男性が話す“好みのタイプ”に隠された本音5つ 彼の性格が分かる!?

【恋愛コラム/モデルプレス】男性に「好みのタイプは?」と聞いて、返ってきた答え。実はその好みのタイプには、男性の本音が隠されているんです。答えたタイプによって男性の性格が分かることもあるので、女性は知っておいて損はありませんよ。今回は、男性が話す「好みのタイプ」に隠された本音を暴いていきましょう。
男性が話す“好みのタイプ”に隠された本音5つ 彼の性格が分かる!?/photo by GIRLY DROP
男性が話す“好みのタイプ”に隠された本音5つ 彼の性格が分かる!?/photo by GIRLY DROP

優しい子が好みのタイプ=何でも受け入れて欲しい

優しい女性というのは、ワガママや要望に応えてくれて包み込んでくれるというイメージを持つ人が多いです。

そのため、好みのタイプを優しい女性と答えた男性は、ちょっぴりワガママでプライドが高い一面があるかもしれません。

そういう男性が気の強い女性と付き合うと、意見がぶつかり合って喧嘩が絶えないカップルになる可能性があります。

もし優しい女性が好みのタイプだと言う男性がいたら、その男性のワガママや気の強い部分を受け入れられるか考えてみましょう。

明るい子が好みのタイプ=リードして欲しい

明るい子が好みのタイプと答える男性は、自分をリードしてくれる女性と付き合いたいと思っています。

こういう男性は控えめで大人しいタイプであることが多く、自分が盛り上げ下手な分女性に楽しい雰囲気を作って欲しいのです。

中には、本当は自分も明るくなりたいという願望があり、好みのタイプの女性と一緒にいることで変われるかもしれないと考えている男性もいます。

もし気になる彼が大人しいタイプで明るい女性を求めているなら、その人の近くにいるときは笑顔で楽しい雰囲気を作ってみてください。

好きなタイプにはたくさんの本音が(photo-by-luxorphoto/Fotolia)
好きなタイプにはたくさんの本音が(photo-by-luxorphoto/Fotolia)

大人しい子が好みのタイプ=自分色に染めたい

大人しい子が好みのタイプだと答える男性は、少し俺様な部分があり女性を自分色に染めたいという願望を持っています。

征服欲、独占欲がある男性もいるので、付き合うと少し束縛気味になる人もいるかもしれません。

男性に合わせるのが好きな、独占されたい願望がある女性なら大人しい子が好みのタイプと答える人を狙ってみると良いでしょう。

ただ、中には単純に落ち着いた付き合いがしたいからという理由で好みのタイプを大人しい子と言う人もいるので見極めは大切ですね。

面白い子が好みのタイプ=友達のような関係で付き合いたい

好みのタイプが面白い子だと答える男性は、女性とは友達同士のような関係で付き合いたい願望があるのでしょう。

彼女に女性らしさや可愛らしさを求めているのではなく、楽しく気兼ねなく過ごせる関係を求めているのです。

面白いといってもギャグが言えるとかお笑いキャラということではなく、話が盛り上がりそうだったり、価値観が似ていそうだったりする人を望んでいる場合が多いです。

付き合ってからも彼氏とは対等な関係を築きたいなら、面白い子が好みのタイプだと言う男性を見つけてみると良いでしょう。

甘えん坊の子が好みのタイプ=頼られたい、リードしたい

甘えん坊の子が好みのタイプと言う男性は、女性に頼られたいとかリードしたいという本音があります。

男性としてのプライドが高く女性は男性が守るもの、引っ張るものという感覚が強い男性に多く見られる特徴です。

そのため女性のちょっとワガママなお願い事もつい聞いてしまうという一面を持っていることも。

男性にリードされたいと思っているのなら、こういうタイプの男性を探してみると良いパートナーになれるでしょう。

本音を見抜いて男性の心を掴む女性になって(Photo by dariazu)
本音を見抜いて男性の心を掴む女性になって(Photo by dariazu)

男子が好きなタイプの女子5選


いかがでしたか?

好みのタイプにはその裏に隠された男性の願望や、女性に求めることが見え隠れしていますね。

意中の男性がどんなタイプを求めているのか、好みのタイプを聞いてこっそりと調べてみましょう。

もしあなたが男性の好みのタイプとは真逆であっても、求めているものが分かればそれに合ったアピールをすることができますよ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 男性が話す“好みのタイプ”に隠された本音5つ 彼の性格が分かる!?
今読んだ記事

男性が話す“好みのタイプ”に隠された本音5つ 彼の性格が分かる…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事