラ・カベロ「第61回グラミー賞授賞式」開幕飾る

カミラ・カベロ(Photo by Getty Images)
カミラ・カベロ(Photo by Getty Images)
世界的スマッシュヒットナンバー「Havana feat. Young Thug」で開幕を飾ったカミラ・カベロ。街なかを再現した豪華セットに、ブラトップにスカートをあわせ、ウエストをあらわにした鮮やかな黄色い衣装で登場した。

カミラ・カベロ「Havana」で大胆SEXY&情熱的に開幕飾る



レディー・ガガ、ド派手衣装で圧巻の「Shallow」

レディー・ガガ(Photo by Getty Images)
レディー・ガガ(Photo by Getty Images)
主演映画「アリー/スター誕生」の挿入歌『Shallow』をパフォーマンスしたレディー・ガガ。映画のイメージとは異なり、ストーンが隙間なくちりばめられた派手派手しいタイツ風衣装登場。“ガガ様”のイメージそのままに、ヘッドバンギングや足を振り上げる力強い演出で同曲を熱唱した。

レディー・ガガ、ド派手衣装で「Shallow」熱唱



BTS(防弾少年団)「グラミー賞」でK-POP初の大役果たす

BTS(Photo by Getty Images)
BTS(Photo by Getty Images)
「最優秀R&Bアルバム」のプレゼンターを務めたBTS(防弾少年団)。今回K-POPアーティスト初の抜てきでプレゼンターとしてステージに登場すると、会場からは歓声が。リーダーのRMが「韓国で生まれた僕たちは、このグラミーの舞台に立つことを夢見ていました。ここに立たせてくれたファンに感謝します。いつかここに戻ってきます」と語り、全員で米シンガーH.E.R.の「H.E.R.」が受賞したことを伝えた。

BTS (左から)V、SUGA、JIN、JUNG KOOK、RM、JIMIN、J-HOPE(Photo by Getty Images)
BTS (左から)V、SUGA、JIN、JUNG KOOK、RM、JIMIN、J-HOPE(Photo by Getty Images)
また、レッドカーペットにはブラックのスーツに身を包みレッドカーペットに登場した。

BTS(防弾少年団)「グラミー賞」でK-POP初の大役果たす



櫻井翔&山下智久、レッドカーペットで豪華共演

嵐の櫻井翔と、山下智久もレッドカーペットに登場。山下が今回、WOWOWにて放送される同授賞式のスペシャルゲストとして出演しているため、授賞式会場へ向かうレッドカーペットでWOWOWのレポーターとともに模様を伝えていると、突然、櫻井が近寄ってきて、嵐メンバー全員で「第61回グラミー賞授賞式」に参加することを明かした。

さらに、そこへ年間最優秀レコードにノミネートされているドイツ出身DJのゼッドが近寄り、豪華3ショットが実現した。

嵐「第61回グラミー賞授賞式」へ 櫻井翔&山下智久、レッドカーペットで豪華共演



レッドカーペット…SEXY&ゴージャスドレスのファッションまとめ

(左から)カーディ・B、レディー・ガガ、ケイティ・ペリー、マイリー・サイラス(Photo by Getty Images)
(左から)カーディ・B、レディー・ガガ、ケイティ・ペリー、マイリー・サイラス(Photo by Getty Images)
レディー・ガガは、深いスリットが入ったゴージャスなシルバーのドレスで登場。ジェニファー・ロペスは、タイトなロングドレスに大きなハットを合わせたコーディネート、デュア・リパは裾の長いドレスとシルバーがトレンドのよう。さらに、カーディ・Bやケイティ・ペリーはユニークドレスで釘付けにした。

レディー・ガガ、ケイティ・ペリーら豪華集結 SEXY&ゴージャスドレスファッションまとめ



主要4部門の結果

【年間最優秀レコード】
「I Like It」カーディ・B、バッド・バニー、J. バルヴィン
「The Joke」ブランディ・カーライル
「This Is America」チャイルディッシュ・ガンビーノ
「God's Plan」ドレイク
「Shallow」レディー・ガガ & ブラッドリー・クーパー
「All The Stars」ケンドリック・ラマー & シザ
「Rockstar」ポスト・マローン feat. 21サヴェージ
「The Middle」ゼッド、マレン・モリス、グレイ

【年間最優秀アルバム】
「Invasion Of Privacy」カーディ・B
「By The Way, I Forgive You」ブランディ・カーライル
「Scorpion」ドレイク
「H.E.R.」H.E.R.
「Beerbongs & Bentleys」ポスト・マローン
「Dirty Computer」ジャネール・モネイ
「Golden Hour」ケイシー・マスグレイヴス
「Black Panther: The Album, Music From And Inspired By」ヴァリアス・アーティスト(ケンドリック・ラマー、ザ・ウィークエンド、シザ他)

【年間最優秀楽曲】
「All The Stars」ケンドリック・ラマー & シザ
「Boo’d Up」エラ・メイ
「God’s Plan」ドレイク
「In My Blood」ショーン・メンデス
「The Joke」ブランディ・カーライル
「The Middle」ゼッド、マレン・モリス、グレイ
「Shallow」レディー・ガガ & ブラッドリー・クーパー
「This Is America」チャイルディッシュ・ガンビーノ

【最優秀新人賞】
クロイ・アンド・ハリー
ルーク・クームス
グレタ・ヴァン・フリート
H.E.R.
デュア・リパ
マーゴ・プライス
ビービー・レクサ
ジョルジャ・スミス

「グラミー賞」とは

「第61回グラミー賞」の見どころは?主要部門ノミネート、豪華パフォーマンス&プレゼンターをおさらい


「グラミー賞」とは、ナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンス (NARAS) が主催する音楽賞。今日世界で最も権威ある音楽賞のひとつで、テレビにおけるエミー賞、舞台におけるトニー賞、映画におけるアカデミー賞と同列に扱われる。賞の行方だけでなく、豪華アーティストによる一夜限りのパフォーマンスやコラボレーションも見どころである。

「第61回グラミー賞授賞式」 の模様は2月11日、WOWOWプライムにて生中継された。(modelpress編集部)

嵐「第61回グラミー賞授賞式」へ 櫻井翔&山下智久、レッドカーペットで豪華共演



「第61回グラミー賞授賞式」出演者リスト

【パフォーマンス】カミラ・カベロ、カーディ・B、ダン+シェイ、ポスト・マローン、ショーン・メンデス、ジャネール・モネイ、ケイシー・マスグレイヴス、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、マイリー・サイラス、ブランディ・カーライル、H.E.R.、ダイアナ・ロス、マレン・モリス、リトル・ビッグ・タウン、リッキー・マーティン、ドリー・パートン、ケイティ・ペリー、J.バルヴィン、アルトゥーロ・サンドヴァル、ヤング・サグ、レディー・ガガ、マーク・ロンソン、クロイ・アンド・ハリー、トラヴィス・スコット、デュア・リパ、セイント・ヴィンセント、ヨランダ・アダムス、ファンタジア、アンドラ・デイ and more

【司会】アリシア・キーズ

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 【総まとめ】「第61回グラミー賞授賞式」主要4部門の結果 話題を呼んだパフォーマンスも
今読んだ記事

【総まとめ】「第61回グラミー賞授賞式」主要4部門の結果 話題…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「海外」カテゴリーの最新記事