彼がなーんか隠している…真実を引き出すための“カマかけ方法”5つ

【恋愛コラム/モデルプレス】最近彼の様子がなんだかおかしい…私に隠し事をしているかも…と思ったら、真実を確かめたくなりますよね。そんな時は、彼にカマをかけることで上手に隠し事を暴ける可能性があります。真実を知りたいなら試してみましょう。今回は、彼が何か隠している時、上手にカマをかける方法をご紹介します。
彼がなーんか隠している…真実を引き出すための“カマかけ方法”5つ/photo by ぱくたそ
彼がなーんか隠している…真実を引き出すための“カマかけ方法”5つ/photo by ぱくたそ

彼の話が一通り終わった後「実は知っているんだよね」と言う

不意をつくというのはカマをかける上で大切なポイントなので、彼の話の後にこちらから仕掛けるのが効果的です。

どんな話でも彼の話を最後まで一通り聞いて、話が終わったら「実は知っているんだよね」という言葉を掛けてみましょう。

彼は突然の言葉に「何を知っているんだろう」とか「もしかして隠し事がバレた?」と、焦ってしまうのです。

焦るとつい隠し事について口を滑らせてしまうことがあるので、そこから真実を引き出せる可能性があります。

友達の話という体で彼のことを色々話してみる

「実は友達がこういう隠し事をしていて…」と、友達のこととして彼に色々話してみるのも効果的にカマをかける方法です。

友達のことと言っているにも関わらず自分の話のように感じるので、彼はきっと焦ってしまうでしょう。

そしてあなたが「そういう隠し事をされると悲しい」という事を伝えることで、彼に罪悪感を与えることになるのです。

更に彼も「自分の隠し事がバレているのかも」と感じるので、自分から隠し事について話してくれる可能性があります。

さり気ない会話で引き出すのがポイント(photo-by-gstockstudio/Fotolia)
さり気ない会話で引き出すのがポイント(photo-by-gstockstudio/Fotolia)

無言で見つめるのもカマをかける方法として有効

無言で彼を見つめるという方法も、実はカマをかける方法として有効で彼から本音を引き出せる可能性があります。

彼が話をしている時も彼のことはきちんと見て、無言で話を聞き彼の話が終わっても無言で見つめ続けるのです。

そうすると彼は「何で何も言わないんだろう」と不安になり、次第に隠し事がバレているのではないかと不安になってきます。

それを何度か繰り返すと彼の方から「どうしたの?」と聞いてくるはずなので、「なにか話すことない?」と聞いてみると良いでしょう。

小さい質問からどんどん詰めていく

徐々に追い詰めていってカマをかける方法も、その場で彼の隠し事を引き出せる可能性があるでしょう。

たとえば「この映画観たことある?」と言う質問から、「いつ、どこで、何回、誰と」と質問を詰めていくのです。

テンポよく聞いていくと彼もそれに乗せられて、隠し事についても答えてしまう確率がアップするからです。

こういう風に少しずつたくさん質問をするカマをかける方法は、彼も無意識の内に話してしまうで隅々まで聞くことが出来ます。

何日も掛けてカマをかける

彼がカマをかけることに敏感で、なかなか隠し事を暴けない場合は何日も掛けてカマをかけることで上手に引き出すことが出来ます。

たとえば「この前の休みは何していたの?」と聞いて答えてくれたら、後日「この前は飲んでいたんだよね?」と少し質問を変えて同じことを聞きます。

そうやって何度も質問をしていくと次第に答えが変わって来て、徐々に辻褄が合わなくなってくるので秘密を突き詰められます。

そうしたら「この前はこう言っていたよ」と追い詰めた後、彼の口から本当のことを聞くことが出来る可能性があります。

真実を知った後の対応も考えておいて(photo by zinkevych/Fotolia)
真実を知った後の対応も考えておいて(photo by zinkevych/Fotolia)

彼が信用できないならチェックしておきたいこと


いかがでしたか?

もし彼が隠し事をしていると感じたら、まずは焦らず隠し事をしている意味やどんな隠し事をしているのか確認してみましょう。

また隠し事を引き出す時は冷静に落ち着いて、彼に余裕を見せるようにすると彼を焦らせる事が出来て優位に立つ事が出来ます。

また、カマをかけることで隠し事を暴いてどうするのかを考えておき、あなた自身の心の準備をしておくことも大切だと言えます。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 彼がなーんか隠している…真実を引き出すための“カマかけ方法”5つ
今読んだ記事

彼がなーんか隠している…真実を引き出すための“カマかけ方法”5つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事