近藤しづか こんどうしづか

「近藤しづか」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「近藤しづか」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「近藤しづか」に関連するモデルプレス記事


近藤しづかのSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

近藤しづかのプロフィール

近藤しづか(こんどうしづか)
愛称 しづまる
生年月日 1984年10月10日
出身地 日本・千葉県
血液型 B型
瞳の色 ブラウン
毛髪の色 茶髪
公称サイズ(2008年時点)
身長 / 体重 166 cm / ― kg
スリーサイズ 80 - 58 - 82 cm
靴のサイズ 23.5 cm
趣味 ダンス・音楽鑑賞・卓球
特技 英語・デザイン(川原経義氏に師事)・イタリア語

千葉県出身のファッションモデル、デザイナー。
CanCam専属モデルとして活躍中。所属事務所はパール。
青山学院大学文学部英米文学科を2008年春卒業。

■来歴・人物
2004年は、大学のキャンパスで女性ファッション誌『CanCam』にスカウトされ、読者モデルになる。
※しばらくどこの芸能事務所にも所属せずフリーとして活動。

2006年CanCam専属読者モデル”キラキラ★メイツ”になる。

その後、2006年に「オビラジR」ではオビガールGのメンバーを務め、番組出演者としてロケリポーターなどに挑戦する。 同年秋に行われた「ワールド・ミス・ユニバーシティ・コンテスト」[1]の日本大会でグランプリを受賞。韓国で開催された同世界大会にも出場し、審査員特別賞を獲得する。

2007年、「CanCam」7月号で読者モデル「キラキラ★メイツ」から専属モデルとしてデビューを果たした。 メイク・美容系のページを中心に現在も活躍中。

2008年5月、フリーでの活動から所属事務所をパールへ入社し、MSN相談党広報担当兼党シンボルマークデザイナーに。

得意の料理を活かして2010年頃から3つの料理学校に通いフードコーディネーターの資格を取得。
「CanCam」誌上で“自炊モデル”として親しまれるに至る。
2011年の暮れには自身初の料理連載「Weeklyレシピ」をモデルプレスに始動。
料理関係ではさらに、NHKワンセグ「楽ごはん」への出演や、農林水産省「めざましごはんキャンペーン」でのレシピ提供、「FOODEX JAPAN」への参画など、フードコーディネーターとしての活動の幅を広げてきた。
2012年には“ヘルシーロコモコ”と題した自身の考案メニューがハイアットリージェンシーワイキキホテルのメニューに正式採用。異例の事態として注目を集める運びとなった。

2010年ハイアット・リージェンシー・ワイキキから日本人初のイメージモデル起用を受けた。
2012年にはアジア最大級の食料ならびに飲料の専門展示会「FOODEX JAPAN 2012」内の企画「FOODEX 美食女子」の公式サポーターに就任。
さっそく3月に就任式やトークショーを千葉の幕張メッセで実施した。2013年にも継続してこの役を担っている。

2013年9月号を持ってCanCam専属モデルを卒業。
2013年10月号より「AneCan」 に移籍することを発表した。

■人物
・趣味はダンス、音楽鑑賞、卓球。
・特技は英語(TOEIC810点)、イタリア語。(小学校から高校までの8年間イタリア在住の経験あり。)
・イタリアの高校から日本の大学に入学したが、イタリアと日本の卒業月が違う関係で大学入学は1年遅れている。
・美術やデザインが好きで、2007年には医療系商品のパッケージデザインもしている。
・読者モデル時代は周囲から「しづまる」という愛称で呼ばれていた。
・イタリア時代はミラノに在住。現在は神奈川県に住んでいる。
・好きな色は黄色、オレンジ、緑。
・2009年になって、ハーブの勉強をしている。

出演
■TV
・オビラジR(TBS、2006年)
・熱血!平成教育学院(フジテレビ、2008年7月)
・お笑いワイドショー マルコポロリ!(関西テレビ、2008年7月20日)
・夢の扉(TBS系全国ネット、2008年7月20日)
・赤坂プレミア屋台村!(TBS、2008年7月20日)
・踊る!さんま御殿!!(日本テレビ、2008年9月16日)
・MANNINGEN(フジテレビ、2009年1月29日)
女神サーチ (TBS、2009年4月 - )レギュラー
・コムダビ(TBS、2010年3月)

■CM
・森永製菓『BAKE』

■ラジオ
・FamilyMart Sweets Party(TOKYO FM)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
近藤しづかを「ウィキペディア」で参照する