サマンサタバサジャパンリミテッド寺田社長退く コナカ社長に株式の半分売却

サマンサタバサジャパンリミテッドは12日、寺田和正会長兼社長が保有する同社の普通株式約1100万株をコナカの湖中謙介社長に売却するとともに、25日付で寺田氏が代表権のない取締役に退くことを明らかにした。5月23日の定時株主総会で取締役からも退任し、その後は「…

関連記事