平野紫耀/「クロサギ」場面写真(C)TBS

King & Prince平野紫耀&黒島結菜「クロサギ」撮影現場で見せる相性の良さ ラブストーリー&最終回への展開にプロデューサーが言及

2022.10.11 07:00

10月21日より放送がスタートするTBS系金曜ドラマ『クロサギ』(毎週金曜よる10時~、第1話20分拡大)。本作のプロデューサーを務める武田梓プロデューサーと那須田淳プロデューサーが報道陣の取材に応じ、King & Prince平野紫耀黒島結菜など出演者の撮影秘話や最終回に向けて進んでいくストーリーに言及した。


平野紫耀主演「クロサギ」

本作は、詐欺によって家族を失った主人公が「詐欺師を騙す詐欺師=クロサギ」となって、本当の「敵」を探し出し打倒していく物語。

原作は黒丸・夏原武(原案)による漫画「クロサギ」シリーズ。今回、2013年に全42巻で完結した漫画シリーズを原作に、いわば“『クロサギ』完全版”として新たにドラマ化。主人公・黒崎高志郎を平野が演じる。2022年の現代を舞台に、今の日本でリアルに起こっている詐欺に「クロサギ」が喰らいつく。


平野紫耀、黒崎との共通点

クランクインしてからの平野について、武田プロデューサーは平野が普段から様々な活動をしているからこそ「氷柱や桂木、騙すターゲットと様々な人に見せる色んな人になりきって場面によって使い分けるのがとても上手で見ていて楽しくなります」と、自然と黒崎になりきる平野を感じているといい、詐欺師に詰め寄るシーンでは「こんな声出るんだ」というくらい普段は聞けないようなドスの利いた声を出すなど、芝居の引き出しの多さを指摘。

那須田プロデューサーと口を揃えて言及したのは、おはぎをリスのように両頬に頬張りながら芝居するというシーン。那須田プロデューサーは「指示しなくても自然と人を惹きつけるお芝居をするのは、平野くんの唯一無二の俳優センスです」と絶賛した。

また、現場で「皆さんを明るく引っ張ってくれている存在」だという平野。武田プロデューサーは「シリアスで真剣なシーンでは辛くなったりしんどくなったりするエピソードも出てきますが、平野さんが演じることによってしんどくならず気持ちよく観られるテンションになるので、雰囲気が沈みすぎない」と平野の持つ力に感銘。

平野の様子について、共演者とは和気あいあいと話しているが、詐欺師界のフィクサーであり、黒崎と複雑な師弟関係を持つ桂木敏夫役の三浦友和とは話さないようにしているといい「彼なりに色々距離感を図りながらやっているのだと思います」とも明かした。

平野紫耀、ヒロイン・黒島結菜とのシーンは“等身大”

今回、黒崎との出会いにより様々な葛藤に直面する、検事志望の大学生・吉川氷柱(よしかわ・つらら)役について「大学3年生ながら検事という夢を抱いて歩き出すという、いわば子どもと大人の中間にいる氷柱を演じる黒島には「大人っぽいけれど真っ直ぐで擦れていない、自分の意志を持ちつつも悩んでいるというヒロイン像がとても似合っています」と分析。「皆さんが主人公のダークヒーローに感情移入をしていくなかで、時には、正論も突き付けなくてはいけないヒロイン」を演じる難しさを、透明感抜群な澄んだ演技と熱いハートの持ち主として、見事に演じてくれていると絶賛。

そんな氷柱と黒崎のラブストーリーの側面については「絶対に結ばれない悲しい関係の2人なのですが、毎話お互いがお互いに対してどう思っているかという心の変化が出てくる」という武田プロデューサーに対し、「黒崎に光を差している、どこかに導いてくれる存在が氷柱」だと分析し、「結ばれない2人なのにどう未来を切り開けるのか、乗り越えていくのか切り開いていけるのか、ヒリヒリする思いや切ない思いを応援してあげて欲しいです」と那須田プロデューサーは続けた。

2人の撮影シーンに話が及ぶと、他のシリアスなシーンとは異なり「21歳同士の会話になる」という武田プロデューサー。「お互いが等身大の自分で話しているような雰囲気で、観ていて楽しいシーンが多いです」「平野さんがアドリブのアイデアを出したり、笑いが起きたりと明るい雰囲気です」と、和気あいあいとした現場になっているという。

さらに、那須田プロデューサーは2人の芝居について「相性はいいと思います」と断言。「重い部分・悲しい部分・切ない部分・楽しく見せる部分、それぞれ同じような感性を持っていてお芝居が共鳴しやすい」「この作品では、暗い部分、重い話、悲劇的なことが続きますが、人間は24時間暗く生きているわけではないという人間味が彼らの明るさに感じられます」と2人のそれぞれの役柄へのアプローチの共通点を挙げていた。

「クロサギ」の展開に「ついてきてください!」

また、黒崎の宿敵・御木本(坂東彌十郎)は「分かりやすいぐらい大物で得体の知れない詐欺師の役で、大河ドラマ(『鎌倉殿の13人』)を観て只者ではない雰囲気を発揮される坂東さんに決めました」というキャスティングや、大企業のみを標的とする“シロサギ”・白石陽一(山本耕史)がオファー時に「僕の奥さんがやっていた役をやるんですか?」と冗談を言われたという裏話など、他のキャストについても語った武田プロデューサーと那須田プロデューサー。

「彼とはどういう人間なのか」「“クロサギ”という唯一無二の存在がどんな活躍をするのか」「黒崎と氷柱との出会い」の3つが描かれるという第1話、そして今後の見どころについて聞くと、2人から「ついてきてください!」という言葉が。

那須田プロデューサーは「回を重ねるごとに話はどんどんダイナミックになっていて、見逃せないハラハラドキドキがありますが、差し色のように平野くんが様々な魅力をたくさん見せてくれる、楽しみ続けられるドラマになっています」と声を弾ませ、「黒崎という男がこの旅をどう終わらせることができるのかがとても大事になっています」と最終回への展開に言及。

武田プロデューサーは「一言でこういうドラマですとなかなか言えないくらい色んな気持ちになるドラマだと思うので、絶対これを見たら楽しいと思っていただける作品になっていると思います!」と期待を込めた。(modelpress編集部)

「クロサギ」第1話あらすじ

15歳の時、詐欺被害に遭った父が起こした事件をきっかけに家族を失った黒崎高志郎(平野)は、詐欺師への復讐を決意し、詐欺師のみを騙す詐欺師“クロサギ”に。表向きはアパートの大家をしており、父を騙した詐欺師・御木本(坂東)にたどり着くべく、この世の詐欺師を一人残らず喰い尽くすことを生きる目的としている。

黒崎は下町の甘味処「かつら」に通い、詐欺師たちの情報を得ている。そこにいるのは、表向きは甘味処店主、裏では詐欺師界のフィクサーである桂木敏夫(三浦)。黒崎は、過去の事件をきっかけに、この桂木から詐欺師として飼われている。

ある日、詐欺被害者である吉川辰樹(船越英一郎)の元を尋ねる黒崎。辰樹の娘・吉川氷柱(黒島)は黒崎が詐欺師だと分かると猛反発するが、吉川家が騙された手口を聞いた黒崎は、蓋をしてきた過去の記憶が蘇り――。

今回の詐欺師が家族の仇である御木本に繋がる手がかりになるのではと、動き始める黒崎。

「あんたを騙したシロサギ、俺が喰ってやるよ」
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連ドラマ

  1. クロサギ

    クロサギ

    2022年10月21日(金)スタート

    毎週金曜22:00 / TBS系

    詳しく見る

関連記事

  1. King & Prince平野紫耀は“1番僕たちが求めているものだった”「クロサギ」起用理由と今放送する意味、プロデューサーが明かす
    King & Prince平野紫耀は“1番僕たちが求めているものだった”「クロサギ」起用理由と今放送する意味、プロデューサーが明かす
    モデルプレス
  2. King & Prince平野紫耀、引き締まった肉体美「美ST」3度目の表紙で発売前増刷決定
    King & Prince平野紫耀、引き締まった肉体美「美ST」3度目の表紙で発売前増刷決定
    モデルプレス
  3. King & Prince平野紫耀、妖艶な髪かき上げ姿で「anan」表紙 “絶対王者”の貫禄
    King & Prince平野紫耀、妖艶な髪かき上げ姿で「anan」表紙 “絶対王者”の貫禄
    モデルプレス
  4. 読者が選ぶ「2022秋楽しみなドラマ」ランキングを発表<1位~20位>
    読者が選ぶ「2022秋楽しみなドラマ」ランキングを発表<1位~20位>
    モデルプレス
  5. King & Prince平野紫耀、存在感ある美しさで表紙登場 刺激的なスタイリング・王子様ルック披露
    King & Prince平野紫耀、存在感ある美しさで表紙登場 刺激的なスタイリング・王子様ルック披露
    モデルプレス
  6. 黒島結菜ヒロイン朝ドラ「ちむどんどん」最終回視聴率は16.7%、平均視聴率は15.8%
    黒島結菜ヒロイン朝ドラ「ちむどんどん」最終回視聴率は16.7%、平均視聴率は15.8%
    モデルプレス

「ドラマニュース」カテゴリーの最新記事

  1. <新空港占拠 第7話>武蔵、“山猫”の正体暴くため動く 本庄が大和に使った“切り札”とは
    <新空港占拠 第7話>武蔵、“山猫”の正体暴くため動く 本庄が大和に使った“切り札”とは
    モデルプレス
  2. 「恋する警護24時」岩本照、白石麻衣の警護終了に動揺 大接近で思い告白?
    「恋する警護24時」岩本照、白石麻衣の警護終了に動揺 大接近で思い告白?
    モデルプレス
  3. 「おっさんずラブ」武蔵(吉田鋼太郎)の豪華手作り弁当が話題 余命1ヶ月でも“はるたん愛”炸裂
    「おっさんずラブ」武蔵(吉田鋼太郎)の豪華手作り弁当が話題 余命1ヶ月でも“はるたん愛”炸裂
    モデルプレス
  4. 「おっさんずラブ」武蔵(吉田鋼太郎)、ラスト7分で伝えたはるたんへの感謝と牧への本音…“最期のメッセージ”に視聴者感涙
    「おっさんずラブ」武蔵(吉田鋼太郎)、ラスト7分で伝えたはるたんへの感謝と牧への本音…“最期のメッセージ”に視聴者感涙
    モデルプレス
  5. 「不適切にもほどがある!」新たなキーパーソン出現か「気になる」「何かが繋がるのかな」注目続々
    「不適切にもほどがある!」新たなキーパーソン出現か「気になる」「何かが繋がるのかな」注目続々
    モデルプレス
  6. 「不適切にもほどがある!」市郎(阿部サダヲ)&純子(河合優実)の“真実”明かされる 迎えた結末に視聴者号泣「涙なしで観られない」
    「不適切にもほどがある!」市郎(阿部サダヲ)&純子(河合優実)の“真実”明かされる 迎えた結末に視聴者号泣「涙なしで観られない」
    モデルプレス
  7. 「院内警察」結依役の梨里花、2歳で芸能デビュー・朝ドラ&大河でも活躍の実力派 桐谷健太&長濱ねるらとの撮影エピソードも【注目の人物】
    「院内警察」結依役の梨里花、2歳で芸能デビュー・朝ドラ&大河でも活躍の実力派 桐谷健太&長濱ねるらとの撮影エピソードも【注目の人物】
    モデルプレス
  8. 「ふてほど」家族関係の謎“3選” 市郎(阿部サダヲ)&純子(河合優実)の死亡説・錦戸亮&古田新太の関係性…考察まとめ
    「ふてほど」家族関係の謎“3選” 市郎(阿部サダヲ)&純子(河合優実)の死亡説・錦戸亮&古田新太の関係性…考察まとめ
    モデルプレス
  9. ファーストサマーウイカ、仲里依紗の同期役「不適切にもほどがある!」第6話ゲスト発表
    ファーストサマーウイカ、仲里依紗の同期役「不適切にもほどがある!」第6話ゲスト発表
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事