年下彼氏と結婚前提で付き合うメリット7つ

年下彼氏って何か頼りなさそう…いえいえ実は年下彼氏と結婚するメリットはたくさんあります。今回は年下彼氏と結婚前提で付き合うメリットから付き合うときに気を付けたいポイント、そして彼に結婚を意識させる方法をご紹介していきます。

目次

  1. 1. 年下彼氏と付き合うメリット7つ
  2. 2. 年下彼氏と付き合うときに気を付けたいポイント5つ
  3. 3. 「結婚」を年下彼氏に意識させるには?
  4. 4. 年の差は気にしない!幸せになれるかは2人次第

まずは年下彼氏と結婚前提に付き合うメリットから見ていきましょう。

年下彼氏と結婚前提で付き合うメリット7つ/photo by ぱくたそ
年下彼氏と結婚前提で付き合うメリット7つ/photo by ぱくたそ

年下彼氏と付き合うメリット7つ

1)ギャップをたくさん発見できる

年下彼氏は甘え上手が多いイメージですが、実はそれだけじゃありません。

それは、普段友人などには見せない男らしい部分です。

付き合って一緒にいる時間が長くなるほど、年下彼氏の男らしい姿を目にする機会が多くなるカップルが多いとか。

年下男子はこのような男らしい部分を彼女にしか見せようとしないようです。

男らしい部分に思わず胸キュン!/photo by GAHAG
男らしい部分に思わず胸キュン!/photo by GAHAG
自分にしか見せない姿なんだと思うと、キュンとしてしまいますよね。

付き合えば付き合うほど、どんどん年下彼氏のギャップを見つけることができて、飽きることなく一緒にいられるようです。

結婚してからも、ずっとラブラブでいられそうですよね。

2)彼から頼ってくれる

彼女として必要とされるのは素直に嬉しい…♡/photo by GIRLY DROP
彼女として必要とされるのは素直に嬉しい…♡/photo by GIRLY DROP
彼氏から頼られると、彼女として必要とされていると感じることができて嬉しいですよね。

年下彼氏は程よく年上である彼女のことを頼って、相談してくれる人が多いそう。

頼りすぎず、1人で決断しすぎない、バランスのいい頼り方をしてくれるようです。

バランスが取れた頼り方をしてくれる!/photo by ぱくたそ
バランスが取れた頼り方をしてくれる!/photo by ぱくたそ
悩んだ時に頼りにしてくれ、また彼女が悩んだ時は同じように話を聞いてくれます。

このようにお互い支え合う関係が作りやすいので、結婚してからも何でも相談し合える関係を続けることが可能に。

円満な家庭を築くことができるので、穏やかな結婚生活を送ることができるかもしれません。

3)年下ならではの考え方を取り入れられる

年下だからこその考えも柔軟に取り入れて/photo by ぱくたそ
年下だからこその考えも柔軟に取り入れて/photo by ぱくたそ
同世代や年上ばかりと付き合っていると、嗜好が偏って、新しいものを好きになるきっかけができにくいことも。

しかし年下彼氏は新しい考え方を取り入れるのも上手い人とが多いとか。

そうすると付き合い方の幅や楽しみ方が広がり、今までよりも良い恋愛が出来る可能性が高くなるでしょう。

また、話題の幅も広がりやすいので話題や知識が豊富になったりして仕事などに役立つ場面もあるのです。

マンネリ?何それ美味しいの…?/photo by ぱくたそ
マンネリ?何それ美味しいの…?/photo by ぱくたそ
結婚後も「マンネリ化」しがちな夫婦関係を、年下彼氏なら打破してくれるきっかけを作ってくれるかもしれません。

4)自分より長く働ける

将来を考えるなら経済面の心配はつきもの/photo by GAHAG
将来を考えるなら経済面の心配はつきもの/photo by GAHAG
特に結婚後に無視することができないのが、経済的な部分です。

年下彼氏は自分よりも働ける年数が長いこともメリットとしてあげられます。

自分の体調が悪くなったり定年退職をしたりして働けなくなっても、経済面で年下彼氏を頼ることができます。

結婚後にもしものことがあっても、年下彼氏なら安心して過ごすことができるでしょう。

5)年下彼氏は尽くす傾向アリ

年下彼氏は年上の彼女をとても大切にしようとする人が多いそう。

彼女が喜ぶことは何でもしてあげたいと思う年下彼氏も存在するほど。

彼女のためなら何でもしてあげたいっ!/photo by GAHAG
彼女のためなら何でもしてあげたいっ!/photo by GAHAG
「これ可愛いなあ」とデートの時につぶやいた言葉は聞き逃すことはなく、その後誕生日プレゼントや、なかにはサプライズでプレゼントしてくれることもあります。

また、このように尽くしてくれるのは結婚後も同じです。

家事や育児などを率先して手伝ってくれます。

尽くしてくれる彼はとても素敵/photo by GAHAG
尽くしてくれる彼はとても素敵/photo by GAHAG
頼んだことはもちろん、頼んでいないこともこなしてくれるタイプもいます。

家事や育児を分担できる良い夫となるのも年下彼氏のメリットといえるでしょう。

6)自分磨きを頑張れる

自分磨きも頑張れちゃう/photo by GIRLY DROP
自分磨きも頑張れちゃう/photo by GIRLY DROP
彼が年下の場合、彼より年上に見えないように努力することができるでしょう。

周囲から見てカップル間に「年の差を感じる」と思われないよう、女性は日々美しくいるための努力をする人が多いとか。

自分の結婚生活にも潤いが出る!/photo by GIRLY DROP
自分の結婚生活にも潤いが出る!/photo by GIRLY DROP
これは結婚後も続くため、女性は同世代の女性より若く見えることも多いそうです。

男性にとっても、美しい奥さんを大切にしようと、いつまでも愛され続けるのです。

7)自分の好みに育てることができる

自分好みに育てられるのも醍醐味の一つ/photo by GAHAG
自分好みに育てられるのも醍醐味の一つ/photo by GAHAG
年下彼氏だと恋愛経験が浅く、あまり恋愛に対する凝り固まった考え方を持っていない場合が多いそう。

だから女性への接し方や付き合い方など、彼女に合わせてくれる男性が少なくありません。

そのため自分好みのタイプに育てることができ、年下彼氏を自分にピッタリの相手に出来るのです。

結婚して夫婦になってからも「自分好みの旦那さん」に育てることができ、家事や育児に協力してくれる男性に育てることもできるでしょう。

\ 年上彼女を可愛いと思う瞬間は? /



では次に、そんな彼と付き合っていく中で気を付けたいポイントをまとめてみました。

年下彼氏と付き合うときに気を付けたいポイント5つ

付き合う時に気をつけたいポイントをチェック/photo by GAHAG
付き合う時に気をつけたいポイントをチェック/photo by GAHAG
1)周りの目を目を気にしない

歳の差に不安を感じてしまう原因の一つとして挙げられるのは、周りの目を気にしてしまうこと。

もちろん、結婚を考える時に自分や相手の親に反対される恐れもあるので、身内を気にするのはしょうがないことかもしれません。

しかし、身内でもない周りの人に何かを言われても、気にする必要なんてないはずです。

自分たちだけの世界を保つことも大事/photo by GAHAG
自分たちだけの世界を保つことも大事/photo by GAHAG
周りに言われて揺らぐくらいの恋であれば、長続きは難しいかも。

人の意見は気にせず、自分が彼を好きだという気持ちを大切にしましょう。

周りに言われて揺らぐならそれまでかも/photo by ぱくたそ
周りに言われて揺らぐならそれまでかも/photo by ぱくたそ
2)価値観の違いを気にしない

同じ環境で同じように育ってきた人はほとんどいないのですから、多かれ少なかれ価値観が違ってくるのは自然なことです。

歳の差があってもなくても、価値観は違ってくるのは普通のこと。

年齢差=価値観のズレではない!/photo by ぱくたそ
年齢差=価値観のズレではない!/photo by ぱくたそ
年齢差=価値観のズレではありません。

相手の価値観を、しっかりとお互いに受け入れることが出来るかどうかが重要。

「彼が年下だから価値観が合わない」と決めつけず、彼自身にしっかり向き合ってみてくださいね。

3)相手にあわせようとしない

無理に合わせようとしなくてもOK/photo by ぱくたそ
無理に合わせようとしなくてもOK/photo by ぱくたそ
年下の彼に話を合わそうとして、共通の話題を探しすぎていませんか?

少しの年齢差でも、昔に流行ったものが違ったり、興味のあるものが違ってきたりすることは少なからずあるはず。

そんな中で無理やり共通の話題を探しても疲れてしまうもの。

もちろん、二人が楽しめるような共通の話題を見つけるのもいいですが、相手の知識を教えてもらったり、逆に自分の知識を教えてあげたりするのも楽しく、会話が弾むでしょう。

二人の歳の差が離れているからこそ、新しく知ることの出来ることがたくさんあるはずです。

離れているからこそ楽しめることもある/photo by GAHAG
離れているからこそ楽しめることもある/photo by GAHAG
こういった会話の楽しみ方ができる二人は、年の差に関わらず長続きできるカップルとなり、結婚しても楽しく過ごせるでしょう。


4)年齢差を言い訳にする

「年下だからできなくても仕方ない」「年下だから分からない」など、年下を言い訳にしていませんか?

しかし、カップルは基本的に同じ目線になることが大切なので、彼が年下だということを言い訳にする場面が増えると良いことはありません。

年齢差を言い訳にしない/photo by GAHAG
年齢差を言い訳にしない/photo by GAHAG
「年下だからできないでしょ」と女性が諦めることで男性のプライドは傷ついてしまうかも。

年齢差を“できない”の言い訳にするのはタブーです。

5)彼の交友関係に理解を示す

彼女の存在で人間関係が変わるわけでもない/photo by GAHAG
彼女の存在で人間関係が変わるわけでもない/photo by GAHAG
年上の彼女がいるからと言って、今までの友人関係を変える男性はなかなかいないでしょう。

彼女と一緒にいる時は、普段よりも少し背伸びしてしまうこともあるため、同世代の友人と遊ぶことで、素の自分を出してリフレッシュしている男性もいるようです。

背伸びをしない可愛い彼女に/photo by GIRLY DROP
背伸びをしない可愛い彼女に/photo by GIRLY DROP
もちろんそんな背伸びをさせないような関係になるのが理想ですが、男性にもプライドだけでなく付き合いもあるため、彼の交友関係に理解を示す必要があります。

だからデートが減っても友だちと遊ぶことを制限したり嫌な顔をしたりせず、快く送り出してあげることが大切です。

しかし全く嫉妬する素振りを見せないのも彼氏の不安を煽るので、たまにはかわいらしく「今日は一緒にいたいな」とわがままを言ってみるのもいいかもしれません。

\ 年の差カップルが長続きする秘訣は?/



「結婚」を年下彼氏に意識させるには?

結婚を意識してもらうには…/photo by ぱくたそ
結婚を意識してもらうには…/photo by ぱくたそ
彼の年齢が若ければ若いほど、結婚する気持ちがあるのかどうか気になってしまいますよね。
しかしそれは年齢差に関わらず、そもそも「彼が結婚をする気があるかどうか」が大切です。

結婚する意志があるのであれば、彼に結婚を意識させるために以下のことをしてみては?

回らないことはさり気なくフォローをしてあげて/photo by ぱくたそ
回らないことはさり気なくフォローをしてあげて/photo by ぱくたそ
1)彼が手の回らないことをさりげなくフォローしてあげる

「あなたがいないとだめだ」と男性に思ってもらうことで、あなたを永遠のパートナーとして考えてくれるでしょう。

2)あなたの誕生日に年齢をアピール
あなたの年齢をアピールするのもOK/photo by ぱくたそ
あなたの年齢をアピールするのもOK/photo by ぱくたそ

あなたの誕生日は彼に結婚を意識してもらう絶好のチャンス!

「彼女ももうこの歳か」と彼自身があなたの年齢に向き合う機会になります。

彼もあなたの年齢が上がるにつれて、結婚について不安に思っていることはわかってくれているはず。

誕生日くらいは将来について熱く語り合ってもOK/photo by GIRLY DROP
誕生日くらいは将来について熱く語り合ってもOK/photo by GIRLY DROP
普段から結婚について言いすぎると彼もうんざりしてしまうかもしれませんが、誕生日の日には“二人の未来について”を話し合ってみてもいいかもしれません。

3)周りを固める

先ほどもあった通り、結婚についてしつこく言いすぎるのはタブー。

これは年の差に関わらず、男性すべてに共通することです。

周りからどんどん固めていって/photo by ぱくたそ
周りからどんどん固めていって/photo by ぱくたそ
まずは彼の友人や家族に、あなたが結婚したい意思を伝えて、周りから彼に話してもらうことで、彼の結婚への意欲が高まるかも。

男性は同性の友人や、母親からのプッシュに弱いものです。

年の差は気にしない!幸せになれるかは2人次第

幸せになれるかは2人の力次第!/photo by ぱくたそ
幸せになれるかは2人の力次第!/photo by ぱくたそ
年の差があるからといって、年齢を意識しすぎず、自然体でいることが大切です。

「年上だから」と気を張りすぎず、あなたを愛してくれる男性と幸せになれるように、魅力的な女性であり続ける努力は惜しまず続けましょう。

また、年下彼氏と結婚前提にお付き合いすることで、あなただけが見つけられる彼の素敵な部分も発見できるかもしれませんよ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 年下彼氏と結婚前提で付き合うメリット7つ
今読んだ記事

年下彼氏と結婚前提で付き合うメリット7つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事