アジア最大の食の祭典が開幕、「CanCam」モデルがオフィシャルサポーターに

雑誌「CanCam」モデルの近藤しづかが、千葉・幕張メッセにて開幕したアジア最大の国際食品・飲料展「FOODEX JAPAN 2012」の美食女子オフィシャルサポーターに就任。6日、同所にて行われた就任式に登壇した。
「FOODEX JAPAN 2012」美食女子オフィシャルサポーターに就任した近藤しづか
「FOODEX JAPAN 2012」美食女子オフィシャルサポーターに就任した近藤しづか
CanCam」髄一の“自炊モデル”として活躍する近藤しづかは、一大イベントのオフィシャルサポーターという大抜擢を受け「フードコーディネーターの資格を活かせて嬉しいし、びっくりしました。今からどんなことできるか楽しみです」とにっこり。認定証と巨大な名刺を受け取り「私は体にも心にもいい食の力を信じているので、その魅力を伝えていきたいです」と意気込みを語った。

イタリア大使との意見交換も

「FOODEX JAPAN/国際食品・飲料展」は、アジア最大級の食品・飲料専門展示会。1976年より毎年開催している同展示会は今年で37回目を迎え、世界75か国が出展。出展者・来場者双方のビジネス拡大に絶好の場として高い評価を得ており、約8万人が来場する。

今年は「女性目線」をテーマに、世界75カ国の海外商品を鋭く品評する「FOODEX 美食女子」を結成。モデルプレスで料理連載「Weeklyレシピ」を持ち日々料理の研究に励む近藤しづかが、美食女子オフィシャルサポーターとして年間を通じ「FOODEX JAPAN」出展製品の魅力をアピールする。

ほぼ毎日自炊をしているという近藤しづかは「モデルのお仕事をしていると、スタイル維持や自己管理が大切。自炊をすることで体と対話して、何が必要で何が足りないか管理ができます」とコメント。ワインに合うおすすめのおつまみを問われると「モッツァレラを輪切りにしたものとトマトで作るカプレーゼは簡単でおすすめです。バルサミコ酢もかけると美肌に効果的ですよ」とモデルならではのヘルシーレシピを伝授した。
イタリア大使のAlfredo Maria Durante Mangoni氏と近藤しづか
イタリア大使のAlfredo Maria Durante Mangoni氏と近藤しづか

イタリアに8年間住んでいた経験を持つ彼女は、チーズやワイン、ビスケットの並ぶイタリアブースをくまなくチェック。堪能なイタリア語を活かし、イタリア大使と食についての意見交換を行った。(モデルプレス)

■「FOODEX JAPAN 2012」
会期:2012年3月6日~9日(4日間)
会場:幕張メッセ1~8HALL
時間:10:00~17:00
※最終日は16:30まで

近藤しづか(こんどうしづか)プロフィール
世界75か国のブースが立ち並び、約8万人が来場。/「FOODEX JAPAN 2012」会場風景
世界75か国のブースが立ち並び、約8万人が来場。/「FOODEX JAPAN 2012」会場風景

1984年10月10日生まれ。千葉県出身。

CanCam読者モデルを経て、2007年からCanCam専属モデルを務める。

8年間のイタリア在住経験もあり、語学堪能。

現在は得意の料理を生かし、フードコーディネーターの資格を取得。

CanCamでは「自炊モデル近藤しづか」として親しまれており、この度2011年12月から、モデルプレスで初の料理連載「Weeklyレシピ」をスタートさせた。

「FOODEX JAPAN 2012」オープニングセレモニー
「FOODEX JAPAN 2012」オープニングセレモニー
「FOODEX JAPAN 2012」スペインブース/幕張メッセ1~8HALLを使用して世界75か国が出展
「FOODEX JAPAN 2012」スペインブース/幕張メッセ1~8HALLを使用して世界75か国が出展
「FOODEX JAPAN 2012」トルコブース/幕張メッセ1~8HALLを使用して世界75か国が出展
「FOODEX JAPAN 2012」トルコブース/幕張メッセ1~8HALLを使用して世界75か国が出展
トークショーを行う近藤しづか
トークショーを行う近藤しづか



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - アジア最大の食の祭典が開幕、「CanCam」モデルがオフィシャルサポーターに
今読んだ記事

アジア最大の食の祭典が開幕、「CanCam」モデルがオフィシャル…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「グルメ」カテゴリーの最新記事