亀梨和也(C)WOWOW

亀梨和也、主演ドラマ「ゲームの名は誘拐」撮影初日から気遣い光る 見上愛との初対面裏側【現場レポート】

2024.05.16 12:00

KAT-TUN亀梨和也が主演を務める6月9日スタートのWOWOW「連続ドラマW 東野圭吾『ゲームの名は誘拐』」(よる10時~/全4話)の放送を前に、亀梨と女優の見上愛の撮影初日の現場レポートを公開。2人の初対面の様子や、早朝からの撮影を終えた亀梨のコメントも到着している。


亀梨和也主演「連続ドラマW 東野圭吾『ゲームの名は誘拐』」

本作の原作は2002年に刊行された東野圭吾の小説『ゲームの名は誘拐』(光文社文庫刊)。主人公の広告代理店の敏腕プランナー・佐久間駿介が、手掛けていた大型プロジェクトから突如降板させられたことを機に、自分を引きずり下ろした大企業の副社長に一矢報いるため、その娘と共謀して狂言誘拐を企てたことから始まるミステリーだ。2003年に一度実写映画化され、2020年には本作を原案としたドラマが中国で制作されるなど、長年にわたり世界中のファンを魅了してきた人気作である。

佐久間と葛城の一進一退の“攻防戦”、誘拐犯・佐久間と共犯者・樹理との間で育まれるいびつで危険な“恋愛模様”、完璧だったはずの佐久間の誘拐ゲームに待ち受ける“全てが覆る衝撃のラスト”が見どころだ。

亀梨和也&見上愛「ゲームの名は誘拐」クランクイン

2023年10月初旬のある朝、亀梨と見上は同時にクランクイン。佐久間(亀梨)と樹理(見上)が、昔ながらの喫茶店で話している第1話のシーンが、2人の初顔合わせの場となった。

自信を持って進めていたプロジェクトを、クライアントである日星自動車の副社長・葛城(渡部篤郎)によって白紙にされ、プライドをズタズタにされた佐久間。忸怩たる思いを抱えて葛城邸にやってきたところで、娘の樹理がこっそり家を抜け出す場面に遭遇する。気になった佐久間は樹理に声をかけ、とある喫茶店へ。そこで彼女の話から葛城という人物を探るという、初手の重要な場面だ。

見上愛(C)WOWOW
見上愛(C)WOWOW
まず見上がにこやかにお店に入って奥の席へ。その少し後に亀梨が凛々しい眼差しで現れると、2人は「よろしくお願いします」と互いに簡単なあいさつを交わし、スタッフの「クランクインです!」という高らかな宣言で現場が回り始める。大勢の拍手に迎えられた亀梨はスタッフたちをゆっくりと見回し、表情を緩めて丁寧に礼をする。その後、全話の演出を手掛ける鈴木浩介監督から、喫茶店で向かい合って話す2人をどの角度から撮っていくかの段取りの説明がなされ、すぐにテスト撮影へと移る。樹理はなぜ家を出たのか、その経緯を説明する長めの会話がミスもなくスムーズに進められていく様に、2人の入念な準備のあとが伺える。のちに聞くと、前夜遅くまで別作品の撮影に追われていたという亀梨。そんなことはみじんも感じさせない、プロフェッショナルな姿勢に驚かされた。

亀梨和也、見上愛(C)WOWOW
亀梨和也、見上愛(C)WOWOW
終始淡々と抑えたトーンで冷静に話す佐久間と、ときに子供っぽく、感情をにじませながら話す樹理。監督に「この段階では、佐久間はまだ(葛城を陥れるために樹理をどう利用するか)ノープランで話してますよね」と確認する亀梨に対し、「そう、だから準備している感じは出さないほうがいい」と鈴木監督。「明確な準備はしていないけど、佐久間の中ではすでにいろんな計算が始まっている感じかな」というアドバイスに、「そうだね」と亀梨も同意し芝居が再開される。コーヒーを飲みながらひと息入れ、考えを巡らせながら話しているようなニュアンスで、佐久間の心理を巧みに表現していた。

亀梨和也「ゲームの名は誘拐」撮影初日からお茶目に現場を和ます

見上愛、亀梨和也(C)WOWOW
見上愛、亀梨和也(C)WOWOW
亀梨が演じる佐久間の物腰はとにかくスマート。監督が見上に対してディレクションしている間も、襟やネクタイなどの身なりを整えて佇む亀梨の姿があったが、セットチェンジになるとその空気は一転。なぜか唐突に「あかりをつけましょぼんぼりに~」と、童謡の「うれしいひなまつり」を口ずさみながら、外の空気を吸いに出て行く亀梨のお茶目な一面が顔を見せた。初日の緊張感が漂う現場で、絶妙に肩の力が抜けた座長の姿に引っ張られ、見上も自然と笑顔をこぼしていた。

続いてとあるホテルに移動し、佐久間と樹理の“誘拐ゲーム”が動き出す序盤の重要シーンの撮影へ。家に帰りたくないという樹理を宿泊させるため、ホテルにチェックインをして部屋まで連れて行く一連を、亀梨は無駄のない動きでシャープにこなす。「スン!といかないといけないからね。こうスッと流れるようにやらないと(笑)」と、ことあるごとに場を和ませる姿が印象的だった。

そして撮影は進み、続いて部屋の中でのシーンへ。樹理に「冷たいシャワーでも浴びてこい」と言い放つセリフを「浴びろ」と修正していくなど、言葉尻まで芝居を探っていく様子に、亀梨の役作りへの細かなこだわりが感じられる。ひねくれた面がありながらも、お嬢様らしい天真爛漫さを醸し出す樹理と、冷静で頭の回転が早く、表情にも仕草にもスキがない佐久間。その対比がしっかりと表現されたシーンに仕上がっていた。

現場入り時には、初日ならではの緊張感を携えているように見えた亀梨。しかしこの日、いくつもの大事なシーンを撮り終えた頃には「ゲーム、始まっちゃったね(笑)」と自然な笑顔を見せるように。葛城への反抗心から見上が感情を高ぶらせた芝居をすれば、受け止める側の亀梨は大人ならではのやわらかいリアクションになる。絶妙な2人の関係性がこの先、どのように変化していくのか。完成が待ち遠しくなるような、初日の風景だった。(modelpress編集部)

佐久間駿介(さくま・しゅんすけ)役・亀梨和也 クランクイン撮影後コメント

― クランクインを迎えての、現在の心境は?

とにかく慌ただしい感じで入りました。昨日も夜中の1時まで別の作品を撮っていて、朝6時起きで現場に来たんです。(別作品の)クランクアップから本作のクランクインまで数時間という感じで、その間に髪を切って整えて準備をしてね。ひと息つく暇もなく、ずっと全力で走り続けて、ここまで来たという印象です。

― 共演の見上愛さんの印象は?

初めてお会いするので、写真やプロフィールを拝見して予習をしてきたんです。実際にお会いしたら、とても物腰が柔らかく、独特の空気をまとっている方でした。年齢はかなり離れていますが気さくで話しやすく、誘拐ゲームを巡るバディという関係性として、初日から生きた芝居ができたと思う。お芝居をする上での駆け引きも楽しくやっていけそうだと感じました。佐久間のキャラクターには固い部分があるので、その固さの中に生っぽさというか、あえて“へぇ~”とか“フッ”という余白のようなものを入れているんです。セリフも全体的に固い感じのものが多いので。見上さんは僕のそういったお芝居もちゃんと表情で受け取ってリアクションをくれるのでやりやすいですね。

― 演じる佐久間駿介という人物をどう捉えていますか?

基本的にすごく真面目でプライドが高い。合理的な人物だけど、それは世の中に対してというより、自分の生き方として合理的であろうとしているなと思います。とにかくプライドが高いゆえに、人とのコミュニケーション、要するに“人当たり”的なところでうまくいかないところがある。彼のそういった、一般的にはあまり共感されないような部分も、大事に演じていきたいと思っています。

― ドラマを楽しみにしてくれている人へ、メッセージをお願いします。

このレポートが世に出ている頃には撮影は終わっていますが、現時点の僕は撮影に入ったばかり。手探りな部分もあるだけに、これからどんな芝居ができるのか楽しみにしています。毎話、新しい衝撃があると思うので、作品の画から出てくる情報を存分に受け取ってもらえたら、きっと最終回の楽しさがより一層増すと思います。ぜひ、最後まで楽しんでください。

「連続ドラマW 東野圭吾『ゲームの名は誘拐』」ストーリー

広告代理店「サイバープラン」の敏腕プランナー・佐久間駿介(亀梨和也)は、画期的なアイデアと、どんな手を使ってでも必ず勝負に勝つという行動力で、数々のクライアントを担当してきた。女性にもよくモテる佐久間は、明敏な頭脳のもと、仕事も恋愛も「ゲーム感覚」でクリアすることに快感を覚える人間だった。

だが、そんな佐久間が手掛ける大手自動車メーカー「日星自動車」の大型プロジェクトに異変が起きる。同社副社長・葛城勝俊(渡部篤郎)により、進めていたプロジェクト内容は否定され、佐久間以外の人間でやり直すよう要求された。完璧に進んでいたはずの「ゲーム」から引きずり降ろされ、プライドを引き裂かれた佐久間は、葛城への復讐のため、彼の娘で、同じく父親に恨みを持つ樹理(見上愛)と手を組んで狂言誘拐を実行する。しかし、順調に滑り出したかに見えた「誘拐ゲーム」は、やがて予想外の展開を見せていく。
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連ドラマ

  1. ゲームの名は誘拐

    ゲームの名は誘拐

    2024年06月09日(日)スタート

    毎週日曜22:00 / WOWOW

    詳しく見る

関連記事

  1. 【Destiny 第6話】奏&真樹、取調室で対峙 衝撃の第2部開幕
    【Destiny 第6話】奏&真樹、取調室で対峙 衝撃の第2部開幕
    モデルプレス
  2. 「Destiny」ラスト1分から次回予告テロップまで…衝撃展開に視聴者唖然「怪しい」「全く先が読めない」
    「Destiny」ラスト1分から次回予告テロップまで…衝撃展開に視聴者唖然「怪しい」「全く先が読めない」
    モデルプレス
  3. 【Destiny 第5話】奏、重要な遺品を発見 真樹も“真実”にぼう然
    【Destiny 第5話】奏、重要な遺品を発見 真樹も“真実”にぼう然
    モデルプレス
  4. 「Destiny」KAT-TUN亀梨和也、病人役で減量 “ラムネ”を食べ続けた理由とは
    「Destiny」KAT-TUN亀梨和也、病人役で減量 “ラムネ”を食べ続けた理由とは
    モデルプレス
  5. 「Destiny」亀梨和也、石原さとみとの“イチャイチャ”撮影で感心「亀梨を残して芝居しておけば良かった」
    「Destiny」亀梨和也、石原さとみとの“イチャイチャ”撮影で感心「亀梨を残して芝居しておけば良かった」
    モデルプレス
  6. 「Destiny」石原さとみ、亀梨和也に“撮影延期”伝えた際の対応絶賛「イケメンという言葉では足りない」
    「Destiny」石原さとみ、亀梨和也に“撮影延期”伝えた際の対応絶賛「イケメンという言葉では足りない」
    モデルプレス

「ドラマニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 「お迎え渋谷くん」京本大我、田辺桃子とのベッドシーン・床ドン返し・セルフ拘束…冒頭1分の“うぶラブシーン”連発話題「ギャップすごい」「新しすぎる」
    「お迎え渋谷くん」京本大我、田辺桃子とのベッドシーン・床ドン返し・セルフ拘束…冒頭1分の“うぶラブシーン”連発話題「ギャップすごい」「新しすぎる」
    モデルプレス
  2. 「虎に翼」直言(岡部たかし)が最期に失言連発「お父さんらしい」「泣きながら笑っちゃった」の声
    「虎に翼」直言(岡部たかし)が最期に失言連発「お父さんらしい」「泣きながら笑っちゃった」の声
    モデルプレス
  3. 【虎に翼 第44話あらすじ】直言が亡くなる 寅子は闇市へ
    【虎に翼 第44話あらすじ】直言が亡くなる 寅子は闇市へ
    モデルプレス
  4. 【ブルーモーメント 第6話】晴原、ひかるに灯の行動の真相問う
    【ブルーモーメント 第6話】晴原、ひかるに灯の行動の真相問う
    モデルプレス
  5. 塚本高史&野呂佳代、松本若菜の親友役に 「西園寺さんは家事をしない」新キャスト4人解禁
    塚本高史&野呂佳代、松本若菜の親友役に 「西園寺さんは家事をしない」新キャスト4人解禁
    モデルプレス
  6. 樋口日奈、連ドラ初主演で初の人妻役 “大人のリアル不倫ラブドラマ”映像化・共演者も解禁【初恋不倫~この恋を初恋と呼んでいいですか~】
    樋口日奈、連ドラ初主演で初の人妻役 “大人のリアル不倫ラブドラマ”映像化・共演者も解禁【初恋不倫~この恋を初恋と呼んでいいですか~】
    モデルプレス
  7. 【好きなオトコと別れたい 第9話】浩次、家出で郁子と青山が急接近
    【好きなオトコと別れたい 第9話】浩次、家出で郁子と青山が急接近
    モデルプレス
  8. 【君とゆきて咲く~新選組青春録~ 第6話】大作&丘十郎ら、会津藩謁見へ 長州藩は襲撃計画企てる
    【君とゆきて咲く~新選組青春録~ 第6話】大作&丘十郎ら、会津藩謁見へ 長州藩は襲撃計画企てる
    モデルプレス
  9. 高橋文哉「伝説の頭 翔」実写化で金髪カリスマヤンキーに「仮面ライダーゼロワン」以来のテレ朝連ドラ主演カムバック
    高橋文哉「伝説の頭 翔」実写化で金髪カリスマヤンキーに「仮面ライダーゼロワン」以来のテレ朝連ドラ主演カムバック
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事