むしろドン引き…男性が全くグッとこない彼女の甘え方5つ

彼に甘えてもっとラブラブなカップルでいたい、そんな気持ちの女性は多いはずですよね。でも、その「甘え方」によっては、逆効果になってしまうことも!甘え方を間違えて嫌われたらショックですよね。どう甘えたらいいの?これは鬱陶しくないかな?今回は、男性が全くグッと来ない彼女の甘え方5つを紹介致します。
むしろドン引き…男性が全くグッとこない彼女の甘え方5つ(photo by Dmitry Tsvetkov/Fotolia)
むしろドン引き…男性が全くグッとこない彼女の甘え方5つ(photo by Dmitry Tsvetkov/Fotolia)

人前でキスをせがむ

「大勢の人が通る場所でキスをせがまれるのは本当に困る…。なんか見せつけているみたいで恥ずかしい」(30歳/飲食関係)

人前でのキスは特に意見が別れるもの。嫌な人は本当に嫌だと感じてしまいますよね。

男性の方から人前でイチャイチャしてくるなら別ですが、そうでないのなら自分からキスをせがまない方が無難です。

どうしてもしたいのなら事前に「キスしてもいい?」などと耳元で一言囁いてからにしましょう。

人前で抱きつく

「女の子は、男性の胸に顔を埋めればいいけれど、顔の隠れない男は周りの視線がつらいだけ」(22歳/ITエンジニア)

こちらもキスと同様、苦手な男性は多いようです。

悲しくてやりきれない、どうしても今抱きつきたい、など余程の理由がない限り、人前で抱きつくのはやめましょう。

特にデート中など男性は知り合いに見られないか、周囲の視線が気になってしまいます。

甘え方にもTPOの気配りを(photo by dloboda/Fotolia)
甘え方にもTPOの気配りを(photo by dloboda/Fotolia)

ぶりっ子

「舌足らずとか、声のトーンをあげるとか、わざとらしくて気持ち悪い」(35歳/建築)

ぶりっ子な女の子が好きという男性は少なくないようですが、あからさまな態度や、どこかぎこちなく感じてしまうぶりっ子は減点対象になるようです。

男性が女性に求めるのはあくまでも自然な可愛らしさです。自分を客観的に見つめた上で、無理のない仕草で接しましょう。

ものをねだる

「何十万もするブランドのバックをねだられた。正直自分がどう思われているか不安になった」(28歳/会社役員)

気軽に買えるような小物ならまだしも、いくらお金を持っているからとはいえ、高額な品物をねだるのは男性にとって大きな負担です。

特に付き合いが浅いうちは、「お金目当て!?」と思われる可能性が高いのでやめた方がいいでしょう。

別れた時など、後々面倒くさいことになってしまうこともありますよ。

お酒に弱いふりをする

「お酒を飲むとあからさまに甘えてきて引いた」(20歳/大学生)

お酒に強い女の子より、弱い女の子のほうが、男性にひかえめな印象を与え、女子らしさを感じさます。

ですが、酔っていないのに酔っているふりをしたり、不自然に甘えたりするのは男性にとっては逆効果です。

可愛さをアピールしたいのなら、自分の気持ちに素直に、自然な振る舞いを心掛けましょう。

お酒の力もほどほどに(Photo by adam121)
お酒の力もほどほどに(Photo by adam121)
いかがでしたか?

彼女の甘える姿にキュンとする、なんて声を男性から聞くこともありますが、何事も適量が大切です。

駆け引きよりもまずは自分から「彼に」素直に!計算なしのストレートな態度で好意を示しましょう。

純粋な女の子の方がモテるはずですよ!(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - むしろドン引き…男性が全くグッとこない彼女の甘え方5つ
今読んだ記事

むしろドン引き…男性が全くグッとこない彼女の甘え方5つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事