新しい彼女がいる元彼と復縁するコツ5つ 彼のこと諦めたくない!

【恋愛コラム/モデルプレス】元彼のことが忘れられないけれど、元彼には既に新しい彼女が…そんな時あなたは元彼を諦めることができますか?絶対に諦めず復縁したいと考えるなら、元カノという立場を利用して復縁に向けて元彼にアプローチしてみましょう。今回は、新しい彼女がいる元彼と上手に復縁するコツを5つご紹介します。
新しい彼女がいる元彼と復縁するコツ5つ 彼のこと諦めたくない!(Photo by  javi_indy)
新しい彼女がいる元彼と復縁するコツ5つ 彼のこと諦めたくない!(Photo by  javi_indy)

「良かったね」と言って新しい彼女を受け入れる

まず元彼に新しい彼女がいる事を聞かされたら、慌てず「良かったね」と余裕を見せてその事実を受け止める姿勢を見せましょう。

ここで嫉妬心や対抗心を露わにしてしまうと、元彼に警戒されてしまい復縁のチャンスを逃してしまいかねません。

受け入れれば元彼は安心して新しい彼女について教えてくれるはずですから、元カレの話を聞いて新しい彼女がどんな女性なのかリサーチしてください。

そしてそこで知った新しい彼女のタイプとは真逆を目指して、元彼に新たな魅力をアピールするのです。

そうすれば元彼は新しい彼女よりあなたに興味が湧き、復縁することができるかもしれません。

新しい彼女のことをできるだけ褒める

新しい彼女についての話を元彼から聞いている時は、決して新しい彼女をバカにしたり貶めるような発言をしたりしてはいけません。

それをしてしまうとあなたのイメージが悪くなってしまい、更に元彼は新しい彼女を擁護することで気持ちを強めてしまいます。

だから新しい彼女のことは容姿から性格まで、基本的に何でも褒めて元彼の気持ちを損ねないようにすることが大切です。

褒めると余裕があるように見えるので、それが魅力に繋がって元彼があなたを意識してくれる可能性もありますよ。

まずは元カレにあなたの大切さを印象づける(Photo by Andres Rodriguez/Fotolia)
まずは元カレにあなたの大切さを印象づける(Photo by Andres Rodriguez/Fotolia)

元彼の良き相談相手になって精神的に支える

どんなにラブラブのカップルであっても、不満を抱いたり、嫌な一面が見えてしまうことはありますよね。

元彼が新しい彼女に対して何か思っていることがありそうなら、相談に乗って元彼を精神的に支えてあげましょう。

もちろんその時は新しい彼女を否定するのではなく、元彼の味方でいるというスタンスでいることがポイントです。

毎回支えてくれるあなたが次第に元彼の中で大きな存在になれば、復縁できる日が来るかもしれませんよ。

元彼と付き合っていた頃とは別の一面を見せて意識を向ける

元彼の意識を自分に向けるために試したいことは、付き合っていた頃とは違う一面を見せるという方法です。

服や髪型などの見た目はもちろんですが、行動や男性への態度など元彼には見せなかった部分を積極的にアピールしてみてください。

付き合っていた頃とは違うあなたを見たら、別の女性のように見えてくるため元彼が意識してくれる可能性があります。

新しい彼女がいてもいなくても出来る方法なので、復縁を目標としているなら意識しておくと良いですよ。

いつでも元彼を受け入れられるという態度を示す

元彼にヤキモチを妬かせるために色々な男の人と遊んだり適当に彼氏を作ったり…そんなことをしてしまうと復縁は遠ざかる一方です。

常に元彼を受け入れられるよう元彼以外の男性との接触は見せず、安心感を与えた方が効果的なのです。

会話の中でも「新しい彼女と上手くいかなくなったら頼って」などと伝えておけば、彼もあなたを意識するかもしれません。

元彼を取り戻すチャンスはいくらでもある(Photo by wavebreakmedia)
元彼を取り戻すチャンスはいくらでもある(Photo by wavebreakmedia)

潜在意識を使って復縁を成功させる方法


いかがでしたか?

復縁したいからと焦って新しい彼女を否定すると、彼は彼女を擁護したい気持ちになってしまうので控えましょう。

新しい彼女を蹴落とすことを考えるのではなく、あなたの方が魅力的だと気づかせれば、自然に元彼は戻ってきてくれるはず。

より自分を魅力的に見せるための行動や発言を心掛け、新しい彼女とは違うアプローチで復縁を狙ってみてください。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 新しい彼女がいる元彼と復縁するコツ5つ 彼のこと諦めたくない!
今読んだ記事

新しい彼女がいる元彼と復縁するコツ5つ 彼のこと諦めたくない!

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事