あなたの泣きぼくろの位置から分かる恋愛傾向5つをチェック!

目の下にあるほくろは、涙を流しているように見えることから「泣きぼくろ」と呼ばれています。その泣きぼくろ、実は恋愛運や恋愛傾向を示すもので左右どちらにあるか、また男女によってその意味が変わります。そこで今回は、泣きぼくろの位置からわかる恋愛傾向を男女それぞれの観点でご紹介します。
あなたの泣きぼくろの位置から分かる恋愛傾向5つをチェック!/photo by GIRLY DROP
あなたの泣きぼくろの位置から分かる恋愛傾向5つをチェック!/photo by GIRLY DROP

女性の左目にある泣きぼくろは母性本能が強い

女性の左目にある泣きぼくろは、男性の気持ちを理解できる性格であり母性本能が強いことを示すほくろだと言われています。

男性の気持ちが分かると先回りして男性が喜ぶことをしてあげるなど、気が利く行動が出来る女性であることが多いのだとか。

ただし、それが裏目に出てしまうと男性を甘やかしてしまい、それを求めるダメ男にひっかかりやすいということも…。

左目に泣きぼくろがあり自分をそういう性格だと理解しているのなら、男性を調子に乗らせないよう甘やかしすぎとの境界線を作りましょう。

女性の右目にある泣きぼくろは強い恋愛運

女性の右目にある泣きぼくろは基本的に強い恋愛運を示し、情熱的な恋愛をして更にその恋愛を楽しめるという傾向にあるようです。

恋愛を十分楽しんだ後は幸せな家庭を築くことが出来るというのも、右目の泣きぼくろに示される恋愛傾向なんだとか。

だから右目に泣きぼくろがある女性は幸せだと言われ、恋愛で苦労することもあまりないとされているでしょう。

周囲に右目の泣きぼくろがある女性がいたら、過去や今の恋愛がどんなものだったかを聞いてみると面白いかもしれません。

あなたの泣きぼくろはどのタイプ?(photo-by-Andrey-Kiselev/Fotolia)
あなたの泣きぼくろはどのタイプ?(photo-by-Andrey-Kiselev/Fotolia)

男性の左目にある泣きぼくろは自己主張が強い

男性の場合左目の泣きぼくろは、自己主張が激しく恋愛においてもそれが前面に出てしまうことがあるようです。

自分の主張が通るまで言い続けたり女性の意見を無視したりなど、時には自己中心だと思われてしまうでしょう。

また、恋愛以外の部分でも自己主張する傾向は変わらず、それがすぎてしまい周囲から嫌がられてしまうことも…。

自分の意思を持ちそれを信じるのは悪いことではありませんが、冷静に周囲の意見や反応を見て主張を変えることも大切です。

男性の右目にある泣きぼくろは情の厚さ

右目に泣きぼくろがある男性は情が厚く、周囲から信頼されやすいという特徴を持つ人が少なくありません。

その一方で誘惑に弱いという面を持ち合わせているため、女性から誘惑された時に断れず浮気に走る傾向もあるようです。

また、情に厚いという部分が災いして、周囲の人間から騙されてしまうこともあるため辛い思いをすることもしばしば。

もしも右目に泣きぼくろがありこういうタイプの男性がいたら、近付く人の真意を見極めてあげると良いかもしれません。

両目に泣きぼくろがある場合

中には男女ともに両目に泣きぼくろがある人もいて、こういう場合は両方の性質や恋愛傾向が出ると言われています。

女性の場合は恋愛運がある上に男性の気持ちを理解できるので、引く手数多のモテモテな生活を送れるでしょう。

男性の場合は自己主張が強い上に誘惑に弱いので、自分を認めてくれる女性がいると浮気しやすい傾向にあるようです。

ただし、泣きぼくろは色が濃い方の性質が強く出るため、両方の性質があってもどちらかが強くなることもあります。

恋愛傾向が分かれば恋が楽しくなるかも(photo-by-hitdelight/Fotolia)
恋愛傾向が分かれば恋が楽しくなるかも(photo-by-hitdelight/Fotolia)

恋愛で失敗しがちな女性がとる行動診断


いかがでしたか?

もちろん泣きぼくろの位置だけで恋愛傾向全てが分かるわけではありませんが、自分の恋愛を思い返してみると思い当たる節がある人も少なくないはず。

恋愛傾向が分かっていれば良い恋愛になるための対策も出来るので、幸せになるためにはこのような視点から見てみても良いのかも。

好きな人や恋人に泣きぼくろがあるなら、その人の性質を理解できる可能性があるので恋愛をスムーズに進めるための手がかりになるでしょう。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - あなたの泣きぼくろの位置から分かる恋愛傾向5つをチェック!
今読んだ記事

あなたの泣きぼくろの位置から分かる恋愛傾向5つをチェック!

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事